エコでフェアでピースな世界をヒロシマから国政へ!成長戦略から成熟戦略。誰もが置きざりにされない社会を。核兵器も原発もない世界を。役人からヘルパーへ。庶民増税より格差是正。ヒロシマの心活かす市民発・政界再編。


by hiroseto2004

2014年 11月 08日 ( 8 )

広島ブログ

e0094315_23143609.png
河野美代子先生が、性暴力被害者のためのワンストップセンターの必要性を訴えます。

リンク
第11回全国シェルターシンポジウム2008inおかやま 共同アピール
http://hiroseto.exblog.jp/9048234/


More
by hiroseto2004 | 2014-11-08 23:18 | ジェンダー・人権(DV・性暴力) | Trackback

【緊急声明】川内原発再稼働、多くの疑問残す鹿児島県の「地元同意」

31件の反対陳情・請願に込められた人々の想い無視

2014年11月7日
緊急声明本文

本日、川内原発再稼働をめぐり、鹿児島県議会は、31件の再稼働反対(または慎重、もしくは更なる調査をやるべき、地元同意を広げるべきなど)の陳情・請願を否決、1件の再稼働賛成陳情を可決しました。近日中に伊藤知事も再稼働に賛成するとみられます。

昨日の原子力安全対策等特別委員会で、再稼働反対の県議会議員は、県民の理解が得られているとは到底言えないこと、保安規定や工事計画認可の審査はまだ終わっていないこと、責任の所在が不明確であること、福島原発事故はなお収束せず、多くの人たちが幸せな生活を奪われて苦しんでいること、原子力規制委員会はまだ保安規定・工事計画認可の審査中であること、火山学会は「巨大噴火は予知困難」とし原子力規制委の火山影響評価ガイドを見直すべきとしていること、「国富」とは美しい鹿児島で人々が幸せな生活を営むことであること、原発立地の地域活性化は原発に頼らない方向でいますぐ取り組むべきことなどを切々と訴えましたが、自民党・公明党などの数の論理で押し切られた形となりました。

県内5箇所で開催された審査書に関する説明会では反対の意見が相次ぎました。今回の「地元同意」は到底民意を反映したものとは言えません。

川内原発を動かしてはならない理由はたくさんあります。逆に川内原発を今、急いで再稼働させなければならない理由は見当たりません。これは、多くの議員が指摘したところです。

住民のいのちと安全を守る最後の砦たる避難計画は、欠陥だらけであり、さらに一時避難所や避難集合場所が、ハザードマップ上の危険エリアにあり、これは災害対策基本法施行令に違反している恐れがあります。市民団体の問合せに対して、薩摩川内市、出水市、阿久根市、いちき串木野市、また受け入れ先の出水市もこのことを認めざるをえませんでした。

鹿児島県知事・県議会はなぜ、これほどまでの多くの問題を無視して、地元同意を急いだのでしょうか? 

今回、不採択となった再稼働反対、あるいは地元同意拡大などの31件もの陳情・請願に込められた一つ一つの県民の想いが踏みにじられたこと、またこれが、今後の原発の再稼働における「民意なき地元同意」の前例となったことは残念でなりません。

問合せ: FoE Japan 満田 (TEL 03-6909-5983)


by hiroseto2004 | 2014-11-08 22:13 | エネルギー政策 | Trackback

2014/11/24 『続・メトロレディーブルース』上映会(東京・台東区)

============================
東京メトロの売店で働く女性たちの労働争議を主題にした
ドキュメンタリー 続・メトロレディーブルース上映

上映後「メトロレディーブルース」出演者によるトークあり♪
============================

■日時 11月24日(月・休) 13:30開場 14:00-16:00
■会場 台東区生涯学習センター4F 403・404企画室
台東区立男女平等推進プラザ はばたき21
アクセスマップ↓
http://www.city.taito.lg.jp/index/kurashi/jinken/habataki21/index.html
■入場料 500 円(介助者等無料)

※会場はバリアフリーで、車いすで使えるトイレの設備があります。
※トークの際にノートテイクなどが必要な方は、事前お知らせいただくか、当日
会場でスタッフに声をかけてください。

□『続・メトロレディーブルース』
(ビデオプレス作品/日本/字幕なし/2014/40分)
東京メトロの売店で働く非正規女性たちの組合が、雇用延長を求めてストライキ
に立ち上がったのは2013年3月。半年間の延長を勝ち取る。しかし、非正規差別
は依然として続いた。一方、組合員一人ひとりには、親の介護、家族問題、定年
などが重くのしかかる。団交で差別是正を要求してもまったく応じない会社。組
合員たちは、ついに「労働契約法」20条を使った日本で初めての裁判に立ち上がっ
た。そして、2014年5月1日、二度目のストライキに突入する。「簡単なことなん
です。同じ仕事をしていてなんで同じ賃金が払えないのか」。彼女たちの胸には
「ガマンも限界」のゼッケンが。
制作=ビデオプレス、協力=東京東部労組メトロコマース支部

