エコでフェアでピースな世界をヒロシマから国政へ!成長戦略から成熟戦略。誰もが置きざりにされない社会を。核兵器も原発もない世界を。役人からヘルパーへ。庶民増税より格差是正。ヒロシマの心活かす市民発・政界再編。


by hiroseto2004

パリ・ロス五輪「無投票当選」の衝撃 「ジョーカー」を引いた日本・東京

パリ五輪2024とロス五輪2028は「無投票当選」でした。
もう、五輪なんて割に合わない。
そう、世界の国も都市も見切ったのではないか?
これからは、「五輪をやってもらう都市」探しで大変ではないのか?
はっきりいってしまうと東京五輪2020は、「ジョーカー」を日本・東京が引いてしまったのではないか?
そういう思いでいっぱいです。
そういえばリオ五輪の主催国ブラジルでは政権が倒れた。
偶然ではないでしょう。五輪なんて割に合わない。
そんなものを東京は自分から立候補した。
そして、無理な五輪のしわ寄せは現場に。
若き現場監督の過労死となったわけです。
無理な五輪は、冗談抜きで殺人的です。
そもそも東京の真夏は下手な東南アジアより過酷です。
このままでは2020は、ますます「殺人五輪」になる。

五輪と経済の関係に詳しい米スミス大のスポーツ経済学者、アンドルー・ジンバリスト氏が26日、日本外国特派員協会で記者会見し、2020年東京五輪について「成功する要素が見当たらない」と指摘した。24年夏季五輪のボストン招致に反対する市民団体のアドバイザーを務めるなど大規模スポーツイベントが開催都市にもたらす経済効果を疑問視する論者として知られる。

 同氏は英オックスフォード大の研究を引用し、1960年以降の全ての五輪が予算をオーバーしており、特に76年以降の夏季五輪では平均252%の大幅な費用超過だったことを提示した。



トラックバックURL : http://hiroseto.exblog.jp/tb/25940264
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by hiroseto2004 | 2017-07-27 10:30 | 東京都政 | Trackback