エコでフェアでピースな世界をヒロシマから国政へ!成長戦略から成熟戦略。誰もが置きざりにされない社会を。核兵器も原発もない世界を。役人からヘルパーへ。庶民増税より格差是正。ヒロシマの心活かす市民発・政界再編。


by hiroseto2004

横浜市長選 民進山尾さん、「このタイミングで大々的に自民系・林候補応援」は不味いっしょ。

与野党相乗りは「政界では常識」であるのも事実です。
また、国と地方は別、というのもある。地方は友人関係、というのもある。
俺も、実を言えば、だいぶ前の話だが、市町村議レベルなら、市民運動で友人の自民党員の候補の応援に入ったことがないわけではない。
しかし、「今、このタイミング」で「大々的に」「山尾さんが前面に出る」ことは、「民進党ダメだ」
という世論を起こしてしまう、と言うことをなぜ分からない。そこは政治センスですよ。

なお、山尾さんは、横浜市長選挙で女性現職を女性同士で応援したいと言う気持ちもあるのかもしれない。

お二人とも男女共同参画関係のイベントで会う機会も多く仲間意識もあるのではないか?

なお、党派を超えて女性政治家が応援し合うのは珍しいことではありません。
まだまだ、男性社会の政治を変えるには「そういう面」も必要だとわたしは認めています。各党に女性議員が一定比率以上いた方が良いと思う。

特に、大規模自治体の女性首長は確かに貴重ですよ。

だけど、中身(政策)が問われるべきは、稲田防衛大臣で明らかでしょう。

選挙では、市民、国民のために、心を鬼にする対応も時に必要。

個人的な激励の電話なりメールにとどめて演説に行かない、とかそういう逃げ方もあったと思います。今回はタイミングは悪かった。

新潟県知事選挙のように、「党幹部は最初は黙っておく」(終盤、勝ち馬に乗って米山さんの応援に)という手もあるわけです。

もちろん、民進でも地元の江田憲司さんらは「カジノより給食」の若き元市議・伊東大貴さんを市民や共産党と一緒に支援しています。

繰り返します。横浜市長選 民進山尾さん、「このタイミングで大々的に自民系・林候補応援」は不味いっしょ。



トラックバックURL : http://hiroseto.exblog.jp/tb/25943014
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by hiroseto2004 | 2017-07-28 08:28 | 選挙 | Trackback