エコでフェアでピースな世界をヒロシマから国政へ!成長戦略から成熟戦略。誰もが置きざりにされない社会を。核兵器も原発もない世界を。役人からヘルパーへ。庶民増税より格差是正。ヒロシマの心活かす市民発・政界再編。


by hiroseto2004

2012年 01月 09日 ( 4 )





わたくし・さとうしゅういちは、よく、カラオケ喫茶で「エーデルワイス」を歌います。採点すると90点代後半がいつも出ます。

わたしが、この歌を好きなのは、なぜか?

この歌は、映画「サウンド・オブ・ミュージック」のテーマソングです。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B5%E3%82%A6%E3%83%B3%E3%83%89%E3%83%BB%E3%82%AA%E3%83%96%E3%83%BB%E3%83%9F%E3%83%A5%E3%83%BC%E3%82%B8%E3%83%83%E3%82%AF_(%E6%98%A0%E7%94%BB)

 ナチスに乗っ取られたオーストリア。オーストリアの軍人であった主人公・トラップ大佐は、ナチスに仕えることを潔しとせず、一家でスイスに亡命したのです。(実際に、スイス経由でアメリカに亡命している)。

民主党政権への交代後、広島県庁をはじめ、公務員職場は、ナチスのような自治労・民主党の労使一体となった「圧政」が敷かれています。

民主党の自治労推薦・組織内候補への支持が押し付けられ、思想調査まで行われています。

http://www.janjanblog.com/archives/50942

選挙での組合方針に従わない組合員には、電話が職場までかかるなどの嫌がらせもあります。

わたくし、さとうしゅういちは、ある意味、このようなナチス化・大日本産業報国会化した自治労・公務職場から、民間に「亡命」したようなものです。

ちなみに、橋下徹・大阪市長はヒトラーというよりはむしろ毛沢東に近いと思います。大衆を扇動し、文化大革命を起こさせた。

大阪市長選挙は、体質的に言えばナチスに近い自治労vs毛沢東に近い橋下徹市長の対決、といえなくもないとおもいます。

若手公務員の中には、橋下市長を、「解放軍」のように歓迎した向きもあるそうです。インターネット上でも若手公務員が熱烈に橋下候補を応援している姿が見られました。あまりにも自治労・民主党の圧政がすさまじいため、橋下さんがましに見えてしまったせいだ、と思います。

まあ、ナチス・産業報国会的な自治労・民主党(現政権・柳田元法相・はしもと博明衆院議員)もいやですが、毛沢東のような橋下市長もいやですね。

わたしの「故郷」である県庁をはじめ、公務職場にも神の救いがあってほしいですね。

bless my homeland forever!

みどり広島(仮称) 2012年第一回会議 
2013年参院選を視野に、参加者みんなで基本政策をつくります!よろしくお願いします!
2012年1月15日(日)16時半から18時
広島市中区袋町 市民交流プラザ 会議室A 
連絡先 事務局長 さとう 090-3171-4437 
参加費:無料

■1■ 【賛同募集】「緑の党」をつくり、国会へ! 賛同者からのメッセージ公開中!
==================================

■「みどりの未来」では、2012年に「緑の党」を結成し、2013年夏の参議院選挙に
挑戦します。この大事業を多くのみなさんとともに進めるため、「呼びかけ」への
賛同者を募っています。ぜひご賛同ください!

オンライン賛同申込フォーム
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
http://greens.gr.jp/sandou/postmail.html
■第2次賛同者リストを発表しました(438名)
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
http://site.greens.gr.jp/article/48198076.html
■賛同者からのメッセージを公開しています
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
http://site.greens.gr.jp/article/52188315.html
記事へのご意見・ご感想はこちら(hiroseto(AT)f2.dion.ne.jp、(AT)を@に変えてください)へどうぞ!
下をクリックお願いします!皆様の1クリックが励みになります!




e0094315_1711491.gif
人気blogランキングへ
mixiコミュニティ さとうしゅういちを励ます
http://mixi.jp/view_community.pl?__from=mixi&id=5528364

‐‐さとうしゅういちを応援してくださっているみなさんが立ち上げてくださいました!ありがとうございます。

さとうしゅういちのツイッター

e0094315_20492750.jpg


井上さちこがんばれ!
http://mixi.jp/view_community.pl?id=2614195



e0094315_1904461.gif
中川圭を励ます(MIXIコミュニティー)
http://mixi.jp/view_community.pl?id=5023058

