エコでフェアでピースな世界をヒロシマから国政へ!成長戦略から成熟戦略。誰もが置きざりにされない社会を。核兵器も原発もない世界を。役人からヘルパーへ。庶民増税より格差是正。ヒロシマの心活かす市民発・政界再編。


by hiroseto2004

「馬鹿殿」に待ったを掛ける「家臣」がいるアメリカ、いない日本・・アメリカ軍統合参謀本部議長、「アメリカは核合意に留まるべき」

「馬鹿殿」に待ったを掛ける「家臣」がいるアメリカ、いない日本

トランプは、イランに因縁をつけ、核合意を破棄しろと叫んでいます。イランは核兵器禁止条約賛同国です。トランプ以外の核合意当事国は、イランが合意を遵守していることを認めています。トランプはもはや「対イラン外交」では完全に国際的に孤立しています。

これに対してティラーソン国務長官やダンフォード統合参謀総長らが、待ったを必死で掛けています。

トランプは、世界の警察官を辞めるということで大統領に選ばれた。
選挙期間中は、
トランプ=下品で差別するが、戦争には消極的
ネオコン(クリントン・ブッシュら)=上品ぶってリベラルっぽいことを言うが、空爆しまくり
という構図があった。このため、日本の若手女性の左翼論客の中にもトランプ支持者は少なくなかった。





しかし、2017年4月、オリジナルなトランプ路線の中心だったバノン首席補佐官が失脚。イスラエルに近い娘婿の勢いが増す中でトランプは事実上、ネオコンに屈服。

トランプが元々持っていた下品さと、ネオコンの戦争積極性の双方をハイブリッドした形になってしまった。

ただし、そうはいっても、本当にがちにイランや朝鮮と戦争になってはやばいと言うことは、多くのアメリカの高官も分かっているから、必死でトランプをとめようとしているというある種、倒錯した状況になっている。

一方、日本では、安倍晋三が、上記のように国際的に孤立しているトランプにしっぽを振るような、対朝鮮演説を国連でぶったものの、会議場はガラガラだったという失態をさらした。

だが、このような事態になるまで、大臣の職を賭してまで安倍晋三にもの申す「家臣」(大臣)はいなかった。

 「家臣」たちに自浄能力がないので、安倍晋三という「馬鹿殿」を民衆により打倒するしかないということになる。


  • アメリカ軍のダンフォード統合参謀本部議長
    アメリカ軍のダンフォード統合参謀本部議長

アメリカ軍のダンフォード統合参謀本部議長が、イランが核合意を遵守している事実を認めるとともに、アメリカによる核合意の維持を求めました。

メフル通信によりますと、ダンフォード議長は26日火曜、「アメリカが、自ら調印した核合意を遵守することは、アメリカとの間で合意書を締結しようという他国の意向に影響を与えるだろう」と語っています。

天野事務局長

IAEA国際原子力機関の天野事務局長も、ロイター通信とのインタビューで、改めてイランが核合意を守っていることを認めています。

国連安保理常任理事国にドイツを加えた6カ国とイランが締結した核合意は、昨年1月から実施されていますが、アメリカは6カ国側の一員でありながら、常にこの合意に違反しています。

アメリカのトランプ大統領は、核合意のそのほかの関係国とは異なり、核合意を史上最悪の合意だとし、その破棄を求めていますが、世界はトランプ大統領のこの敵対行動に反対しています。



  • 核兵器
    核兵器

イランは大量破壊兵器に反対しており、大量破壊兵器が国の安全を保障することはないと考えています。

イラン外務省のアラーグチー国際法担当次官

イランは、国際会議の中で、繰り返し、NPT核兵器不拡散条約の実施における遅れを批判してきました。今回、国連総会の会合で、イラン外務省のアラーグチー国際法担当次官が、再びこのイランの見解を明らかにしました。
アラーグチー次官は、核兵器の保有国が、核兵器の完全な廃絶に関する取り決めを守っていないことを批判し、「アメリカは、新たな核兵器競争を始めている」と語りました。

アラーグチー次官「アメリカは、新たな核兵器競争を始めている」

アラーグチー次官は、26日火曜、核兵器の全面的廃絶のための国際デーに合わせて開催された国連総会「核軍縮ハイレベル会合」で、「“アメリカは他国より強い核能力の保持が必要だ”とするアメリカの最近のアプローチは、新たな核兵器競争へと導くものだ」と強調しました。

ストックホルム国際平和研究所の年次報告によれば、アメリカは、5種類の新たな核兵器を獲得しようとしています。アメリカは2016年の初めの時点で、7000発の核弾頭を有していました。

アメリカの核潜水艦

このような中で、アメリカが核兵器の改良に今後30年でおよそ1兆ドルの費用を検討していることから、アメリカのライバル国も、新型の兵器の製造を追求しています。この流れの継続は、世界の消滅に向けた競争を意味します。ストックホルム国際平和研究所の年次報告では、シオニスト政権イスラエルも、およそ300発の核弾頭を有するとされています。イギリスの新聞、ガーディアンはこれについて次のように報じています。

「イスラエルは、プルトニウム500キロと、兵器の製造に十分な量の濃縮ウランを保有していると診られている」

イスラエルのディモナ核施設

イスラエルのディモナには核施設が存在し、この施設の職員はそれを、「小さな広島」と呼んでいます。

核兵器の使用禁止に対するイランの立場は、イスラム革命最高指導者のハーメネイー師の教令ではっきりと示されています。ハーメネイー師は、2012年8月30日、テヘランで開催された非同盟諸国の会合で、次のように語りました。

「イランは、論理、宗教、考え方の点から、核兵器の保有を大きな罪と見なしており、この種の兵器の拡散は無意味で破壊的、かつ危険なことだと考えている」

ハーメネイー師

ハーメネイー師はまた、次のように語りました。

「イランは核兵器のない中東を提案しており、その実現に取り組んでいく」

現在もイランは、核兵器保有国がNPTを実行し、核兵器の完全な廃絶に関する取り決めを遵守することが不可欠だと訴えています。



トラックバックURL : http://hiroseto.exblog.jp/tb/26074559
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by hiroseto2004 | 2017-09-27 19:58 | 国際情勢 | Trackback