エコでフェアでピースな世界をヒロシマから国政へ!成長戦略から成熟戦略。誰もが置きざりにされない社会を。核兵器も原発もない世界を。役人からヘルパーへ。庶民増税より格差是正。ヒロシマの心活かす市民発・政界再編。


by hiroseto2004

アメリカ国民、北朝鮮への攻撃に反対多数 ワシントンポスト報道

とにかく、挑発的な言動を当事者が止めること。

そして、朝鮮戦争が法的に終わっていないことが、多くの問題の根底にあることに鑑み、朝鮮戦争を終わらせるとともに、非核地帯条約をつくること。

これが大事でしょう。


アメリカで行われた最新の世論調査の結果、アメリカの多くの人々が、北朝鮮に対する攻撃に反対しています。

ワシントンポストによりますと、アメリカでの最新の世論調査で、国民の67%が北朝鮮に対する軍事攻撃に反対だと答えました。

また、アメリカの人々は、北朝鮮への軍事攻撃に反対する一方で、北朝鮮の核問題に対する責任ある対処において、トランプ大統領以上に、軍関係者に信頼を寄せていることが分かっています。

トランプ大統領はこれまで何度も、北朝鮮に対する軍事攻撃を示唆しています。

また別の調査では、トランプ大統領の就任から8ヶ月が過ぎる中で、これまでの取り組みを“評価できる”としたのは、わずか39%でした。

ここ数週間、トランプ大統領の好戦的なアプローチにより、アメリカと北朝鮮の間の緊張がこれまで以上に高まっています。

アメリカの好戦的な行動が続く中、23日土曜には、同国の戦闘機や爆撃機が北朝鮮の沿岸上空を飛行しました。


トラックバックURL : http://hiroseto.exblog.jp/tb/26072250
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by hiroseto2004 | 2017-09-26 18:55 | 国際情勢 | Trackback