エコでフェアでピースな世界をヒロシマから国政へ!成長戦略から成熟戦略。誰もが置きざりにされない社会を。核兵器も原発もない世界を。役人からヘルパーへ。庶民増税より格差是正。ヒロシマの心活かす市民発・政界再編。


by hiroseto2004

文民統制どころか文民暴走。安倍晋三。

陸幕長と防衛次官が、特別観察の結果が出次第、辞任です。事実上、更迭です。


安倍総理は、1月18日に大臣を飛ばして防衛次官に会っています。

よほどヤバイ内容の話があったに違いない。そのヤバイ話とはもちろん、日報がらみでしょう。

総理の日報隠しへの関与も濃厚です。


もちろん、陸幕長や次官の処分は当然だが、安倍総理や稲田防衛大臣がおとがめなしとは?!

「あなたが上司の指示か承認で情報をかくし、後でばれてあなただけ首になり上司はおとがめなし」

だったらどう思いますか?

アホらしくなってきませんか?

安倍・稲田続投は自衛隊員の不満を高め、引いては暴発に繋がりかねません。


関係者の証人喚問、そして安倍内閣の総辞職を!



南スーダン国連平和維持活動(PKO)派遣部隊の日報を陸上自衛隊が廃棄したと説明しながら保管していた問題で、防衛省は特別防衛監察の結果を28日に公表する方向で調整に入った。政府関係者が26日、明らかにした。結果公表と同時に関係者の処分も発表。陸自トップの岡部俊哉陸上幕僚長は引責辞任する見通しだ。
 日報が保管されていた事実を公表しなかったことについて、稲田朋美防衛相が関与したかが焦点だ。稲田氏は国会答弁などで「日報を非公表にすると了承したことはない」と自らの関与を否定。一方、陸自側は防衛監察本部に対し、稲田氏に日報のデータが保管されていたことを報告したと説明している。
 稲田氏は3月16日、防衛監察本部に特別防衛監察を実施するよう指示。稲田氏は制度上、監察の対象ではないが、関与の疑いが浮上したことから聴取に応じた。



 日本共産党の笠井亮政策委員長・衆院議員は24日夜、FMラジオ番組「ジャム・ザ・ワールド」に電話出演し、南スーダン国連平和維持活動(PKO)の陸上自衛隊「日報」隠ぺい問題の真相を究明するため関係者の証人喚問を行うべきだと語りました。

 笠井氏は、同日の衆院予算委の閉会中審査で、「日報」隠ぺいに関わった稲田朋美防衛相をかばい続ける安倍首相の責任をただし、首相自身も隠ぺいに関与した疑いがあると追及したことを紹介。

 首相が関与を否定し、陸自の「日報」データ保管に関して報告も受けておらず、特別防衛監察の「結果を待ちたい」などと答弁したことについて「納得できるものではない」と指摘しました。

 ナビゲーターの津田大介氏も、首相は「(質問に)直接答えていなかった」と応じ、答弁が二転三転する稲田防衛相については「辞任待ったなしだ」と述べました。

 また、学校法人「加計学園」(岡山市)の獣医学部新設について問われ、笠井氏は首相の元側近が「記憶にない」と繰り返したことにふれ「国民が求める真相解明に政権が背をむけている」と批判。「疑惑は一層深まった」として「日報」問題と合わせ、関係者の証人喚問を行い「国会の責任で真相究明することが必要」だと強調しました。


トラックバックURL : http://hiroseto.exblog.jp/tb/25941426
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by hiroseto2004 | 2017-07-27 13:23 | 安倍ジャパン | Trackback