エコでフェアでピースな世界をヒロシマから国政へ!成長戦略から成熟戦略。誰もが置きざりにされない社会を。核兵器も原発もない世界を。役人からヘルパーへ。庶民増税より格差是正。ヒロシマの心活かす市民発・政界再編。


by hiroseto2004

茨城県知事選、現職、自公、市民連合の三つどもえ・・・自民は「実弾」配る追い込まれぶり


27日執行の茨城県知事選挙。茨城県市民連合は、「鶴田まこみ」さんを推しています。
「自然エネルギーを中心とした、環境保全革命を起こさなければなりません。世界を見渡せば、欧米、アジアの各所で拡がりが生まれつつあります。日本も、茨城からそれを推進しましょう!」
「若者の非正規雇用率は4割をこえる。絶対に改善して、安心の暮らしを約束したい。そして、農家への戸別所得補償制度復活。欧米では、天候によって毎年作物の質や量が変わる農業への支援は至極当然」
2009年以降は「非自民」色を強め、原発再稼働にも反対姿勢、農政連や連合が推薦する現職の橋本昌知事。
そして、自民党が現職に送り込んだ大井川候補。
そして、市民連合が推す鶴田まこみさんの三つどもえです。

こうした中、自民党は現職打倒へ「実弾」を配りだしました。
昔からの手口とは言え、かなり追い込まれている様子はわかります。







トラックバックURL : http://hiroseto.exblog.jp/tb/25980003
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by hiroseto2004 | 2017-08-14 10:28 | 暮らしに憲法を生かす政権交代 | Trackback