エコでフェアでピースな世界をヒロシマから国政へ!成長戦略から成熟戦略。誰もが置きざりにされない社会を。核兵器も原発もない世界を。役人からヘルパーへ。庶民増税より格差是正。ヒロシマの心活かす市民発・政界再編。


by hiroseto2004

日本に移民が来ない理由=長時間労働、低賃金、仕事の内容が不明確

日本に移民が来ない理由=長時間労働、低賃金、仕事の内容が不明確

移民受け入れ云々を言う前に前提が問題である。
「日本は魅力的な働き場所なのか?」
ということです。

むしろ、最近、ぱたっと外国人労働者が来なくなったような地域というのがあります。

その原因は、日本が他の欧米先進国に比べれば、「働きにくい」ということです。

「長時間労働、低賃金、仕事の内容が不明確」という所にあるのではないか?

日本人は我慢してしまうが、外国人は我慢しない。というか、我慢するくらいなら他の国へ行く。そういうことでしょう。さらに、無理に受け入れても、失望して反日になって帰っていくことにもなりかねない。

外国人にとっての「働きにくさ」は改善しないと、日本人にとっても働きにくい。
少子高齢化がさらに加速するのも当たり前です。

トラックバックURL : http://hiroseto.exblog.jp/tb/25949819
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by hiroseto2004 | 2017-07-31 13:14 | ジェンダー・人権(労働問題) | Trackback