エコでフェアでピースな世界をヒロシマから国政へ!成長戦略から成熟戦略。誰もが置きざりにされない社会を。核兵器も原発もない世界を。役人からヘルパーへ。庶民増税より格差是正。ヒロシマの心活かす市民発・政界再編。


by hiroseto2004

2014年 10月 18日 ( 5 )

緑井8丁目で被災した県議予定候補・つくだ守生さん。

10月17日は、8か所で頑張りました!

被災者の代表を安佐南区から県議会へ!
県議の仕事は海外旅行より災害対策。
海外派兵より災害対策を!
庶民増税より再分配強化を!
災害大国ニッポンに原発いらないの声を被爆地・被災地から!


https://www.facebook.com/photo.php?fbid=523275021142469&set=a.453323561470949.1073741825.100003799285366&type=1&theater


きょうは昼と夕方のスーパー前宣伝を8ヶ所で行いました。途中、生健会うたごえサークルのメンバーが宣伝の応援に加わってくださいました。写真は、安東の生協ひろしまCOOP店前での私つくだの訴えです。

by hiroseto2004 | 2014-10-18 17:54 | つくだ守生(突田守生)を勝手に励ます | Trackback
【集会・記者会見】リニア新幹線認可を受けての対国交省・環境省抗議集会

http://youtu.be/kl9CuFOynbc?list=UUhjEbWVGnGHhghoHLfaQOtA




最初に辻村千尋さん(日本自然保護協会)から




【緊急院内抗議集会・政府交渉】リニア新幹線認可を受けての対国交省・環境省抗議集会

http://youtu.be/IfaAVLvxy9M?list=UUhjEbWVGnGHhghoHLfaQOtA




<転載>
2014/10/17 に公開
※当初は「リニア新幹線の工事認可をするな!院内集会」の予定でしたが、当日午前中、­国交大臣による工事認可の報道がされたため、急遽抗議集会となりました。


【日本自然保護協会/公共事業改革市民会議/リニア新幹線を考える沿線住民ネットワー­ク】
リニア新幹線工事実施計画書が提出され、現在国交省が審査をしています。私たちはこの­巨大プロジェクトが南アルプスの自然破壊や、地下水の枯渇や河川の流量減少を招き、膨­大な工事残土の運搬や処理によって沿線住民の生活に重大な影響を与えると指摘し、国交­大臣に対して、リニア計画の中止を求めて声を上げてきました。国民に十分な説明も無く­、理解を得られない事業は直ちにやめるべきです。
国交省や環境省もJR東海を責任をもって指導すべきであり、不明な点はJR東海に質し­て私たちに説明することが求められます。
上記の日時で、改めて両省に対し不明な点を聞き、その上で、リニア新幹線に対する私た­ちの今後の活動について話し合います。
13:30~15:30 国交省、環境省交渉
15:30~16:30 報告:まさのあつこさん(公共事業改革市民会議)、辻村千尋さん(日本自然保護協会)
沿線各地域や公共事業に取り組むグループからの報告、今後の活動について


(撮影・配信 UPLAN)

・・・・・・

静岡のテレビニュース
http://youtu.be/JX0bk0gRHZY

中日新聞
http://www.chunichi.co.jp/article/shizuoka/20141018/CK2014101702000271.html
リニア認可 南ア環境、不安消えず
残土置き場候補地で説明を聞く首長ら=10日、静岡市葵区の南アルプス、燕沢で
写真
 静岡市北部の南アルプス地下にトンネルを掘削し一〇・七キロを貫通するリニア中央新幹線。JR東海は工事に伴い大井川の水量が最大で毎秒二トン減ると予測し、掘削で発生する残土三百六十万立方メートルを国連教育科学文化機関(ユネスコ)エコパークに推薦された現地の燕(つばくろ)沢など七カ所に置くと説明している。静岡県は南アルプスの自然環境保全や大井川の水量確保、環境監視体制の確立などをJR東海に求めている。

 大井川の水量減については、川勝平太知事や流域九市町の首長が懸念を示している。知事らは大井川の漏水防止対策、水量が減少する場合の代替水源開発を要請。県は中央新幹線環境保全連絡会議を設置し、JRが参加する形で工事中、工事後も調査を行い、水量の変化を監視する考えだ。知事は「自然環境、生活環境への悪影響が出たり大井川の流量減少が生じたりした場合、体を張って納得のいく対応をJR東海に求める」と表明している。

