エコでフェアでピースな世界をヒロシマから国政へ!成長戦略から成熟戦略。誰もが置きざりにされない社会を。核兵器も原発もない世界を。役人からヘルパーへ。庶民増税より格差是正。ヒロシマの心活かす市民発・政界再編。


by hiroseto2004

安倍批判と共に、「小池抱きつき」への反省を

民進党や、民進党を支持してきたリベラル派は、安倍総理への批判はもちろんのこと、民進党の蓮舫代表以降の「小池抱きつき」路線を反省すべきです。

小池知事の威光にすがって、なんとかしようというのが誤りであった。

小池知事としては、民進党と組むメリットはない。数あわせのために、単純に民進党から、動揺する議員を引き抜くことをすればよかった。大変楽な展開になった。民進党を離れていく議員も完全に党執行部を舐めきってしまっていた。

他方、議員たちは、小池知事の威光にすがるしかないから、結局、都民ファースト=小池ファーストは小池知事に絶対服従の人ばかりになった。

ようやく音喜多都議あたりが異論を唱えだしたが、自分の支持者向けのパフォーマンスの感も否めないでしょう。
徐々に「小池知事、おかしいぞ」と言う人も出てきたのでそういう人の支持もキープしようというわけでしょう。


トラックバックURL : http://hiroseto.exblog.jp/tb/26047330
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by hiroseto2004 | 2017-09-14 22:18 | 暮らしに憲法を生かす政権交代 | Trackback