エコでフェアでピースな世界をヒロシマから国政へ!成長戦略から成熟戦略。誰もが置きざりにされない社会を。核兵器も原発もない世界を。役人からヘルパーへ。庶民増税より格差是正。ヒロシマの心活かす市民発・政界再編。


by hiroseto2004

イラン外相、「テロリズムは、いずれの宗教や人種のシンボルでもない」

「テロはテロでしかなく、いずれの人種や宗教のシンボルでもない」
そのとおりです!
自動車で突入する白人(キリスト教徒)もいるわけですからね。



  • ザリーフ大臣のツイッター

イランのザリーフ外務大臣が、テロに対する西側諸国のダブルスタンダードな対応を批判しました。

アメリカ・バージニア州シャーロッツビルと、スペイン・バルセロナで発生した2つの人種差別的なテロ行為を受け、ザリーフ大臣は18日金曜、ツイッター上において、西側諸国でテロが発生した場合に必ずイスラムを侮辱するという、西側諸国のアプローチを批判し、「テロはテロでしかなく、いずれの人種や宗教のシンボルでもない」と語っています。

先週、アメリカ・シャーロッツビルで白人至上主義者の極右団体とこれに反対する団体の衝突の場に車が突っ込み、これにより1名が死亡、19名が負傷しました。

また、16日木曜にもスペイン・バルセロナでテロ組織ISISのメンバーが運転するワゴン車が暴走して数十名をはね、少なくとも13人が死亡、100名が負傷しています。

アメリカのトランプ大統領は、シャーロッツビルでの白人至上主義者のグループとこれに抗議するグループの衝突について、表面的には双方に責任があるとしました。

しかし、バルセロナでの事件については、トランプ大統領は直ちにツイッター上にて、このテロ攻撃の原因はイスラム的なテロリズムだとしています


トラックバックURL : http://hiroseto.exblog.jp/tb/25991729
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by hiroseto2004 | 2017-08-19 23:19 | 国際情勢 | Trackback