 知事はトンネル掘削に伴う七カ所の残土置き場の一つ、扇沢(静岡市葵区)について「重大な環境影響を与える恐れがある」と使用しないことを含め検討することも求めている。

 環境保全を理由に反対している県民グループ「南アルプスをリニアから守る静岡集会」共同代表の松谷清静岡市議は「残土の処理や、大井川の水量減少などの問題の解決策が示されてから認可を出すべきだった」と指摘。「県や市からの懸念がきちんと受け止められたとは思えない。国土交通省の判断はあまりに拙速だ」と批判した。

 南アルプスの玄関口、静岡市葵区井川地区選出の安竹信男市議は「JR東海が開いてきた地元住民への説明会では誠意は伝わってこない。着工して本当に自分たちの生活や自然環境が守られるのか不安の声が多い」と話す。

 三百六十万立方メートルの残土処理や大井川の毎秒二トン減水など先行き不透明な課題が残っていることを指摘。「JR東海は『地元に迷惑はかけない』と繰り返すだけで、具体的な対処方法を示していない。減水についても補償すると言うが、自然を金で買うような行為は許されない」と憤った。

・・・・・FBしずおかハートさんより以下転載・・・・・・・・

しずおかハートNet
動画まとめ 2014.10.17
【リニア中央新幹線工事認可 静岡県の場合】

リニア工事着工の認可が下りた10月17日の夕方のニュースをまとめました。

■SBS (3分47秒)
http://youtu.be/VjEVKT9MKDQ

■静岡だいいちテレビ (2分37秒)
http://youtu.be/HQCnahT9KHs

■静岡朝日テレビ(2分11秒)
http://youtu.be/JX0bk0gRHZY

☆参考
静岡県議会 川勝知事
リニア中央新幹線の工事開始に関する対応 再答弁 H26.10.1
http://youtu.be/HQC_p0Ugv-8



・・・・・・・・・・・・・

東京新聞:環境・採算不安 積み残し 巨額リニア 見切り発車 :社会(TOKYO Web) http://t.co/zZQOICgwU9
by hiroseto2004 | 2014-10-18 17:47 | 環境・街づくり | Trackback

【超緊急署名】川内原発再稼働:地元同意手続きを進めないでください?締切10月19日17時

杉原浩司(福島原発事故緊急会議/緑の党 脱原発・社会運動担当)です。
[転送・転載歓迎]

川内原発の再稼働をめぐる地元での攻防が一気に緊急事態を迎えています。
満田夏花さん(FoE Japan)の呼びかけを転送します。ぜひ緊急署名にご
協力ください。締切は19日(日)17時です。一人でも多くの方に広めてください。

------------------------------------

みなさま(重複失礼・拡散歓迎)

FoE Japanの満田です。
川内原発の再稼働が風雲急を告げています。

鹿児島県知事は、審査書の住民説明会について、圧倒的に反対意見が多か
ったのにもかかわらず、「理解が進んだ」と述べています。薩摩川内市議
会は今月中にも再稼働について判断、県議会も来月には判断との動きとな
っています。

急遽ですが、10月20日、鹿児島県議会議長および鹿児島県知事あてに、下
記の要請書を提出します。(まだアポはとれていませんが、薩摩川内市議
会議長にも提出を試みます)
個人署名および団体賛同を募っています。ぜひ、ご署名&拡散にご協力く
ださい。

【超緊急署名】川内原発再稼働:地元同意手続きを進めないでください
http://311.blog.jp/archives/15051826.html
個人署名フォーム:https://pro.form-mailer.jp/fms/a15a45e766803
団体賛同フォーム:http://goo.gl/qHcPil
締め切り:10月19日(日)17時
------------------------------------
2014年10月20日
鹿児島県知事 伊藤祐一郎 様
鹿児島県議会議長 池畑憲一 様
鹿児島県議会議員各位

川内原発の安全は、審査書だけでは保障されていません
県民の反対の声を無視して、地元同意手続きを進めないでください
再稼働についての意見をきく公聴会を開催してください

10月9日から、鹿児島県5箇所で、川内原発の審査書に関する説明会が開催
されました。発言した県民のほとんどが、審査書に対する疑問や、避難計
画についての批判、再稼働への反対を訴えました(注)。

注)知事は、アンケートにより「県民の理解が進んだことを確認」と発言
しましたが、アンケートは、理解できなかった項目について問う内容であ
り、再稼働の同意について判断を下すことはできません。

川内原発の審査書は、火山審査が専門家抜きに行われたこと、基準地震動
に過小評価があること、重大事故時に汚染水による放射能拡散を防ぐ対策
がないことなど、欠陥だらけであり、多くの専門家が疑義を唱えています。

また、工事計画や保安規定の審査はまだ終了していません。
耐震性の確認や、いざというときの原発の停止や核燃料の運びだしなどは、
具体的な対策は、工事計画および保安規定で審査されることになります。

