エコでフェアでピースな世界をヒロシマから国政へ!成長戦略から成熟戦略。誰もが置きざりにされない社会を。核兵器も原発もない世界を。役人からヘルパーへ。庶民増税より格差是正。ヒロシマの心活かす市民発・政界再編。


by hiroseto2004

ロヒンギャ虐殺に国連安保理懸念、イラン最高指導者顧問、「イスラム世界は、ミャンマー政府の犯罪行為に沈黙しない」

  • ヴェラーヤティー氏
    ヴェラーヤティー氏

イランイスラム革命最高指導者の国際担当顧問を務めるヴェラーヤティー氏が、ミャンマー政府を西側の傀儡政権だとし、「イスラム諸国は、ロヒンギャ族のイスラム教徒に対するミャンマーの政府軍と過激派仏教徒の犯罪に抵抗する」と語りました。

ヴェラーヤティー顧問は14日木曜、「アメリカは、ミャンマー政府の犯罪の共犯者である」とし、「イスラム諸国は国際機関を通じて、この独裁政治を阻止するだろう」と述べました。

イランのガーズィーザーデ保健医療教育大臣も14日、ミャンマーのイスラム教徒の残忍な殺害を非難し、「イランからの医療スタッフや医療機材の提供に関して、特にWHO・世界保健機関を初めとする国際機関との間でやり取りが行われた」としました。

ロヒンギャ族の難民

先月25日から現在までに、ミャンマー西部ラカイン州ではロヒンギャ族のイスラム教徒に対する政府軍の新たな攻撃により、6000人以上が死亡したほか、8000人が負傷し、数十万人が隣国のバングラデシュに避難しています。

ラカイン州では、2012年からミャンマーの政府軍と過激派仏教徒による、ロヒンギャ族のイスラム教徒の攻撃が行われていますが、同国に在住する100万人のロヒンギャ族のイスラム教徒は、市民権を与えられていません。








  • モウラーヴェルディー
    モウラーヴェルディー

イランのモウラーヴェルディー市民権担当大統領特別補佐官が、ミャンマーのアウンサン・スーチー国家顧問に対する書簡を送り、ミャンマーでのイスラム教徒の大量殺害の停止を求めました。

イルナー通信によりますと、この書簡では、ロヒンギャ族のイスラム教徒への無残な殺害が非難されるとともに、スーチー氏に対し、「我々は、貴殿が過去において少数派の人々の権利を維持するために必要な法律の制定を強調しが、現在、その理念の実現、確固たる一歩を踏み出すことを期待している」とされています。

ミャンマーのアウンサン・スーチー国家顧問

モウラーヴェルディー大統領特別補佐官はまた、「私は、市民権問題を担当するイラン大統領副題という立場から、貴殿に対し、単なる立場の表明ではなく、即時に具体的な行動をとり、歴然とした人権侵害となっている、ミャンマーでも前代未聞の暴力行為を止めさせ、被害者らへの国際的な人道支援の提供を平易化するよう求める」としています。

さらに、「スーチ氏の努力により、近年ミャンマーの西部で発生している衝突や問題の収束への道が開かれ、同国政府が少数民族であるロヒンギャ族に、他の民族と同様に正式に市民権を与え、彼らを暴力や差別から守るよう希望する」となっています。

ミャンマーでのイスラム教徒

先月25日から始まっている、イスラム教徒に対する過激派仏教徒とミャンマー政府軍による再度の暴力により、これまでに数千人のロヒンギャ族のイスラム教徒が死傷したほか、30万人近くが隣国に避難しています。


トラックバックURL : http://hiroseto.exblog.jp/tb/26047299
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by hiroseto2004 | 2017-09-14 22:02 | 国際情勢 | Trackback