みんなであたらしい広島県をつくる会
みんなであたらしい広島県をつくる会(MIXI)
湯崎 英彦 (yuzakihide) on Twitter
http://twitter.com/yuzakihide

とくらたかこのブログ

とくらたかこ応援団
e0094315_21534643.jpg


京野公子がんばれ!

by hiroseto2004 | 2012-01-09 23:57 | 新しい政治をめざして | Trackback

ヒロシマから最も近い原発 もし、伊方で大事故が起こったら? 

講演会 伊方原発問題を考える
      ―伊方原発反対運動40年の歴史と現状―

日時:2012年1月21日(土)13:30~16:30
場所:広島市国際青年交流会館(アステールプラザの7階です)
     広島市中区加古町4-17
講師:近藤誠さん(伊方原発反対八西連絡協議会、元南海日日新聞記者)
参加費:1000円
主催:ピースリンク広島・呉・岩国
共催:上関原発を止めよう!広島ネットワーク
連絡先:090-3373-5083(新田)

四国電力伊方原子力発電所は、広島市内から南西に100 キロ、1977 年に1号機が運転を開始し、3基合わせて約202 万kWの出力です。福島第一原発事故の状況を見て明らかなように、事故が起これば偏西風と海流によって、広島はもちろん、少なくとも瀬戸内一帯は放射能に汚染されてしまいます。
原発沖6キロに中央構造線という巨大活断層があり、マグニチュード8クラス、最近では南海トラフにより9クラスの地震が起こると指摘され、1.2 号炉は30 年以上のの老朽原子炉であり、地震対策は不充分といわれています。また、3 号炉はプルサーマル運転をしており、猛毒のプルトニウムがまき散らされる可能性のある非常に危険な原発です。

40 年もの間、記者として伊方原発問題をとらえ、反対運動を担ってきた近藤誠さんから、闘いの歴史、伊方原発の危険性や最近の情勢、地元住民の思いを伺い、あきらめない粘り強さを学びたいと思います。近々2 号炉が定検に入り、3基とも止まった状態になります。伊方原発の再稼働を許さず、日本の原子力政策を変えていく世論をつくりましょう。

講師プロフィール:
近藤誠さん(64 歳) は長年、現地反対運動の中心を担ってこられた方です。原発問題の真実を故斎間満さんが創設した南海日日新聞の記者として八幡浜市に移り住み、大手メディアが報道しない原発問題の真実を伝えてこられました。裁判にも関わり、1,2号炉裁判では、本人訴訟で自ら書類を作成し、危険な活断層の問題を争点とされました。3・11福島原発事故以降、毎月11日、ゲート前で伊方原発を止めようと座り込みをされています。
みどり広島(仮称) 2012年第一回会議 
2013年参院選を視野に、参加者みんなで基本政策をつくります!よろしくお願いします!
2012年1月15日(日)16時半から18時
広島市中区袋町 市民交流プラザ 会議室A 
連絡先 事務局長 さとう 090-3171-4437 
参加費:無料

■1■ 【賛同募集】「緑の党」をつくり、国会へ! 賛同者からのメッセージ公開中!
==================================

■「みどりの未来」では、2012年に「緑の党」を結成し、2013年夏の参議院選挙に
挑戦します。この大事業を多くのみなさんとともに進めるため、「呼びかけ」への
賛同者を募っています。ぜひご賛同ください!

オンライン賛同申込フォーム
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
http://greens.gr.jp/sandou/postmail.html
■第2次賛同者リストを発表しました(438名)
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
http://site.greens.gr.jp/article/48198076.html
■賛同者からのメッセージを公開しています
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
http://site.greens.gr.jp/article/52188315.html
記事へのご意見・ご感想はこちら(hiroseto(AT)f2.dion.ne.jp、(AT)を@に変えてください)へどうぞ!
下をクリックお願いします!皆様の1クリックが励みになります!




e0094315_1711491.gif
人気blogランキングへ
mixiコミュニティ さとうしゅういちを励ます
http://mixi.jp/view_community.pl?__from=mixi&id=5528364

