エコでフェアでピースな世界をヒロシマから国政へ!成長戦略から成熟戦略。誰もが置きざりにされない社会を。核兵器も原発もない世界を。役人からヘルパーへ。庶民増税より格差是正。ヒロシマの心活かす市民発・政界再編。


by hiroseto2004

熱水かかり作業員やけど=ポンプのホース外れ―高浜原発

高浜原発で放射能漏れはなかったとは言え、けが人が出る事故が発生しました。


 関西電力は1日、高浜原発3、4号機(福井県高浜町、いずれも営業運転中)で、50代の協力会社の男性作業員にポンプ内の高温の水がかかり、やけどを負ったと発表した。男性は約3週間の入院が必要と診断された。水は消火栓からくみ上げたもので、放射性物質は含まれていないという。

 関電によると、8月20日午前11時10分ごろ、高浜原発敷地内の屋外で可搬式ポンプのホースが外れ、推定約30リットルの水が飛散した。男性は長袖と長ズボンを着用していたが、ポンプ内部の羽根車でかき混ぜられ水が高温になっており、顔や腹、両足などをやけどした。

 ポンプは原発の新規制基準対応のために備えられた機器で、関電は当時、年1回の性能検査を終え後片付けをしていた。作業員はポンプの弁を閉める作業をしていたが、弁が完全に閉まる前に別の作業員が電源を切ったため、圧力が加わりホースが外れたのが原因とみられるという。 


トラックバックURL : http://hiroseto.exblog.jp/tb/26021504
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by hiroseto2004 | 2017-09-02 22:14 | 事故・災害・事件 | Trackback