エコでフェアでピースな世界をヒロシマから国政へ!成長戦略から成熟戦略。誰もが置きざりにされない社会を。核兵器も原発もない世界を。役人からヘルパーへ。庶民増税より格差是正。ヒロシマの心活かす市民発・政界再編。


by hiroseto2004

日本は、戦争当事者ではなく、仲介者に 朝鮮情勢

朝鮮戦争は法的には終わっていない。

そのために、朝鮮から見ると、アメリカ(正式には国連軍)が、朝鮮にとっての最大の脅威である。

そこで、朝鮮はアメリカと交渉し、戦争状態を終結させる平和条約を結びたい。
そのために、核・ミサイルを交渉材料としている。

というのが、実際の所でしょう。

朝鮮にとっては相手はアメリカのみ。

日本を攻撃するとしても、朝鮮を攻撃するアメリカ軍基地を狙ってのものです。

アメリカ軍が先に攻撃をしなければ、朝鮮がわざわざ攻撃することはない。
他方、トランプは、取り巻きと打ち合わせせずに、過激な発言を繰り返している。
ここに、リスクがあります。

日本の安倍政府は、わざわざ、「俺も巻き込まれたい」としゃしゃり出ているようにしか思えない。

敢えて皮肉を言えば、「アメリカと朝鮮やりあっていて、自分もかやの外ではつまらない」
というスタンスではないかと疑われます。

純軍事的に見れば、グアムのアメリカ軍から見れば、「自衛隊ごとき」にミサイルを迎撃してもらわなくても結構なのですよ。
上昇軌道に乗っているミサイルを打ち落とすのは難しい。他方、グアムに向かって落ちてくる前のミサイルを迎撃できる確率は
自衛隊が日本上空で迎撃できる確率よりはるかに高い。

自衛隊もそれはわかっていて、単純に、万が一のグアムへの発射の際、朝鮮のミサイル技術が未熟で、失敗して、途中で落下することのみを想定しているだけです。

日本が出来ることは、あとは、「朝鮮は核を放棄し、アメリカは、朝鮮に核攻撃をしない保障をする」交渉のテーブルに着くよう
求めることのみでしょう。

具体的には「そうすれば、トランプさんも名声を残せますよ」と勧めることくらいでしょう。

トラックバックURL : http://hiroseto.exblog.jp/tb/25978378
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by hiroseto2004 | 2017-08-13 15:36 | 国際情勢 | Trackback