‐‐さとうしゅういちを応援してくださっているみなさんが立ち上げてくださいました!ありがとうございます。

さとうしゅういちのツイッター

e0094315_20492750.jpg


井上さちこがんばれ!
http://mixi.jp/view_community.pl?id=2614195



e0094315_1904461.gif
中川圭を励ます(MIXIコミュニティー)
http://mixi.jp/view_community.pl?id=5023058

みんなであたらしい広島県をつくる会
みんなであたらしい広島県をつくる会(MIXI)
湯崎 英彦 (yuzakihide) on Twitter
http://twitter.com/yuzakihide

とくらたかこのブログ

とくらたかこ応援団
e0094315_21534643.jpg


京野公子がんばれ!

by hiroseto2004 | 2012-01-09 19:02 | イベント情報 | Trackback
民主党のマニフェストのひとつは、三年以内に企業団体献金を禁止すること。

しかし、それが実現しないまま、三年が経過しようとしています。

電力会社は、パーティー券購入という「法の穴」を使い、政治家への献金を続け、原発行政を歪めています。

悔やまれるのは2009年に政権交代した直後に、企業団体献金を禁止させられなかったことですね。

上脇博之先生の以下の記事は同感です。

http://blog.livedoor.jp/nihonkokukenpou/archives/51641219.html

(1)2006~2008年にかけて電力9社の常勤役員全員と東京ガスの役員の多くが、自民党の政治資金団体「国民政治協会」に政治献金していること(特に関西電力の役員が2007年・2008年に政治献金していたこと)については、2010年7月末に紹介した

また、電力会社(特に東京電力)の役員の個人献金は組織的なもので企業献金ではないかと指摘したのは、20114月だった。

そして、東京電力が役員献金を差配していたという朝日新聞の報道を紹介したのは、同年10月だった。

(2)東京電力が政治資金パーティー券を購入していたという朝日新聞の報道を紹介したにも、同年同月だった。

そして、朝日新聞は、東京電力が政治資金パーティー券を購入していた政治家10名を報じたのは、昨日だった。
朝日新聞
東電、10議員を「厚遇」 パーティー券を多額購入

 東京電力が電力業界での重要度を査定し、自民、民主各党などで上位にランク付けしてパーティー券を購入していた計10人の国会議員が判明した。電力会社を所管する経済産業省の大臣経験者や党実力者を重視し、議員秘書らの購入依頼に応じていた。1回あたりの購入額を、政治資金収支報告書に記載義務がない20万円以下に抑えて表面化しないようにしていた。
 また、東電の関連企業数十社が、東電の紹介などにより、多数の議員のパーティー券を購入していたことも判明した。
 複数の東電幹部によると、東電は、電力業界から見た議員の重要度や貢献度を査定し、購入額を決める際の目安としていた。2010年までの数年間の上位ランクは、いずれも衆院議員で、自民では麻生太郎、甘利明、大島理森、石破茂、石原伸晃の5氏、元自民では与謝野馨(無所属)、平沼赳夫(たちあがれ日本)の2氏。民主では仙谷由人、枝野幸男、小沢一郎の3氏だった。
(大阪本社版の第一社会面では私のコメントが紹介されているが、無料のインターネット版では紹介されてはいない。)

(3)電力会社は役員側が自民党の政治資金団体「国民政治協会」に献金し、その労働組合が民主党に政治献金しているのは、政治資金収支報告書で判明していた。
前者の役員献金も電力会社の組織的なものであることは、東京電力の場合、前述した朝日新聞のスクープ報道で判明している。

(4)電力会社が政治資金パーティー券を購入していたのは、政治資金収支報告書では不明であるが、東京電力の場合、前述の朝日新聞のスクープ報道で判明している。

そして、東京電力がその政治資金パーティー券を購入していたのが、10名の国会議員議員の政治団体主催のものであったを、昨日、朝日新聞がスクープ報道したわけである。

その10名とはいずれも衆議院議員であり、麻生太郎、甘利明、大島理森、石破茂、石原伸晃の5氏の自民党議員、無所属の与謝野馨、「たちあがれ日本」の平沼赳夫の元自民党2氏、民主党では仙谷由人、枝野幸男、小沢一郎の3氏であったという。

