エコでフェアでピースな世界をヒロシマから国政へ!成長戦略から成熟戦略。誰もが置きざりにされない社会を。核兵器も原発もない世界を。役人からヘルパーへ。庶民増税より格差是正。ヒロシマの心活かす市民発・政界再編。


by hiroseto2004

格闘技でも早めの「TKO負け」にする時代なのに、「特攻精神」が残る日本の学校と企業

格闘技でも早めの「TKO負け」にする時代なのに、「特攻精神」が残る日本の学校と企業

格闘技では今は、早めにレフェリーストップ(またはタオル投入)TKO負けにします。マンガで、ぼろぼろになっても諦めないなんて、シーンがよく出てきますが、今の時代には絶対にあり得ない。格闘技も非常に、科学的になっています。

そんな時代に、変わらないのが、日本の学校と企業です。

無理にランニングをさせて死亡させたり、危険な組体操を強行し、事故を起こす学校。
過労なのに運転をさせて、大事故を起こしたり過労死を相次いで起こす企業。

いい加減、日本の学校と企業も格闘技を見習うべきです。

無理はしない。させない。

指導死を起こした教師は逮捕して刑事犯として裁く。
過労死や事故続出でないと維持できないような企業には、それこそタオル投入。法令違反で重大な事故を起こしたら、黒字でも、会社更生法適用。

そうすべきだ。


トラックバックURL : http://hiroseto.exblog.jp/tb/26041508
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by hiroseto2004 | 2017-09-12 08:14 | ジェンダー・人権(労働問題) | Trackback