エコでフェアでピースな世界をヒロシマから国政へ!成長戦略から成熟戦略。誰もが置きざりにされない社会を。核兵器も原発もない世界を。役人からヘルパーへ。庶民増税より格差是正。ヒロシマの心活かす市民発・政界再編。


by hiroseto2004

2014年 09月 29日 ( 4 )

自らも緑井8丁目で被災した県議予定候補(安佐南区選挙区)つくだ守生さん。

引き続き、八木3丁目を視察しました。

https://www.facebook.com/morio.tsukuda/posts/513932245410080

きょうは八木3丁目の被災地で家三軒が流されて壊滅し、13名が亡くなった現場で、被災者の方から当時の惨状をうかがいました。壊滅した家屋は、跡形もない瓦礫と化し、家電製品もこなごなに。この上方の沢に砂防堰堤をつくる計画ですが、こんな急斜面に技術的に可能なのだろうか。




https://www.facebook.com/photo.php?fbid=513795495423755&set=a.453323561470949.1073741825.100003799285366&type=1&permPage=1
安佐南区緑井8丁目の我が家周辺です。土石流が直撃した
民家から出てきた土砂を詰めた土嚢と瓦礫の山が、片付けても片付けても次々と積みあがっております。土石流直撃世帯は、まだまだ復旧途上です





by hiroseto2004 | 2014-09-29 20:42 | 広島土砂災害(広島豪雨災害) | Trackback

http://ameblo.jp/mira1105/entry-11931968740.html

映画「さよなら渓谷」http://sayonarakeikoku.com/ を見た。


『悪人』『横道世之介』などの原作者として知られる芥川賞作家・吉田修一の小説を、

『まほろ駅前多田便利軒』などの大森立嗣監督が映画化。

幼児が殺害された事件をきっかけに暴かれる一組の夫婦の衝撃的な秘密を描きながら、

男女の愛と絆を問う。

愛と憎しみのはざまで揺れるヒロインの心情を、

『ベロニカは死ぬことにした』などの真木よう子がリアルに体現。

その夫役には『キャタピラー』などの大西信満がふんするほか、

大森監督の実弟である大森南朋をはじめ、井浦新、新井浩文ら実力派が名を連ねる。

一見、平凡な夫婦がある事件の加害者と被害者という関係。

真木よう子扮する主人公が

「私たちは幸せになるために一緒にいるんじゃない」と

放ったとてもセリフが印象的。

あと、ひさびさに見た鈴木杏が

大人になっていて雰囲気が変わっていて驚きました。


by hiroseto2004 | 2014-09-29 20:36 | 田口まゆさんを励ます | Trackback
TPP違憲訴訟へのご参加をよろしくお願いします!

憲法の知る権利や生存権、幸福追求の権利などを侵害するのがTPPです。
民主主義を骨抜きにし、官僚同士の談合で、一部の大手企業に有利な仕組みにしようというのがTPPです。
欧州連合(EU)の場合は、各国で国民投票などが行われました(イギリスでは脱退の是非を問う国民投票が予定されています)。
EUと比べても、民主主義が不在という大きな問題点があります。

わたくし・さとうしゅういちがお世話になっている山田正彦・元農水大臣(弁護士)も、幅広い有識者に声をかけ、話し合いをして、今回の訴訟の形をとった運動となりました。

政治的にTPPを止めることももちろんあきらめてはいけませんが、訴訟を通じても、イラク派兵違憲や、大飯原発差し止めに続く快挙としましょう。

お名前 送付先の住所 連絡先番号 原告希望は明記ください。

受付後に入会申込書や情報開示ができ次第 事務局から連絡又は郵送させていただくとのことです。

1)「TPP交渉差止・違憲訴訟の会」設立準備会事務局のメールアドレス   tppikenn@yahoo.co.jp

2) 事務所FAX  03−5211−6886

直接の事務所への電話は、不在も多く 記録も残らず対応の行き違いが生じます。できるだけ、メールかFAXをお知らせしてください。

http://www.tokyo-np.co.jp/article/economics/news/CK2014092502000152.html

 環太平洋連携協定(TPP)交渉は憲法の知る権利や生存権、幸福追求の権利などを侵害するとして、違憲確認と交渉の差し止めを求める「TPP交渉差し止め・違憲訴訟の会」の準備会が二十四日、正式に発足し、都内で初会合を開いた。

 呼び掛け人の一人で、自衛隊イラク派兵差し止め訴訟の会代表を務めた池住義憲立教大教授は「TPPで農村でも都市でも国民がさまざまな権利侵害、苦痛を受けることが明らか。憲法の平和的生存権が脅かされる」と強調した。別の呼び掛け人の岩月浩二弁護士も「政府は国民に情報を知らせず、密談で利益至上主義を進めようとして、憲法の国民主権を『資本家主権』に書き換えようとしている」と指摘した。

 同会によると、呼び掛け人には歌手の加藤登紀子さんや経済学者の宇沢弘文東大名誉教授に加え、二十三日現在で女優の木内みどりさん、ジャーナリストの高野孟さん、堤未果さん、音楽家の三宅洋平さん、元外務省国際情報局長の孫崎享さんら約三十人が名前を連ねている。準備会では、原中勝征前日本医師会会長を代表とする役員人事と設立趣意書を承認。国民に対して一人二千円の支出で原告団への参加を呼び掛け、年内に提訴する方針。

 問い合わせは、同会=電03(5211)6880。電子メール=tppikenn@yahoo.co.jp


by hiroseto2004 | 2014-09-29 20:26 | 憲法 | Trackback
【火山の噴火が予知できないなら】
気象庁は今回の御嶽山噴火は予知が難しい、としています。
さて、川内原発は、いつ九州全体に被害が及ぶような噴火があってもおかしくない、巨大な火山の側にあります。
やはり、川内原発は廃止しかないでしょう。
例え数日前に噴火を予知できても核燃料持ち出しは難しいですね。
廃止作業が終わるまでに噴火がないことを祈るしか、すべはないです。
by hiroseto2004 | 2014-09-29 17:08 | 事故・災害・事件 | Trackback