つまり、東京電力の場合、いわゆる企業・団体献金は原発推進の保守政党の側へなされ、政治資金パーティー券購入は保守政治家の側へなされていたわけである。

(5)上記自民党以外の保守政治家が、原発政策において自民党議員と同じように大なり小なり原発推進であることを確認しておこう。

まず、与謝野馨議員である。
与謝野氏は、すでに紹介したように、大学卒業後、「中曽根さんの推薦する日本原子力発電に入社」しているし、2011年4月現在、顧問の一人が東京電力会長・勝俣恒久氏である「財団法人ジョン万次郎ホイットフィールド記念国際草の根交流センター」の副会長である。

東京電力の福島原発事故発生のほぼ1ヶ月後当時経済財政大臣だった与謝野氏の発言を紹介しておこう。
朝日新聞2011年4月15日10時54分
「原発推進は決して間違いではない」 与謝野経財相

 与謝野馨経済財政相は15日の閣議後の記者会見で、「今後も日本経済にとって、電力供給にとって、原子力発電は大事だ。(原発を)推進してきたことは、決して間違いではない」と述べ、東京電力福島第一原発事故を受けても「原子力は必要なエネルギー源」との認識を示した。
 与謝野氏は日本原子力発電出身で、通産相などとして原発を推進してきた。原発の安全性について「言い訳がましいことは言いたくないが、最良の知見、最善の知識、最良の技術でベストなものをその当時は作ったと確信をしていた」と説明。「原発を推進してきた立場として今回の事故に謝罪をするつもりはないか」という記者の質問に対し、「ないです」と述べた。


(6)次に、平沼赳夫氏である。
平沼氏は、東京電力の福島原発事故から1ヶ月も経過しない2011年3月末に原発継続を表明していたことは、すでに紹介した。

平沼氏は、2011年5月末、「地下式原子力発電所政策推進議員連盟」超党派で発足させ、その会長を務めている。
朝日新聞2011年5月21日0時59分
原発の地下建設推進、議連発足へ 与野党党首ら超党派

 4人の首相経験者や与野党党首が顧問に名を連ねる「地下式原子力発電所政策推進議員連盟」が31日に発足する。表向きは勉強会だが、名前を連ねるベテランの顔ぶれから、大連立や政界再編に向けた布石との臆測も呼びそうだ。
 議連の顧問には民主党の鳩山由紀夫氏、羽田孜氏、自民党の森喜朗氏、安倍晋三氏の首相経験者のほか、谷垣禎一総裁、国民新党の亀井静香代表らが名を連ねた。たちあがれ日本の平沼赳夫代表が会長に就いた。
 地下式原発は地下に建設される原発。事故の際に容易に地下に封じ込められる利点があるという。三木内閣当時に検討が始まり、1991年に自民党内に勉強会が発足していた。

時事通信(2011/05/31-19:00)
「地下式原子力発電所政策推進議員連盟」超党派で発足…会長にたちあがれ日本の平沼氏、顧問に自民の森氏、民主の石井氏
与野党の有志による「地下式原子力発電所政策推進議員連盟」が 31日発足し、衆院議員会館で初会合を開いた。たちあがれ日本の平沼赳夫代表が会長に就任。自民党の森喜朗元首相、民主党の石井一副代表らが顧問となり、二十数人が出席した。政界再編や大連立を視野に入れた動きとの見方もある。
 平沼氏は福島第1原発事故を受け、「地下に原発を造ることは 安全性の面から意義がある」と強調。地下式原発は耐震性に優れ、 放射性物質が漏れても地中に封じ込められる利点があるという。


