エコでフェアでピースな世界をヒロシマから国政へ!成長戦略から成熟戦略。誰もが置きざりにされない社会を。核兵器も原発もない世界を。役人からヘルパーへ。庶民増税より格差是正。ヒロシマの心活かす市民発・政界再編。


by hiroseto2004

BRICs諸国にとってのイランへの信用度が回復

そもそも、イランは中東では治安が良い国です。そうしたこともあり、今、投資先として人気です。
朝鮮をイランをモデルにした非核化の方向へ持っていくのが現時点で考えられる最善だとは思います。ちなみに、アメリカのトランプは、焦って、イランとの核合意を破棄すると叫んでいますが、側近が必死で押さえている状況です。





イランの輸出保証基金理事会のメンバーであるシャフアーイーニー氏が、BRICs諸国にとってのイランの信用度が、制裁の前の状態に戻ったとしました。

BRICs諸国は、ブラジル、ロシア、インド、中国、南アフリカの経済新興国による組織です。

シャフルアーイーニー氏は、24日日曜、イスルナー通信のインタビューで、BRICs諸国は、世界の総人口のうち44%を、また世界の国内総生産のおよそ25%を占めているため、世界経済において非常に注目に値する国々となっている」と語りました。

また、「イランの信用度が上昇したことに注目し、同国は、投資の危険度が低下しているため、ヨーロッパより、BRICs諸国からファイナンス・資金調達に関するより魅力的な提案を受けることが可能となっている」と述べました。

また、資金調達に対するコストは、融資に対する金利と保険料であり、これは、各国の投資の危険度によって変わる。危険度が少なくなるほど、この費用は減少するだろう」としました。

イランと6ヶ国による核合意が2016年1月から実施されて以来、イランは、日本、中国、ロシア、インド、韓国、オーストリア、デンマークなどの国から460億ドル以上の融資を受けています。


トラックバックURL : http://hiroseto.exblog.jp/tb/26069659
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by hiroseto2004 | 2017-09-25 14:58 | 国際情勢 | Trackback