エコでフェアでピースな世界をヒロシマから国政へ!成長戦略から成熟戦略。誰もが置きざりにされない社会を。核兵器も原発もない世界を。役人からヘルパーへ。庶民増税より格差是正。ヒロシマの心活かす市民発・政界再編。


by hiroseto2004

【歴史】安倍自民党=立憲政友会・田中義一(森恪)、小池ファースト=立憲民政党・浜口雄幸(永井柳太郎)

【歴史】安倍自民党=立憲政友会・田中義一(森恪)、小池ファースト=立憲民政党・浜口雄幸(永井柳太郎)

関連記事

「文民統制」どころか「文民暴走」、安倍晋三。(街頭演説)

文民統制どころか文民暴走。安倍晋三。

今の国の状態は東條英機末期に似ている。東京五輪なんて、まさに特攻隊状態。しかし、政権の状態は、立憲政友会の田中義一内閣(1927ー29)の末期に酷似しているような気もする。そして、小池ファーストが戦前の二大政党のもう一方の立憲民政党に酷似している。

立憲政友会は、旧来型企業+田舎のお金持ちを基盤としていた。アベノミクスと田中義一の積極財政は似てなくもない。総裁が山口県出身という点も安倍自民党と似ている。

森恪という田中総理腹心の政党政治家は慶応幼稚舎を落第して、慶大に進学できなかった、一橋大学にも不合格になって親のコネで三井物産に就職した経過は、安倍晋三によく似ている。

その森は、「東洋のセシル・ローズ」を自称。

田中内閣の外務政務次官として、中国侵略政策を進め、軍人出身の田中総理以上に過激な帝国主義を進めた。

その結果、済南事件や、満州某重大事件が発生。その責任を、現地司令官に転嫁した点は、安倍総理が防衛次官、陸幕長にばかり責任を押しつけている点にそっくりである。

田中義一総理が天皇の怒りを買っているという点も安倍総理に似ている。


他方、立憲民政党は都会のインテリと新興企業を基盤としていた。小池ファーストにそっくりである。

浜口雄幸に代表される新自由主義的な経済政策と、大都市向けの一定の社会政策、そして永井柳太郎的な親軍的な側面のサンドイッチ。

野田数代表みたいな極右を抱え込んでいるという意味でも小池ファーストは立憲民政党に酷似している。

現代の日本では、野党連合が、そうはいっても政権を伺う位置に居るのが戦前とは違う。
自民、野党、小池の三国志状態である。

野党連合が気をつけるべきは、戦前の社会大衆党のように、苦し紛れに陸軍と組むような愚挙をしないことであろう。

敵を怖がる余り、浮き足立たないことである。立憲主義、庶民福祉の充実という軸をしっかり持って、腰を据えることだ。


トラックバックURL : http://hiroseto.exblog.jp/tb/25941813
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by hiroseto2004 | 2017-07-27 17:22 | 歴史 | Trackback