エコでフェアでピースな世界をヒロシマから国政へ!成長戦略から成熟戦略。誰もが置きざりにされない社会を。核兵器も原発もない世界を。役人からヘルパーへ。庶民増税より格差是正。ヒロシマの心活かす市民発・政界再編。


by hiroseto2004

「広島にミサイル落とさない限り…」県部長が不適切発言

本社社主も、県庁OBの一人としてあまりにも情けなく思います。

本当に、人間ひとりひとりを駒のようにしか考えていない。

そのように思える発言です。

田中部長は、厚労省からの出向幹部だそうですね。

むしろ、これからの都道府県は、中央からの天下りではなく、民間の福祉の現場、あるいは、市町村で頑張ってきた人を、管理職として登用するとか、そういう方向へ公務員制度を改革していくべきだと思います。

これは、政党とか関係なしに、緊急に提言したいと思います。


広島県の幹部職員が12日、広島市内での講演会で「北朝鮮広島県ミサイルを落とさない限り、人口構造は変わらない」と発言していたことが、県への取材でわかった。県は不適切な発言だとして、この幹部を口頭で厳重に注意した。

 県によると、発言をしたのは厚生労働省から出向している県健康福祉局医療・がん対策部長の田中剛氏。12日に広島市内であった、医療関係者向けの保健医療行政をテーマにした講演会に参加していたという。

 田中氏は壇上で日本の少子高齢化の現状を語る中でこうした発言をし、県には「戦争や大災害でもない限り、人口構造は変わらないものだと伝えたかった」と釈明したという。県は「被爆者らの思いを傷つけるもので、例えとして、極めて不適切だ」としている。


トラックバックURL : http://hiroseto.exblog.jp/tb/26046386
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by hiroseto2004 | 2017-09-14 14:08 | 広島県政(広島県議会) | Trackback