エコでフェアでピースな世界をヒロシマから国政へ!成長戦略から成熟戦略。誰もが置きざりにされない社会を。核兵器も原発もない世界を。役人からヘルパーへ。庶民増税より格差是正。ヒロシマの心活かす市民発・政界再編。


by hiroseto2004

軽すぎる前原代表、民進党を解党させかねない

民進党と組んだら「公務員(労組)に天誅!」票が逃げるので維新も受けないと思うが

前原さんの発言は社交辞令だとは思います。片山虎之助さんも面と向かって断ると言うことはないでしょう。

マジで組むことは維新の利益にはならない。維新に投票している票の多くが、「公務員(労組)に天誅!」という人の票だと思います。


従って、民進党と組んだら、維新を支持しているような票がかなり維新から逃げる。従って、民進党と連携する利益は、維新側にはないでしょう。そういう人の票は維新が安倍自民党にすり寄りすぎた結果、逃げている面もある。東京では意外と小池ファーストに対して独自色を発揮しているのはそういうことへの「反省」も維新にはあったと思います。従って、民進党との連携には余計に慎重になるでしょう。


なお、小池ファーストの場合は、政策なんてどうでも良くて、「小池さんについていけば、なんとかなる」的な集団なので、連合とは融通無碍に組んでいます。ただし、民進党本体に対しては、「議員を引き抜く対象」としかみていない。


そして、きちんとした「軸」がない状態であっちともこっちとも「組みましょう」という、前原さんの「軽さ」は大問題です。結局、維新相手はともかく、小池ファーストには足元を見られるだけです。議員を引き抜かれまくって解党、ということになりかねない。


そもそも、前原さんは、電力総連の大会で、改憲議論に応じることを表明するなど、「安倍政権下での改憲議論はNG」という岡田代表時代の水準から大きく後退しています。岡田代表時代に確立した近代立憲主義という軸(綱領)を自ら放棄している。

「現行憲法さえ遵守しない政権下での議論に応じない」という岡田路線は、まっとうなことです。

「こんなことなら、岡田克也がずっと代表のままのほうが良かった」

そんな風に思ってしまいます。

民進党の前原誠司代表は8日、各党あいさつ回りの一環として、日本維新の会の片山虎之助共同代表らと国会内で会談し、同党に連携を呼び掛けた。共産党は維新を「与党の補完勢力」と批判しており、自由、社民両党を含む野党4党の共闘に影響を与えそうだ。
 席上、維新の遠藤敬国対委員長が「野党4党の枠組みはどうなるか」と尋ねたのに対し、民進党の松野頼久国対委員長は「(維新も加えた)5党でやろう」と提案。これを受け、前原氏も「冗談抜きに、しっかりと連携してほしい」と述べた。片山氏は態度を明確にしなかった。(2017/09/08-16:15)


トラックバックURL : http://hiroseto.exblog.jp/tb/26034563
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by hiroseto2004 | 2017-09-08 22:34 | 暮らしに憲法を生かす政権交代 | Trackback