エコでフェアでピースな世界をヒロシマから国政へ!成長戦略から成熟戦略。誰もが置きざりにされない社会を。核兵器も原発もない世界を。役人からヘルパーへ。庶民増税より格差是正。ヒロシマの心活かす市民発・政界再編。


by hiroseto2004

政府軍と過激派仏教徒によるロヒンギャ虐殺継続

  • ミャンマーで、ロヒンギャ族のイスラム教徒の虐殺が継続
    ミャンマーで、ロヒンギャ族のイスラム教徒の虐殺が継続

情報筋が、ミャンマーでロヒンギャ族のイスラム教徒の虐殺が続いていることを明らかにしました。

アルアーラム・チャンネルによりますと、ミャンマーでは、政府軍と過激派仏教徒によるロヒンギャ族のイスラム教徒の虐殺が続いており、難民となって隣国のバングラデシュに避難するイスラム教徒の数も増加しています。

国連のある関係者も6日金曜、バングラデシュへのイスラム教徒難民の流入が依然として続いており、まだミャンマー国内に残っている数十万人のイスラム教徒も同国から避難しようとしていることを明らかにしました。

ロヒンギャ族

ミャンマー西部ラカイン州を視察した国連の調査団は、この州の現状は言葉では表現できないとしています。

こうした中、バングラデシュの地元の組織は、ロヒンギャ族の難民の特に女性や子供の間で、栄養不良をはじめとした各種の病気が蔓延していることを明らかにしました。

バングラデシュ当局は、80万人以上のロヒンギャ族の難民の受け入れに当たって、最大規模の難民用の滞在施設を建設するとしています。

ミャンマー西部ラカイン州では、今年の8月25日以来、政府軍によるロヒンギャ族のイスラム教徒の弾圧が拡大していることから、6000人以上が死亡、8000人が負傷しています。



トラックバックURL : http://hiroseto.exblog.jp/tb/26095960
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by hiroseto2004 | 2017-10-07 20:41 | 国際情勢 | Trackback