エコでフェアでピースな世界をヒロシマから国政へ!成長戦略から成熟戦略。誰もが置きざりにされない社会を。核兵器も原発もない世界を。役人からヘルパーへ。庶民増税より格差是正。ヒロシマの心活かす市民発・政界再編。


by hiroseto2004
カレンダー

核合意をめぐりイラン・ドイツ外相、及びEU上級代表が電話会談/トランプ大統領、「核合意はアメリカにとって損害」

  • モゲリーニ代表、ガブリエル外務大臣、ザリーフ外務大臣
    モゲリーニ代表、ガブリエル外務大臣、ザリーフ外務大臣

EUのモゲリーニ外務・安全保障政策上級代表、ドイツのガブリエル外務大臣が、イランのザリーフ外務大臣との電話会談において、全ての関係国による核合意の遵守の必要性を強調しました。

イラン外務省の報告によりますと、モゲリーニ上級代表、ガブリエル大臣は11日水曜、及び12日未明にイランのザリーフ大臣と電話会談し、ヨーロッパの核合意の遵守を強調するとともに、「イランは、きちんと核合意を遵守していることから、この合意による経済面での利益を完全に利用できなければならない」と語っています。

モゲリーニ上級代表とガブリエル大臣はまた、「イランが核合意を遵守している限り、ヨーロッパもこの合意の取り決めを守る」と述べました。

5+1

国連安保理常任理事国にドイツを加えた6カ国とイランの間で成立した核合意は、昨年1月から実施されていますが、アメリカは6カ国側の一員にもかかわらず、常にこの合意に違反しています。






  • トランプ大統領
    トランプ大統領

アメリカのトランプ大統領が、これまでの立場を繰り返し、アメリカの多くの政治家の見解に反して、核合意はアメリカの損害になるとしました。

トランプ大統領は、11日水曜、フォックスニュースのインタビューで、核合意は最も不備のある合意だとしました。

また、根拠のない反イランの発言を続け、「アメリカはこの合意に1500億ドルを費やしたが、何の利益も得ていない」と述べました。

さらに、「イランは核・ミサイル活動を再開している」と主張しました。

トランプ大統領は、演説の中で、核合意に関する政府の立場とともに、イランに対する新たな政策を発表することになっています。

この演説は、12日木曜に行われる予定でしたが、AP通信は消息筋の話として、この演説が金曜に延期されたことを明らかにしました。

トランプ大統領は、今月15日までに、イランの核合意の遵守に関して報告することになっています。

トランプ大統領は、イランの核合意の遵守を否定し、その後の判断を議会に委ねることになると見られています。

トランプ大統領がイランの核合意の遵守を否定した場合、アメリカ議会は60日以内に、イランの核問題を巡る制裁の復活について決定を下すことになります。

ロイター通信は、ヨーロッパ諸国は、さまざまな対策を準備しており、トランプ大統領が、今月15日にイランの核合意の遵守を再び認めるようにとした彼らの要請を無視した場合にも、その後も核合意を維持できるよう望んでいると伝えました。

EUのモゲリーニ外務・安全保障政策上級代表は、「アメリカが核合意を離脱すれば、この国は信用できないというメッセージを世界の国々に伝えることになる」と語りました。


トラックバックURL : http://hiroseto.exblog.jp/tb/26106926
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by hiroseto2004 | 2017-10-12 23:42 | 国際情勢 | Trackback