避難計画の実効性について、審査が行われていないことも問題です。

先日、経済産業省資源エネルギー庁は、国会議員との会合の中で、「県か
らの要請があれば、工事計画や保安規定についての説明など追加の説明会
を開催することもできる」と発言しました。

全国の目がいま、鹿児島県に注がれています。県民がいかに反対しても、
このまま強引に再稼働手続きが進められてしまうのではないかと、多くの
人たちが心配しています。

以下、要請いたします。
地元同意手続きを進めないで下さい。
国に対して、保安規定や工事計画認可に関する説明会の開催を求めて下さい。
県民の声をきくための公聴会や、賛否を議論する公開討論会を開催してください。

呼びかけ:
原子力規制を監視する市民の会
反原発・かごしまネット
玄海原発プルサーマルと全基をみんなで止める裁判の会
福島老朽原発を考える会
美浜・大飯・高浜原発に反対する大阪の会(美浜の会)
グリーン・アクション
FoE Japan

連絡先:原子力規制を監視する市民の会/FoE Japan 満田夏花
メールアドレス:XLA07655★nifty.com (★を@に変えて送信してください)
携帯:090-6142-1807

--
満田夏花 MITSUTA Kanna
携帯:090-6142-1807
【FoE Japan新住所】8月27日より
〒173-0037 東京都板橋区小茂根1-21-9
Tel:03-6909-5983 Fax:03-6909-5986

by hiroseto2004 | 2014-10-18 17:45 | エネルギー政策 | Trackback
【避難勧告ほぼ解除も長期的対策はこれから!】
安佐南区でも避難勧告は昨日、大半は解除されました。
二〇世帯三七人が避難しておられると報じられています。
だが、実際には、自力でアパートやマンションを借りて避難しておられるという方も多い。県が提供してくれた住宅も職場から遠いなどの事情でやむなく自力で住宅を確保した人も多い。
東日本大震災では、自力避難者にも家賃補助が出ています。
広島でも是非とも実現していただきたいです。
また、コミュニティーごと避難するケースが多い農村部の災害(東日本大震災の被災地の多くは農漁村でしたが)と違い、バラバラに自力で自分で借りたアパートや広島市内の被災していない地区の親戚宅などに避難する人が多い大都市型災害です。
それだけに避難者が孤立しないような支援策、特に情報提供が息長く必要だと思います。
by hiroseto2004 | 2014-10-18 12:58 | 広島土砂災害(広島豪雨災害) | Trackback
e0094315_18164035.jpg
わたくし・さとうしゅういちは、10月18日朝、古市橋駅前で街頭演説を行いました。
第一に、99%の一般市民が1%のための政治になっている現状を変えるには1日当たり5分、政治に時間を使えばいい、と提案。1人の金と権力がある人が1日八時間480分権力維持に努力していたとしても99人が1日当たり5分努力すれば495分になる。と指摘しました。

第二に10月26日、広島でもストップ川内原発広島集会が一三時半から広島市青少年センターであることを紹介しました。



第三に、土砂災害発生までは何度も住民から視察要請があっても県議が来なかった危険個所が安佐南区にもある一方で、年六回も海外旅行に税金で行く県議がいると指摘。
最高裁で山梨県議会の海外旅行が違法とされており、広島県議会も是正すべきだが、広島県議会で海外旅行反対派は辻恒雄さんと佐藤一直さんだけだと指摘。
海外旅行には熱心だが災害発生までは災害には緩い対応だった県政をチェンジしようと呼びかけました。
二〇一五年4月12日執行の広島県議会議員選挙安佐南区選挙区でつくだ守生さんをバックアップすることで、無駄遣いをなくし、被災者に寄り添う県政をつくる決意を表明しました。
被災者県議予定候補・つくだ守生さん。緑井八丁目で自ら被災し、住民の要望把握に奔走したつくださんに県政でご活躍いただき、「議員の仕事は海外旅行より災害対策」で県民に寄り添う県政にチェンジしましょう!

参考記事
99%が一日5分政治に時間を使えば「1%のための政治」をやめさせられる

つくだ守生県議予定候補、生活相談に奮闘!緑井7丁目でさとうしゅういちとニアミス!
http://hiroseto.exblog.jp/22367357/

つくだ守生さん、高橋衆院議員・仁比参院議員らと現地調査【八木地区】
http://hiroseto.exblog.jp/22342422/

つくだ守生さん、避難所からの報告【安佐南区豪雨災害】
http://hiroseto.exblog.jp/22308325/


  • e0094315_10050576.jpg

    by hiroseto2004 | 2014-10-18 10:22 | 政治フェス | Trackback