エコでフェアでピースな世界をヒロシマから国政へ!成長戦略から成熟戦略。誰もが置きざりにされない社会を。核兵器も原発もない世界を。役人からヘルパーへ。庶民増税より格差是正。ヒロシマの心活かす市民発・政界再編。


by hiroseto2004

沖縄県民は日本人ではないのか?前原さん。

前原さん。
安倍暴走阻止のために幅広い勢力(日本ファースト?)を含もうとする辺野古中止ではダメだ、というつもりなのでしょうか?
しかし、そういうつもりだとしても、では「沖縄は日本ではない」のでしょうか?
沖縄を切捨てていいのでしょうか?それでは、歴代の自民党政権と何ら変わらないと思いますよ。
フィリピンでもエクアドルでも、基地撤去の時は無条件。行き先はアメリカが自分で考えたわけですから。

【東京】民進党の新代表に選出された前原誠司氏は1日の記者会見で、昨年の参院選で野党4党が結んだ辺野古新基地建設中止などの政策協定について「理念、政策の一致がなければ政権選択の衆院選は成り立たない。4党で結んだものの是非については、見直しも含めて検討する」と述べた。

 前原氏は、代表選期間中、現政権の沖縄への対応は批判しつつ、辺野古新基地建設が日米合意であるとして「沖縄のみなさんを説得することが大事ではないか」と推進の立場を示していた。民主党政権時に普天間移設と嘉手納基地以南の返還が切り離されるなど、負担軽減の道筋は示せたとして「沖縄のみなさんに協力してもらう、(返還が)進むよう粘り強く対話をしていくことが大事だ」と語っていた。

 前原氏は、日米合意された辺野古移設計画の推進を一貫して主張しており、民主党政権時も名護市の容認メンバーと懇談を重ねた。日米同盟の深化のためにも沖縄の負担軽減を求めていた。


トラックバックURL : http://hiroseto.exblog.jp/tb/26021430
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by hiroseto2004 | 2017-09-02 21:39 | 沖縄 | Trackback