エコでフェアでピースな世界をヒロシマから国政へ!成長戦略から成熟戦略。誰もが置きざりにされない社会を。核兵器も原発もない世界を。役人からヘルパーへ。庶民増税より格差是正。ヒロシマの心活かす市民発・政界再編。


by hiroseto2004

7月に122カ国の賛成で採択された核兵器禁止条約

7月に122カ国の賛成で採択された核兵器禁止条約。
9月20日、署名がスタート。50カ国近くが署名し、90日後に発効します。
日本は残念ながら議論にすら参加していません。
今後、日本が署名するよう、働きかけていかないといけませんね。

  • 世界50カ国近くが核兵器禁止条約に調印

世界50カ国近くが、核兵器禁止条約に調印しました。         

核兵器禁止条約は、今年7月、イランをはじめとする122カ国の賛成により、国連で採択されました。

フランス通信によりますと、朝鮮半島の緊張の高まりとともに、ブラジルをはじめとする50カ国近くが20日水曜、ニューヨークの国連本部で核兵器禁止条約に調印し、90日後に発効します。

核兵器を保有する9カ国は、この核兵器禁止条約に参加しておらず、イギリス、フランス、アメリカのNATO北大西洋条約機構に加盟する核保有国3カ国は、この条約に参加するつもりはないとしています。

NATOは核兵器禁止条約を現実的ではないとして、核兵器の保有国がまったく参加していない条約によって、核兵器を禁止するのは効果がなく、核兵器の保有数の削減も促進しないと警告を発しました。

核兵器の保有国がこの条約に参加する場合、核兵器とそれに関連する設備をすべて、一定期間内に廃棄しなければなりません。

核兵器禁止条約の主な目的とは、核兵器保有国を法的な形で非難する方法を整備することと、核兵器の廃絶に向けた政治的な圧力を行使することにあります。


トラックバックURL : http://hiroseto.exblog.jp/tb/26062594
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by hiroseto2004 | 2017-09-22 01:46 | 反核・平和 | Trackback