エコでフェアでピースな世界をヒロシマから国政へ!成長戦略から成熟戦略。誰もが置きざりにされない社会を。核兵器も原発もない世界を。役人からヘルパーへ。庶民増税より格差是正。ヒロシマの心活かす市民発・政界再編。


by hiroseto2004
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

「(小池知事は)首相への野心のためには、何でも犠牲にする」舛添前知事分析

前都知事・舛添要一さんのツイッターです。
舛添さんの都知事時代の実績はともかくとして、分析としてはおおむね同意します。
その上で、判断を誤らないようにしたい。
「リセット」というのも、日本みたいな大国では簡単ではない、というのはそのとおりですね。それこそ「徳政令」でもやらかすというなら、「リセット」といえると思いますが。






  1. 夢よもう一度:小池都知事、小沢自由党代表は、1993年夏の細川護煕内閣の再来を夢見ている。自民党内閣を倒す。相似点・・日本新党ブーム→小池新党ブーム、県知事から首相へ→都知事から首相へ。イタリアの「オリーブの木」構想の真似もする。国民にとって「悪夢」とならないことを祈るのみ。

  2. 予測:右派民進党と希望の党には、自由党が加わる。自由党の小沢一郎代表が描くシナリオだ。その構想に小池都知事が乗る。そうすれば、この三党で、自民党を超えて第一党になれる。小池代表は、首相になれる。こんなチャンスはない。首相へのステップにすぎなかった都知事のポストなど「おさらば」だ。

  3. 予測:民進党は分裂、右派民進党は希望の党と合流。小池代表は都知事を辞めないと今は言っているが、やはり辞めて衆議院選挙に出る可能性大。出馬の最高のタイミングを狙っているのみ。首相への野心のためには、何でも犠牲にする。大義は、あとから貨車でやってくる。有権者は目を覚ませたほうがよい。

  4. 「スポーツ報知」が引用しました。

  5. :「大胆な改革が必要」というが、これも具体的中身がない。ヒトラーをはじめ、全体主義的独裁者は「改革」という言葉を連呼する。

  6.  の小池代表は、今朝の会見で「日本をリセットする」と述べたが、また外国語。本人も「リセットする」中身がよく分かっていないのではないか。パソコンのリセットとは違って、日本のような大国でそれは容易ではない。ペリーやマッカーサーという外圧の下で何とか改革できたのである。

  7.  :「国民が希望と活力を持って暮らせる生活基盤」とは何。消費税を凍結してその財源はどうするのか。外交・安全保障、北朝鮮政策については無言のまま。「ワイズ・スペンディング」とは?小池都知事は明確に説明できないとき、横文字を使う癖がある。中学生にも分かる綱領にすべき。

  8. 小池新党  が、27日午前設立記者会見。党綱領を発表したが、抽象的な言葉の遊びのみ。「寛容な改革保守政党」とは何?要するに、右から左まで、誰でも小池代表の指にとまってくれということか。「しがらみ政治」とは何か?具体的な例をあげてほしい。政治も政党もしがらみから生まれる。

  9.  には「刹那主義的ポピュリスト」という評が適切。「いま人気が出さえすればよい」、それが行動基準。対案も示さずに、消費税凍結、原発ゼロ、議員定数削減など大衆迎合の政策を掲げる。昨日の都議会の審議を見ても、議員の質問に真摯に答えていない。「都政大改革」は掛け声倒れか。

  10. 政党党首が投票日にも、その翌日にも日本にいない。非常識で、有権者を冒涜するものだ。小池都知事は、21日夜に羽田を出発してパリに行き、25日に帰国する。もし選挙に大勝して第一党になったら、党首(国会議員なら)は首相となるが、その人が不在。やはり都知事と党首は両立無理なのである。


トラックバックURL : http://hiroseto.exblog.jp/tb/26074665
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by hiroseto2004 | 2017-09-27 20:43 | 衆院選2017 | Trackback