(7)次に民主党の仙谷由人、枝野幸男、小沢一郎の3議員である。

まず、仙谷議員。
NEWSポストセブン6月13日(月)16時0分 ※週刊ポスト2011年6月24日号
“電力のドン”目指す仙谷由人氏 原発輸出の再開に動き出す
 政府は菅直人首相の退陣論が高まりつつあった5月24日、内閣官房に「東京電力に関する経営・財務調査委員会」の設置を決定した。同委は東電の遊休資産や経営の無駄、不透明な取引をあぶり出して被災者への補償金を捻出する役割を担う。
 委員の人選は仙谷由人・官房副長官と枝野幸男・官房長官が主導し、仙谷氏は自ら経営・財務調査委員会の下で総資産14兆円という東電の経営状態を実際に調査するタスクフォースのチーム長に就任した。官房副長官が民間企業への“マルサ部隊”を率いるなど前代未聞だが、それは東電の生殺与奪を仙谷氏が握ったことに他ならない。
 元経産官僚の岸博幸・慶応義塾大学大学院教授がこう語る。
「東電は政治献金や選挙支援で多くの議員に影響力を持ち、経産省とも表裏の関係にあり、さらに経団連の中枢企業でもある。その東電の財務情報には、電力族議員との癒着を示す材料など、表には絶対に出せない秘密が数多くあることは間違いないでしょう。それを掌握した政治家は“新たな電力のドン”になることを意味します」
 それを狙う仙谷氏が次に打ち出したのは、大震災でストップしていた原発輸出の推進だ。
 菅首相が退陣を表明した6月2日、都内ホテルで仙谷氏主催の歓迎夕食会が開かれた。ゲストは日本が原発輸出を計画しているベトナムのチュオン・タン・サン次期国家主席である。
 仙谷氏と前原誠司・前外務大臣はベトナムへの原発輸出を推進してきた両輪である。2人は昨年5月にベトナムを訪問し、東電を中心とする日本企業連合の受注を成功させた。しかし、原発事故が起きると海江田万里・経産相は「安全性が確定するまで原発輸出は足踏み状態にならざるを得ない」と慎重論を唱え、計画が中断していた。
 ところが2人は、不信任案騒動のドサクサの中、輸出再開に舵を切る好機とばかりに動いたのである。
 前原氏は6月1日にサン氏と会談、2日は仙谷氏が歓迎夕食会を開催。いずれもメディアの取材は不可だったが、前原氏は5日に民放テレビに出演し、「次期主席は原子力の契約は変えるつもりはないと表明してくれた。原発も安全性を高めて海外に売っていくことが大事だ」と自慢気に語った。
 ちなみに2日の夕食会の費用は、「幹事長の了解を得て党でもちました」(民主党幹事長室)という。

(2012年1月8日10時49分 読売新聞)
仙谷氏「原発の再稼働が相当程度必要」

 民主党の仙谷由人政調会長代行は7日、徳島市で講演し、定期検査で運転停止中の原子力発電所について、「風力や太陽光の発電装置を作り、送電網を引くには時間がかかる。やはり(原発の)再稼働が相当程度必要だ。原油や天然ガスを倍くらい買わないと電力供給が安定しない」と述べ、政府は再稼働を決断するべきだとの考えを示した。

(8)枝野幸男議員。

枝野議員は、前述した与謝野大臣(当時)の原発推進発言に賛同してはいなかった。
2011年4月15日22時9分
与謝野氏の原発推進発言に不快感 枝野長官

 枝野幸男官房長官は15日の記者会見で、自民党時代から原発を推進してきた与謝野馨経済財政相が「推進してきたことは決して間違いではない」と発言したことについて「与謝野氏の個人的な見解だ。内閣としては今回の事態を受け、ゼロベースで検証を行う」と述べ、不快感を示した。
 福島第一原発事故を受け、与謝野氏は15日の閣議後会見で原発の安全性について「ベストなものをその当時はつくったと確信をしていた」と説明し、謝罪の必要性は「ない」と述べた。
 これに対し、枝野氏は会見で「検証の結果に基づいて今後の原子力政策、エネルギー政策については一から議論すべきだ」と強調した。菅政権は事故の収束にメドが立った時点で第三者委員会を設置し、自民党政権時代の政策を含めて経済産業省原子力安全・保安院、東京電力、原子力安全委員会の問題点を浮き彫りにする方針だ

とはいえ、枝野氏は、原発推進に反対でもなかったようで、原発の輸出を肯定していることは、すでに紹介した。
また、昨年末、原発再稼働の可能性を公言している。
産経新聞2011.12.27 20:05
「理解得られれば再稼働」枝野経産相 ストレステスト視察で発言

