エコでフェアでピースな世界をヒロシマから国政へ!成長戦略から成熟戦略。誰もが置きざりにされない社会を。核兵器も原発もない世界を。役人からヘルパーへ。庶民増税より格差是正。ヒロシマの心活かす市民発・政界再編。


by hiroseto2004

イラン大統領、「アメリカが追加制裁を行使すれば、イランは核合意を離脱する可能性がある」

トランプになってからのアメリカのイラン敵視は異常です。
そもそも、イランへの制裁なんぞ、もはや意味が無いことを悟ったからオバマ政権も核合意に達したのですよね?
そうしたことも踏まえないトランプとは・・。


  • ローハーニー大統領

イランのローハーニー大統領が、「アメリカがイランに対する制裁の行使を続ければ、イランは一時的に核合意を離脱する可能性がある」と強調しました。

ローハーニー大統領は、15日火曜、指名閣僚の信任について審議する国会の会合で、「アメリカの政治家は、制裁や圧力という失敗の経験が、過去の政権を協議の席につかせたことを知るべきだ。彼らがその経験に戻ろうとするのなら、イランは間違いなく、一時的に、協議が始まる前よりもはるかに発展した状況に戻ることになる」と述べました。

また、アメリカ政府の約束不履行や口実探しは、イランが取り決めを遵守し、権利を回復していること、アメリカの拡張主義政策が失敗していることからくるものだとし、「世界の人々は、この数ヶ月、アメリカが国際的な合意を無視していること、核合意の約束違反を繰り返しているだけでなく、気候変動に関するパリ協定やキューバとの合意、自由貿易協定なども踏みにじっていることを目にしてきた」と述べました。

ローハーニー大統領は、西アジアの情勢変化に触れ、「イランはタクフィール主義グループの暴力、大国への依存による安全の確立に向けた努力を、地域の安全保障上の最大の問題だと考えており、強い決意と誠意により、地域の平和と安定を追求している」と語りました。

また、「地域の問題は地域によってのみ、解決される。イランは安定した国として、近隣諸国に友好の手を差し伸べ、平和と平穏の確立を求めている」と強調しました。

さらに、指名閣僚を紹介し、「彼らは皆、抵抗経済政策、発展、国民への奉仕、イスラム体制の理念の実現、国益の確保に向け、全力を尽くすだろう」と述べました。


トラックバックURL : http://hiroseto.exblog.jp/tb/25983473
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by hiroseto2004 | 2017-08-16 00:26 | 国際情勢 | Trackback