エコでフェアでピースな世界をヒロシマから国政へ!成長戦略から成熟戦略。誰もが置きざりにされない社会を。核兵器も原発もない世界を。役人からヘルパーへ。庶民増税より格差是正。ヒロシマの心活かす市民発・政界再編。


by hiroseto2004

井手先生は「現実的」なのか?

【歴史/財政】「緊縮財政リベラル」浜口雄幸への反動としてのファシズム

井手先生は「現実的」なのか?


井手先生は「現実的」だから「消費税増税」を言っているという面はあると思う。

しかし、それは逆だと思う。「消費増税」というイメージで捉えられた時点で、自民党に勝てなくなる。その時点で実現性がなくなるでしょう。

そんなことは、菅直人内閣で実証済みでしょう。

そもそも、財政黒字化を前提としている時点で、井手プランはその点が決定的な弱点です。

社会保障を先行実施して、一定程度「連帯経済」を経験をしてもらってから、増税でも遅くはないでしょう。

それも、まずは、不公正税制の是正からでしょう。安倍政権がここまで支持された理由のひとつは「消費税10%増税」先送りにあったのは明らかだと思いますよ。

民主党(および、自民党内リベラルの谷垣総裁)は逆に悪者になってしまった。安倍は正義のヒーローになってしまった。

そのことへの自覚が民主党も支持者も足りないと思うし、その状況が続けば残念ながら、自民党には勝てない。永遠に安倍および安倍的な指導者が続くことになりかねない。安倍は終わったとしてもたとえば小池百合子「日本ファースト」あたりが、「増税先送り」を掲げたら、野党連合はお手上げであろう。

世界的に見ても、中途半端なものよりも、「反格差反緊縮」のサンダースやメランション、ポデモスなどがウケていることを直視すべきだろう。井手プランは北欧的だが、人口規模も違う。人口規模が似ており、そうはいっても相対的には「保守的」な先進国でウケるのはサンダースであり、メランションであり、ポデモスであろう。

くどいようだが、日本は昔のアルゼンチンとは違う


反安倍の多くの人も、財政再建至上主義に陥っている。おそらく昔のアルゼンチン(とかメキシコとか)と日本をダブらせているのではないか?

昔のアルゼンチンの財政破綻は、
1,政府債務は外貨(ドル)建て
2,おそらく対外資産はほとんどなかった
という条件下で起きた。
アルゼンチンペソ安は、政府破綻に直結した。

現代日本は、
1,政府債務は円建て
2,政府が外国証券を大量に保有している
と言う状況がある。
日本政府の信用が落ちて円安になった場合、外国証券の円ベースでの価値は暴騰し、政府のバランスシートは大幅に改善してしまう。よって、アルゼンチン型の財政破綻は起こりえないわけである。

安倍晋三は、実はわたしが今申し上げたことを理解している数少ない政治家だと思う。
さらには、それが故に、消極的に支持されてしまっていると思う。
変な話だが、安倍が海外にばらまけばばらまくほど「財政危機」を過剰に煽ることは嘘くさいと有権者は気づいてしまうのだ。
安倍晋三は全く支持していないし、「打倒対象」だという考えには変わりない。
だが、こういうときだからこそ、批判の仕方を誤ってはいけない。

安倍晋三の誤りは「カネの使い方」の誤り、さらにいえば「人的資源の配分」(給料を払う対象)の誤りである。
軍事や原発再稼働やリニア、五輪方向に人的資源を使っている場合なのか?
原発の廃炉、エネルギーシフト、老朽インフラの更新、災害復旧、さらには、介護や保育などに振り向けるべき時に、余計なところで人手を取られるのはいかがなものか?


さらにいえば、カネの集め方にも安倍晋三・自民党は問題はある。ただし、これは安倍一人の責任ではなく、1980年代以降、具体的には竹下蔵相以降、金持ちや大手企業を減税して消費税で穴埋めするという「税制改正」のトレンドがずっとあるわけである。
こうした点を改めることが大事である。



トラックバックURL : http://hiroseto.exblog.jp/tb/25983907
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by hiroseto2004 | 2017-08-16 09:23 | 暮らしに憲法を生かす政権交代 | Trackback