 枝野幸男経済産業相は27日、原発関連機器を製造している三菱重工業神戸造船所(神戸市兵庫区)を訪れ、原発のストレステスト(耐性検査)の実施状況などを視察した。
 現在停止中の原発の再稼働は、同テストの評価結果が前提となるが、枝野経産相は「(原発立地の)住民の理解が得られれば再稼働する」と述べるにとどめ、具体的な時期については明言を避けた。
 枝野経産相はこの日、関西電力などからの委託を受けて、神戸造船所が実施している加圧水型原子炉(PWR)のストレステストの作業状況を視察。あわせて災害などにより、原発が全電源を喪失した場合のシミュレーションなどについて説明を受けた。
 視察後、枝野経産相は原子力の安全確保に向け「ストレステストを正確にやってもらうことが重要」と強調。その上で、再稼働に向けた最終的な判断については「事故調査・検証委員会の中間報告も踏まえ、しっかりチェックをしたうえで、原発立地周辺の住民の一定の理解を得ることが必要」と述べ、立地自治体の同意が重要との見解を示した。
 電力各社は1次評価報告書を相次いで提出しているが、国の審査は長引いており、評価結果が出る時期は不透明なままだ。
 神戸造船所では、地震や津波に対する原子力プラントの耐久性や、原子炉を正常に停止する機能の維持などについてストレステストの評価を実施しており、1つのプラントにつき2カ月程度かかるという。

(9)小沢一郎議員については、すでに、原発推進であり、事故を起こした東京電力の責任さえ否定していたことは、すでに紹介した。

(10)政治資金パーティー券は対価・経費を除く8~9割が政治家側の収益で、実質的な企業献金であることは、すでに指摘した。

長年、過剰なパーティー券を販売していれば、売る側も買う側も、実質的な企業献金だと認識しているはずである。

東京電力が、大量のパーティー券を購入しながら、その大半を使わずに欠席しているようで、不参加の分は100%寄付である。

政治資金規正法では、政党以外は企業献金を受け取ることができない。
政党支部以外の政治団体が東電のパーティー券代を受け取っていた場合、パーティーの実費を除く部分は、事実上の企業献金を脱法的に受け取っていることになる。
つまり、違法献金。

(11)東電は1970年代に企業献金自粛を公言していた。
にもかかわらず、実質的な企業献金であるパーティー券購入の事実は、その自粛方針を遵守していないことになる。

電力会社は、公益性が高い地域独占企業である。
それゆえ電力会社はパー券を含め政治献金には説明責任がある。
事故が起きた今、政治献金の透明化はなおさら求められる。
しかし、東電は、現在も、パーティー券が実質的な「企業献金」だと認めておらず、全く反省していない。

(12)原発の安全神話は電力会社と政治家の癒着によってつくられた。
電力会社は「いざというときによろしく」と頼むつもりで、政治家を値踏みし、資金提供をしてきた。
現在、自民・民主両党の議員とも、事故を起こした東電への責任追及が甘く、原発の安全神話をつくってきたことへの反省が全く見られない。
政権交代後も原発輸出方針は変更されず脱原発とは言い難い。

東電は、政治家や学者、自治体の首長らとの癒着の構図、資金の流れをすべて明らかに
し、全役員が辞職するなど、徹底的に反省すべきだ。
反省が無いままに電気料金を値上げしても国民の理解は得られない。

(13)民主党は、政権交代前は、パーティー券を含む企業・団体献金全面禁止の法案を国会に提出していたが、政権交代後は、同法案を提出していない。

小沢一郎議員が幹事長時代にこの公約も反故にし、現在に至っている。
政権交代直後に、同法案を提出し、企業・団体献金の全面禁止を実現していたら、事故を起こした東京電力の責任追及も厳しくなり、国の原発政策も今より脱原発へと大きく方針転換していた可能性があるのではないか、と悔やまれる。

このままでは、原発政策や東京電力の責任追及を含め日本の政治は国民から遊離した財界政治が続くだろう。



みどり広島(仮称) 2012年第一回会議 
2013年参院選を視野に、参加者みんなで基本政策をつくります!よろしくお願いします!
2012年1月15日(日)16時半から18時
広島市中区袋町 市民交流プラザ 会議室A 
連絡先 事務局長 さとう 090-3171-4437 
参加費:無料

■1■ 【賛同募集】「緑の党」をつくり、国会へ! 賛同者からのメッセージ公開中!
==================================

■「みどりの未来」では、2012年に「緑の党」を結成し、2013年夏の参議院選挙に
挑戦します。この大事業を多くのみなさんとともに進めるため、「呼びかけ」への
賛同者を募っています。ぜひご賛同ください!

