エコでフェアでピースな世界をヒロシマから国政へ!成長戦略から成熟戦略。誰もが置きざりにされない社会を。核兵器も原発もない世界を。役人からヘルパーへ。庶民増税より格差是正。ヒロシマの心活かす市民発・政界再編。


by hiroseto2004

速報 茨城県知事選挙

茨城県知事選挙の速報です。
自民・公明が推薦する新人の大井川候補が、当選確実という結果になってしまいました。
茨城県知事選挙は、言ってみれば、7選をめざす現職に、自民党中央が刺客を送った形です。
保守分裂となった。そうした構図の中で、市民連合が推す鶴田まこみさんが立候補しました。
現職の橋本知事が突然、東海原発再稼働反対を打ち出しました。その結果はどうだったか?
そもそも、
橋本知事へは高齢多選批判という逆風。
大井川候補は自民党・安倍政権への逆風。
他方で、茨城県は伝統的に保守系がガチガチに強いということもある。特に自民党県議団は
長年にわたって県政を牛耳ってきた。しかし、橋本知事が2009年以降、これと距離を置いた、というのも
実情です。
無党派の中でも
自民党批判票(中央にも県議団にも批判的)は、橋本知事へ。
高齢多選批判票は、大井川候補へ。
このように流れたのではないか?
鶴田候補は、そういう意味では割を食った。
ただ、だからといって立候補に意味がなかったかと言えばそれは違う。
原発再稼働反対を急に言い出したからと言って、現職に市民連合まで相乗りした場合はどうなるか?
「そうはいっても、高齢多選、長期政権で評判が芳しくない人」
に相乗りした、として、無党派層からの評判が落ちる危険はある。
それこそ、大阪ダブル選挙や名古屋市長選挙の二の舞のような危険はあるでしょう。
橋本+鶴田で50%を超えているからと言って、一本化すれば勝てると言えばそれは違うと思います。
鶴田候補の「清新さ」を好む層の一部が、大井川候補に流れる危険があるからです。
  • 大井川 和彦

    おおいがわ かずひこ

    無 新 53歳

    推薦自民・公明

    元IT企業役員

    497,361

    得票率47.5%

  • 橋本 昌

    はしもと まさる

    無 現 71歳

    当選:6回

    元自治省消防庁消防課長

    427,743

    得票率40.8%

  • 鶴田 真子美

    つるた まこみ

    無 新 52歳

    推薦共産

    NPO法人理事長




茨城県知事選 大井川氏と橋本氏が競り合う

茨城県知事選挙は27日に投票が行われ、開票が始まっています。NHKが投票を済ませた有権者を対象に行った出口調査によりますと、自民党と公明党が推薦する新人の大井川和彦氏と全国最多の7期目を目指す現職の橋本昌氏の2人が競り合っています。

今回の選挙は、橋本氏が現職としては全国最多の7期目を目指したほか、10月に衆議院の3つの補欠選挙を控える中、今月3日の内閣改造後、初めて行われた大型地方選挙としても結果が注目されています。

NHKは、投票日の27日、40の投票所で投票を済ませた有権者4292人を対象に出口調査を行い、このうち78.4%に当たる3363人から回答を得ました。一方、26日までに有権者のおよそ14%が期日前投票を済ませていて、これらの有権者は調査の対象になっていません。

それによりますと、大井川氏と橋本氏の2人が競り合っています。

調査対象となった人の支持政党を見ますと、自民党が43%、民進党が7%、公明党が3%、共産党が3%などとなっています。また、特に支持する政党がないいわゆる無党派層は39%でした。

大井川氏は、自民党の支持層の50%台半ば、無党派層の30%台後半から支持を得ています。
これに対し、橋本氏は、自民党の支持層の40%台後半、無党派層の40%台後半から支持を得ています。




トラックバックURL : http://hiroseto.exblog.jp/tb/26008222
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by hiroseto2004 | 2017-08-27 21:06 | 選挙 | Trackback