エコでフェアでピースな世界をヒロシマから国政へ!成長戦略から成熟戦略。誰もが置きざりにされない社会を。核兵器も原発もない世界を。役人からヘルパーへ。庶民増税より格差是正。ヒロシマの心活かす市民発・政界再編。


by hiroseto2004

アウンサウンスーチーさんのノーベル平和賞剥奪を/世界各地で抗議行動

日本の佐藤栄作(故人)を含め、ノーベル平和賞を剥奪すべきと言う議論は結構ありますね。
このアウンサウンスーチーさんも、その一人ですね。
そして、「権力は腐敗する。」
そんなことを嫌でも思い出さされます。
今の段階では「スーチーさん、そりゃあ、おかしいぜ」
という声を世界中の市民が上げていくことが大事ではないかと思います。



  • アウンサンスーチー外相
    アウンサンスーチー外相

イスラム教育科学文化機構が、ミャンマーのアウンサンスーチー外相のノーベル平和賞剥奪を求めました。

パキスタン・トゥデイによりますと、OICイスラム協力機構に属し、モロッコに本部を置くイスラム教育科学文化機関は、5日火曜、ノルウェーのノーベル委員会に対し、アウンサンスーチー外相のノーベル平和賞を直ちに剥奪するよう求めました。

イスラム教育科学文化機関は、声明を発表し、「アウンサンスーチー氏にノーベル平和賞の資格はない。なぜなら、彼女の指導のもとで、ミャンマーでのロヒンギャ族のイスラム教徒に対する攻撃や殺害が行われているからだ」としました。

また、「ミャンマーの嫌悪すべき行動は、ノーベル平和賞の本質に反している。国際社会は、ミャンマーの人権侵害を停止させるために、ただちに措置を講じるべきだ」とされています。

アウンサンスーチー国家顧問兼外相は、1991年にノーベル平和賞を受賞しました。

ミャンマーのイスラム教徒

ミャンマー政府は、およそ100万人のロヒンギャ族のイスラム教徒を不法移民と見なし、彼らに市民権を与えていません。

ミャンマーのイスラム教徒の殺害

先月25日以来、西部ラカイン州のイスラム教徒に対するミャンマー政府軍の新たな攻撃で、数百人が死亡しています。







  • ミャンマーのロヒンギャ族の集団虐殺に対し、インドネシアでデモ
    ミャンマーのロヒンギャ族の集団虐殺に対し、インドネシアでデモ

ミャンマーの政府と軍によるロヒンギャ族のイスラム教徒の殺害に対し、世界各国から抗議の声が上がっています。

イルナー通信によりますと、インドのイスラム教徒数千人が、7日木曜、デモを行い、ミャンマーの軍と過激派仏教徒によるロヒンギャ族のイスラム教徒の民族浄化を非難しました。

抗議者は、ニューデリーで、ミャンマーに死を、アウンサンスーチー氏に死をといったスローガンを叫び、イスラム教徒に対するミャンマー軍の犯罪の停止を求めました。

デモ参加者はまた、インドのモディ首相のミャンマー訪問に抗議し、政府に対し、ミャンマー政府に圧力をかけ、同国の虐げられた人々の殺害を阻止するために、あらゆる手段を利用するよう求めました。

インドの警察は、いくつかの通りを閉鎖し、ニューデリーにあるミャンマー大使館の前での抗議集会を阻止しました。

ミャンマーのロヒンギャ族の集団虐殺に対し、アフガニスタンでデモ

統計によれば、8月25日以来、これまでに6334人のロヒンギャ族が志望、8349人が負傷しました。

警官の性的暴行を受けた女性の数は、500人と見られています。

ミャンマーのロヒンギャ族の集団虐殺に対し、パキスタンでデモ

パキスタン、インドネシア、マレーシア、インド領カシミールの人々も、ロヒンギャ族に対するミャンマー政府軍の犯罪に抗議し、デモを行い、彼らの殺害を非難するとともに、民族浄化の停止を求めました。

ミャンマーのロヒンギャ族の集団虐殺に対し、インドネシアでデモ

以下ーミャンマーのロヒンギャ族の集団虐殺に対し、インドネシアでデモ(動画)

バングラデシュ政府によれば、ミャンマーは、3日前から、ミャンマーでの暴力から逃れるためにバングラデシュに渡ったイスラム教徒の帰国を防ぐため、国境の一部に地雷を設置しているということです。

ミャンマー政府は、国連査察団のロヒンギャ族に対する治安部隊の犯罪についての報告を否定し、査察団や調査団がラカイン州に入るのを妨げています。

ロヒンギャ族の難民

国連の専門家は、7日木曜、ミャンマーでの暴力により、隣国のバングラデシュに逃れたロヒンギャ族の数は30万人に達すると予想しています。


トラックバックURL : http://hiroseto.exblog.jp/tb/26032350
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by hiroseto2004 | 2017-09-07 22:09 | 国際情勢 | Trackback