オンライン賛同申込フォーム
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
http://greens.gr.jp/sandou/postmail.html
■第2次賛同者リストを発表しました(438名)
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
http://site.greens.gr.jp/article/48198076.html
■賛同者からのメッセージを公開しています
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
http://site.greens.gr.jp/article/52188315.html
記事へのご意見・ご感想はこちら(hiroseto(AT)f2.dion.ne.jp、(AT)を@に変えてください)へどうぞ!
下をクリックお願いします!皆様の1クリックが励みになります!




e0094315_1711491.gif
人気blogランキングへ
mixiコミュニティ さとうしゅういちを励ます
http://mixi.jp/view_community.pl?__from=mixi&id=5528364

‐‐さとうしゅういちを応援してくださっているみなさんが立ち上げてくださいました!ありがとうございます。

さとうしゅういちのツイッター

e0094315_20492750.jpg


井上さちこがんばれ!
http://mixi.jp/view_community.pl?id=2614195



e0094315_1904461.gif
中川圭を励ます(MIXIコミュニティー)
http://mixi.jp/view_community.pl?id=5023058

みんなであたらしい広島県をつくる会
みんなであたらしい広島県をつくる会(MIXI)
湯崎 英彦 (yuzakihide) on Twitter
http://twitter.com/yuzakihide

とくらたかこのブログ

とくらたかこ応援団
e0094315_21534643.jpg


京野公子がんばれ!

by hiroseto2004 | 2012-01-09 18:11 | 選挙制度・政治改革 | Trackback
緑の党結成へむけた会議・・議論ふまえ、はしもと博明衆院議員打倒の構え継続へ!

わたくし、さとうしゅういちは、1月9日、地元安佐南区の古市橋駅前、ユアーズ大町店前、イオンモール祇園店前、祇園二丁目北交差点で街頭演説を実施。

衆院選で消費税増税推進・TPP推進、原発輸出推進の野田政権及び広島3区のはしもと(橋本)博明衆院議員を打倒すると共に、国政選挙でみどりの党としてキャスティングボードを握り、持続可能な日本をつくる決意を表明しました。


みどり広島(仮称) 2012年第一回会議 
2013年参院選を視野に、参加者みんなで基本政策をつくります!よろしくお願いします!
2012年1月15日(日)16時半から18時
広島市中区袋町 市民交流プラザ 会議室A 
連絡先 事務局長 さとう 090-3171-4437 
参加費:無料

■1■ 【賛同募集】「緑の党」をつくり、国会へ! 賛同者からのメッセージ公開中!
==================================

■「みどりの未来」では、2012年に「緑の党」を結成し、2013年夏の参議院選挙に
挑戦します。この大事業を多くのみなさんとともに進めるため、「呼びかけ」への
賛同者を募っています。ぜひご賛同ください!

オンライン賛同申込フォーム
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
http://greens.gr.jp/sandou/postmail.html
■第2次賛同者リストを発表しました(438名)
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
http://site.greens.gr.jp/article/48198076.html
■賛同者からのメッセージを公開しています
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
http://site.greens.gr.jp/article/52188315.html
記事へのご意見・ご感想はこちら(hiroseto(AT)f2.dion.ne.jp、(AT)を@に変えてください)へどうぞ!
下をクリックお願いします!皆様の1クリックが励みになります!




e0094315_1711491.gif
人気blogランキングへ
mixiコミュニティ さとうしゅういちを励ます
http://mixi.jp/view_community.pl?__from=mixi&id=5528364

‐‐さとうしゅういちを応援してくださっているみなさんが立ち上げてくださいました!ありがとうございます。

さとうしゅういちのツイッター

e0094315_20492750.jpg


井上さちこがんばれ!
http://mixi.jp/view_community.pl?id=2614195



e0094315_1904461.gif
中川圭を励ます(MIXIコミュニティー)
http://mixi.jp/view_community.pl?id=5023058

みんなであたらしい広島県をつくる会
みんなであたらしい広島県をつくる会(MIXI)
湯崎 英彦 (yuzakihide) on Twitter
http://twitter.com/yuzakihide

とくらたかこのブログ

とくらたかこ応援団
e0094315_21534643.jpg


京野公子がんばれ!

by hiroseto2004 | 2012-01-09 10:53 | 参院選2013 | Trackback