エコでフェアでピースな世界をヒロシマから国政へ!成長戦略から成熟戦略。誰もが置きざりにされない社会を。核兵器も原発もない世界を。役人からヘルパーへ。庶民増税より格差是正。ヒロシマの心活かす市民発・政界再編。


by hiroseto2004

相模原大虐殺1周年

相模原大虐殺1周年

相模原大虐殺から1周年。
犠牲になられた皆様に心からお悔やみ申し上げますとともに、負傷された皆様に心からお見舞い申し上げます。

植松聖被告人の凶行は、ロシアのプーチン大統領ら世界の首脳も驚かせたテロでした。

植松被告人は、国家に褒められようとしてこの事件を起こした。

植松被告人の思想は「カイシャ(国)に役立たない奴は死ね」という思想であり、まさに石原慎太郎さん、麻生太郎さん、片山さつきさんら大量得票している政治家や、曽野綾子さん、長谷川豊さんら、論壇やTVでウケている文化人と寸分違わない思想であり、現代日本の主流の思想であると断言できます。

そうした「体制側」に立って、弱者に襲いかかったのです。
体制側によるテロを「白色テロ」といいますが、植松は「白色テロ」を自ら買って出たのです。

繰り返す現代日本の国歌は、
「役立たず、ぶっ殺せ、植松はエライ人、そんなの常識、たったたらりら」
であると断言できる。

その現代日本の主流の思想を変えないかぎり、植松はまた出てくるであろう。

※政府は相模原大虐殺を理由に、精神保健福祉法改悪案を提出しています。
しかし、検察が植松を「責任能力あり」と判断し、起訴している以上、法改悪の根拠はなくなっています。
このため、政府も強行できず、継続審議となっています。
植松を生んだ現代日本の主流の思想から目をさらさせる狙いではないでしょうか?
また、法改悪が成立してしまえば、たとえば政府に批判的な者を、自民党員・公明党員の医師が
「統合失調症」などと勝手に診断し「措置入院」させて抹殺するという危険も出てくるでしょう。
断固として精神保健福祉法改悪は廃案にすべきです。

トラックバックURL : http://hiroseto.exblog.jp/tb/25939049
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by hiroseto2004 | 2017-07-26 10:22 | 相模原大虐殺 | Trackback