エコでフェアでピースな世界をヒロシマから国政へ!成長戦略から成熟戦略。誰もが置きざりにされない社会を。核兵器も原発もない世界を。役人からヘルパーへ。庶民増税より格差是正。ヒロシマの心活かす市民発・政界再編。


by hiroseto2004

今井議員より中川議員の方が刑法犯(重婚罪)の嫌疑あり、問題は大きい

中川俊直議員の場合、不倫と言うよりは「重婚罪」という刑法犯の疑いも濃厚です。
従って、今井絵里子議員以上に中川議員の方が問題です。

<中川俊直氏>議員辞職せず、次期衆院選に意欲 女性問題で

2017年7月29日 12時55分 (2017年7月29日 18時45分 更新)

中川俊直衆院議員

 女性問題で4月に経済産業政務官を辞任し、自民党を離党した中川俊直衆院議員(47)=広島4区=が29日、地元の東広島市で問題発覚後初めて記者会見した。中川氏は「ご迷惑をお掛けし、心よりおわびする」と謝罪。その上で「後援会から再起に向けて頑張れと言っていただいた。郷土の思いを国政に届け、身を粉にして働く」と述べ、議員辞職はせず、次期衆院選にも出馬したい意向を示した。

 後援会の会合で支援者らに問題について説明した後、記者会見に臨んだ中川氏は「(女性問題は)人としての認識が欠如していた。一時は議員辞職という考えに揺れた時期もあった」などと語った。約3カ月間、説明しなかったことについては「心身を著しく壊し、公の場に出てくることがかなわなかった」と釈明した。【竹内麻子、東久保逸夫】

トラックバックURL : http://hiroseto.exblog.jp/tb/25947332
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by hiroseto2004 | 2017-07-30 10:43 | 事故・災害・事件 | Trackback