エコでフェアでピースな世界をヒロシマから国政へ!成長戦略から成熟戦略。誰もが置きざりにされない社会を。核兵器も原発もない世界を。役人からヘルパーへ。庶民増税より格差是正。ヒロシマの心活かす市民発・政界再編。


by hiroseto2004

蓮舫前代表の小池ファースト抱きつきが響き、離党が止まらない民進党

蓮舫前代表が、小池ファーストに甘い態度を取った時点で、こうなることは見えていました。
小池ファーストに抱きつこうとして振り払われた蓮舫前代表の「痛恨の敗着」でした。

小池ファースト側が民進党都議を引き抜き放題。これになすすべがない民進党、という構図が出来た。
その流れが続いています。

前原さんも、言動は軽く、小池ファーストに甘いと思われている。だから議員らにも足元を見られ、議員を引き抜かれていく。

もちろん、小池ファーストは議員にしゃべらせないという異常な集団です。

岡田代表時代の民進党で良かったと思う。
「憲法を踏みにじる安倍は辞めろ。」
これでOKだった。それが前原代表で後退したかに見えるのは残念だ。
だからといって、小池ファーストが民進党よりまし、ということは絶対にあり得ない。

民進党議員には思いとどまって欲しいが、しかし、こういう流れが出来てしまうと止めるのが難しいのも事実だと思います。

それでも申し上げる。
「民進党議員よ!自棄になって小池ファーストに行くなよ!黒歴史になるぞ!」


民進、離党歯止めかからず=前原氏「刺客擁立」とけん制

9/9(土) 17:32配信

時事通信

 民進党で離党の動きに歯止めがかからない。

 8月に離党した細野豪志元環境相に近い複数の衆院議員が離党を検討していることが9日、分かった。共産党との選挙協力に批判的な保守系議員が中心で、前原誠司代表が共闘見直しを強力に進めないことを不満としている。前原氏は離党者の選挙区に「刺客」を擁立する意向を表明し、離党の動きをけん制した。だが、山尾志桜里元政調会長の離党に続き、前原氏の求心力は低下する一方で、党運営は一層厳しくなった。

 離党を検討しているとされるのは、細野グループ所属の笠浩史氏ら。前原氏は9日、山梨県笛吹市で記者会見し、離党の動きを「認識している」と述べた上で、「全ての選挙区、離党した人のところにもあまねく候補者を立てていく」と強調した。先の代表選時には「刺客」擁立について「総合的に勘案すべきだ」と慎重だったが、党内引き締めへ踏み込んだ。ただ、私的交際問題で離党した山尾氏については例外とする考えを示した。 


トラックバックURL : http://hiroseto.exblog.jp/tb/26037050
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by hiroseto2004 | 2017-09-10 07:30 | 安倍ジャパン | Trackback