エコでフェアでピースな世界をヒロシマから国政へ!成長戦略から成熟戦略。誰もが置きざりにされない社会を。核兵器も原発もない世界を。役人からヘルパーへ。庶民増税より格差是正。ヒロシマの心活かす市民発・政界再編。


by hiroseto2004

2012年 01月 26日 ( 1 )

平成24年度介護報酬改定 発表

2012年医療・介護報酬同時改定

介護報酬の改定について

基本的考え方

地域包括ケアの基盤強化

医療・介護の役割分担と連携強化

認知症にふさわしいサービスの提供

質の高い介護サービスの確保

全体として
・急性期、医療区分重度者、認知症重度者への対応強化と機能分化
・国全体としては、療養病床などに貼り付けていた医療資源を、「急性」、「重度者」、「認知症者」向けと「在宅医療」にシフトする方向性
・「施設から在宅へ」の流れ

全体で+1.2%
在宅分 1.0%
施設分 0.2%

介護保険地域区分単価の変更
大都市部に手厚く上乗せ。その分、基本単価は0.6%引き下げ!
広島市 特定施設入居者生活介護 1単位
乙地:10.23円→5級地(2012-2014年度):10.27円

介護報酬:基本単価の見直し
地域区分単価改定(全体で-0.6%)
デフレによる物件費引き下げ
「施設から在宅へ」の流れ
処遇改善交付金(自民党政権時代)は廃止
(特定施設の場合)3%の処遇改善加算を設置(手続きは、従前の交付金に類似)。

サービス別加算率
訪問介護 4%
訪問入浴介護 1.8%
通所介護 1.9%
通所リハビリテーション 1.7%
短期入所生活介護 2.5%
短期入所療養介護(老健) 1.5%
短期入所療養介護 1.1%
特定施設入居者生活介護 3.0%
定期巡回・随時対応型訪問介護看護 4.0%
介護老人福祉施設 2.5%
介護老人保健施設 1.5%
介護療養型医療施設 1.1%

つづきはこちらをどうぞ!
by hiroseto2004 | 2012-01-26 20:36 | 介護・福祉・医療 | Trackback(2)