エコでフェアでピースな世界をヒロシマから国政へ!成長戦略から成熟戦略。誰もが置きざりにされない社会を。核兵器も原発もない世界を。役人からヘルパーへ。庶民増税より格差是正。ヒロシマの心活かす市民発・政界再編。


by hiroseto2004

衆院議員は任期満了を原則とした方が良いだろう

衆議院解散については、いわゆる憲法69条(内閣不信任案可決)に基づく解散以外認めな

いという立法を行った方が良いと思う。


現状では、あまりにも「解散風」を気にして、本来、議員がすべき政策立案に身が入らない。


その結果として、「官僚に舐められる議員」という状態が恒常化しているのは、事実です。如何なものか、と思いますよ。国民にとって不幸なことである。


イギリスでも、議会(庶民院=下院)が議決をしない限り、5年の任期を全うすることが法制化されています。


ドイツ連邦議会でもフランス国民議会でも途中で解散と言うことは、最近ではありません。


本来の立法府を取り戻さないといけない。与野党関係なく、これは検討すべきである。


トラックバックURL : http://hiroseto.exblog.jp/tb/26060296
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by hiroseto2004 | 2017-09-20 22:37 | 選挙制度・政治改革 | Trackback