エコでフェアでピースな世界をヒロシマから国政へ!成長戦略から成熟戦略。誰もが置きざりにされない社会を。核兵器も原発もない世界を。役人からヘルパーへ。庶民増税より格差是正。ヒロシマの心活かす市民発・政界再編。


by hiroseto2004

若者は「維新がリベラル」という調査結果・・・「既成政党・既存組織に天誅!」を持ち上げているだけ

75年の時を経て復活した「西田幾多郎」としての「三浦瑠麗」・・「近代の超克」から「ポストモダン」へ

若者は「維新がリベラル」という調査結果は驚かない・・・「既成政党・既存組織に天誅!」を持ち上げているだけ

大手新聞の調査で、若者が維新を「リベラル」と考えていることが波紋を呼んでいます。

俺は、これについては全く驚きません。

そもそも、戦前も似たようなことはあった。「腐りきった既成政党」に「天誅!」を加える青年将校のような人たちが「革新」と思われていた時代があったわけです。東北の農民の困窮に怒りを覚え、「天誅!」というわけです。

大阪維新って、特に団塊ジュニア以下では、「公務員・年寄りの味方ばかりする既成政党に天誅!」というノリで支持している人が多いわけですよ。

東北の農民の困窮に怒りを覚え「高橋是清ら既成政党政治家や斉藤実、牧野伸顕ら腐ったジジイに天誅!」の青年将校。

若者の困窮に怒りを覚え「腐りきった既成政党・連合・自治労や年配者に天誅!」の大阪維新。

うり二つであり、そういう人たちが一定の支持を集めたことは理解しないといけないと思います。

年配左翼の方には理解しがたいかもしれないが、雨宮処凛さんや河添誠さんらを持ち上げつつ、大阪維新、みんなの党支持とか、「共産党と維新で迷っている」とか、「田母神閣下と宇都宮先生で迷っている」とか、そういう団塊ジュニア~ポスト団塊ジュニアくらいの人は大量にいます。年配左翼の方はそういう人と世代的に接することがないからぴんとこないだけです。

年配左翼の方は、「大阪維新を持ち上げる若者」を頭から切捨てる傾向が強いが、俺は、それは、もったいないと思っています。

俺は「既成政党・連合・自治労に天誅!」の人たちの心情は「是」とはしませんが「了」とする、というスタンスです。

親など年配者の言うとおりにしてきたが、就職氷河期にぶつかり、
「全然親の言うとおりじゃなかったじゃないか?」
という怒りはあると思う。

他方で、「天誅!」の人たちにも気づいて欲しいことがある。

高齢者が全般にお金持ちが多かったのは、おそらく1990年代とかあのあたりのイメージです。最近の高齢者は、以前ほどの余裕はなくなってきます。アルバイトを掛け持ちしないと暮らしが成り立たないとかそういう人も多いですよ。「高齢者=金持ち」イメージも実は古いわけです。

子育て支援と高齢者施策を対立的に捉える傾向も団塊ジュニアくらいには根強いが、実際には介護と育児両方に直面する「ダブルケア」の問題もある。高齢者施策が子どもへの援護射撃になっている面もある。

年配者が若者の貧困に無知なことに怒るのは当然だが、自分たち自身も「知識の老朽化」が起きていないかどうか点検した方が良いと思う。自分たちのこれまでの主張に都合が悪い事実が出てきたときに「あーあー聞こえない」では、年配者を批判する資格はないと思う。

結論として、年配左翼は「維新を持ち上げる若者」を端から否定したりしないこと。団塊ジュニア以下の「既成政党に天誅!」に走りがちな人たち(俺自身もそういう傾向はある)も、「年寄り=金持ち」とかそういう古くなった「常識」を疑うことが必要だと思いますよ。
トラックバックURL : http://hiroseto.exblog.jp/tb/25978718
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by hiroseto2004 | 2017-08-13 18:10 | 思想・哲学 | Trackback