エコでフェアでピースな世界をヒロシマから国政へ!成長戦略から成熟戦略。誰もが置きざりにされない社会を。核兵器も原発もない世界を。役人からヘルパーへ。庶民増税より格差是正。ヒロシマの心活かす市民発・政界再編。


by hiroseto2004

赤十字国際委員会、「イエメンの住宅地へのサウジの攻撃は恥ずべき行為」

サウジアラビア王室空軍(国王・サルマン被疑者)によるイエメン住宅地攻撃。
赤十字国際委員会も非難しました。


  • イエメンの住宅地へのサウジの攻撃

赤十字国際委員会が、25日金曜に行われたサウジアラビアによるイエメンの住宅地への攻撃を非難しました。

サウジアラビアの戦闘機が、25日、イエメンの首都サヌアを爆撃し、これにより、子供5人を含む18人の民間人が死亡、また20人が負傷しました。

赤十字国際委員会のモラザニ副総裁は26日土曜、サウジアラビア軍の戦闘機によって爆撃された現場を視察する傍ら、このサウジアラビアの新たな犯罪を遺憾だとし、「民間人の殺害は、不名誉で恥ずべきことである」と述べました。

また、「今回の視察で、爆撃された地域には、軍事施設は一切存在しないことが分かった」と語りました。

サウジアラビアは、アメリカや一部のアラブ諸国の協力を得て、2015年3月から、自国寄りイエメンのハーディ前大統領を政権に復権させるために、同国に対し大規模な攻撃を開始していますが、これは、罪のない数千人のイエメン人を殺害したのみとなっています。


トラックバックURL : http://hiroseto.exblog.jp/tb/26009476
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by hiroseto2004 | 2017-08-28 12:25 | 国際情勢 | Trackback