エコでフェアでピースな世界をヒロシマから国政へ!成長戦略から成熟戦略。誰もが置きざりにされない社会を。核兵器も原発もない世界を。役人からヘルパーへ。庶民増税より格差是正。ヒロシマの心活かす市民発・政界再編。


by hiroseto2004

明日、広島初の「市民連合」設立!本社社主「政権交代で核兵器廃絶の先頭に立ち、庶民の暮らし第一の日本を」

e0094315_18283834.jpg
古市橋駅前

e0094315_18292308.jpg
中筋駅前



9月2日(土)、広島県内初の「市民連合」となる「3区市民連合」の設立総会が行われます。
2017年9月2日(土)
14時から16時
広島市安佐南区佐東公民館
(安佐南区緑井6-29-25)
その総会を前に、本社社主・さとうしゅういちは、広島3区(安佐南区、安佐北区、安芸高田市、山県郡)の広島市安佐南区内各地で街頭演説を実施し、市民連合への参加、政権交代への協力を呼びかけました。
「安倍総理のように、お友達の大学理事長(の獣医学部開設)や、総理お友達(JR東海会長)のリニアのためや、原発企業の輸出のために大金を使う政治」
でもなく
「公務員や学校の先生さえ叩きさえすれば大阪や東京や日本は良くなると言う威勢のいいだけの政治」
でもなく、
「世界初の戦争被爆国として、核兵器禁止条約に今からでも参加し、核兵器廃絶の先頭に立つとともに、医療や介護、教育などの庶民の暮らしの安心を第一に考える政治」
をつくるために、市民と野党が協力して、この広島からも国政選挙で統一候補を立てて、政権交代を進めよう、と訴えました。
朝鮮の核・ミサイル問題については、
「佐藤外務副大臣は、「アメリカへ向かうミサイルを日本は打ち落とさないといけない」等と言っているし、総理もアメリカから大金で迎撃用の武器を買おうとしているが、そもそも、朝鮮からアメリカ本土へ向かうミサイルは日本の上を通らないから技術的に迎撃は不可能だし、高さも500Km以上で領空ですらないから(国際法的にも迎撃は)だめだ。」
「そもそも、核やミサイル問題の背景には朝鮮戦争が法的に続いていることがある。朝鮮戦争の主な当事者のうち、朝鮮とアメリカが戦争状態が続いているので、この両国の平和条約をつくるとともに、米中露は核を使わない、日韓朝は核を持たないという非核地帯条約を作ろうではないか。そのためにも政権交代を。」
「安倍総理の政治は腐りきっている。お友達の学校法人のため、JR東海のため、原発企業のための政治は止めなければならない。そして、安倍総理による違憲の立法は全て白紙にすべきだ。」
と力を込めるとともに
「しかし、教員や公務員さえ叩けばいいという威勢のいいだけの政治も生産的ではない。わたし自身も正規公務員から民間の介護職員に転じ、公務員の方がはるかに仕事に比べても待遇が恵まれているのは誰よりも知っている。しかし、たとえば教育や福祉、労働などの行政で、非正規公務員の方が専門性の高い仕事をされながら劣悪な条件であることとか、公務員の獣医さんの待遇が低いことなどの問題もある。国民の暮らしの観点から精査してお金の配分や人の配置をすべきだ。」
と訴えました。
そして、
「本日は防災の日だが、被災者の生活支援など、きめ細かく充実が必要だ。野党も共同で被災者生活再建の支援金の上限引き上げなどの法案を提出している。」
等と紹介し、
「庶民の生活不安を取り除く政治にしていくため、市民と野党の共同で政権交代を。そのためにも、広島初の市民連合にご協力を。市民連合とはなんぞや、と思われたらぜひ検索して頂き関心を持っていただきたい」
などと語りかけました。






トラックバックURL : http://hiroseto.exblog.jp/tb/26018950
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by hiroseto2004 | 2017-09-01 18:55 | 暮らしに憲法を生かす政権交代 | Trackback