■はばたき21 ドリームプロジェクトとは-
台東区立男女平等推進プラザの10周年をきっかけに立ち上がったグループ。
はばたき21を拠点に、台東区でのネットワークづくりをすすめます。

■主催・問い合わせ先
はばたき21ドリームプロジェクト
habataki21dp@gmail.com

【地下鉄非正規労働者差別撤廃裁判】
http://hiroseto.exblog.jp/22209044/
メトロコマース非正規労働者差別撤廃裁判
http://hiroseto.exblog.jp/22125662/

by hiroseto2004 | 2014-11-08 21:46 | イベント情報 | Trackback
緑井8丁目で自らも土石流災害に遭った県議予定候補・つくだ守生さんの即席宣伝カーです。

なかなか、いいアイデアですね!

https://www.facebook.com/photo.php?fbid=533034420166529&set=a.453323561470949.1073741825.100003799285366&type=1&theater
我が家のミニキャブの後部座席窓際へハンドマイクを吊り
下げ、即席宣伝カーにしています。走行しながら流し宣伝したり、空き地などでの街頭演説に、なかなか威力を発揮します

by hiroseto2004 | 2014-11-08 21:13 | つくだ守生(突田守生)を勝手に励ます | Trackback
医労連は2014年度の夜勤実態調査の結果を発表しました。

http://www.asahi.com/articles/ASGC645C2GC6ULBJ00J.html

看護師らの長時間夜勤につながる「2交代制」を採用している病棟が3割に達したと、日本医療労働組合連合会(医労連)が6日発表した。1999年の調査開始以来最も多い数字で、このうち半分以上の病棟で夜勤を含む勤務時間が16時間以上になっていた。

 看護師の勤務は1日8時間前後が基本の3交代制が主だったが、人手不足などから2交代制が増えている。調査は医労連が夜勤実態把握のため毎年実施。全国452施設の3159病棟の看護師ら約10万人を対象に今年6月の勤務実績を調べたところ、2交代制の病棟は30・0%で、99年(6・5%)の約4・6倍に増えていた。

 医労連は「患者の安全や看護師らの健康への影響が危惧される。人手不足解消のためにも、退職した看護師が復帰できるよう、長時間夜勤の改善が必要だ」という。(田内康介)

過酷な勤務→人手不足の悪循環が生じており、早急な改善が必要です。

なお、2013年度の調査によると、看護師の配置数は増加の一方で夜勤回数は増加、29.4%に達しています。

http://irouren.or.jp/research/%E6%9C%88%E9%96%93%E5%8C%BB%E7%99%82%E5%8A%B4%E5%83%8D.pdf

こうした結果を受け、佐々木司先生は、「システム対策とともにジョブ対策を!」と題して、特別寄稿をされています。
もともと、看護とは昔は、女性がになっていた(際限のない)無償労働だったのです。
「無償の看護が、病院に取り込まれ、接収されたのが看護労働であるからだ。だから、無償の看護を病棟で行おうとすれば、たちまち「過剰看護(労働)」になってしまう。だから、その過剰看護が看護師を疲弊にいたらしめてしまう」と佐々木先生は分析します。

今の日本においては、システム改善だけでなく、「看護ではなく、看護労働を行うべくジョブ対策」が必要ということです。


by hiroseto2004 | 2014-11-08 20:40 | ジェンダー・人権(労働問題) | Trackback
10月30日、28日に続き、参議院厚生労働委員会で茨城県選出の藤田幸久議員が私達片目失明者の事を取り上げて質問して下さいました。
その中の内容は、まず昭和25年制定の、現在の視覚障害法は随分古くなったものだなと塩崎大臣は認めております。
その上に立って、今の基準がどういう問題が有って、どういう事を考慮しないといけないのか、専門家(眼科医他)の意見をしっかり聞いて検証化されるべきで、検証化委員会を早急に実施する。と答弁しております。
早急にが、いつになるのかは良くわかりませんが、藤田議員が早い時期に段取りして下さるものと確信していますし、今日の塩崎大臣の発言を聞いて、われわれ当事者とのヒヤリングもそう遠くない時期に実現できるものと確信しております。
藤田議員、28日の質問に続き、本日もご質問頂き、誠に有り難うございました。
これからも宜しくお願い致します。
by hiroseto2004 | 2014-11-08 15:07 | 片目失明者友の会 | Trackback
 
e0094315_10210941.jpg
わたくし・さとうしゅういちは、11月8日、古市橋駅前で街頭演説を実施しました。

■住民無視の川内原発再稼働同意・・やはり住民投票充実を

まず、鹿児島県議会と鹿児島県知事が川内原発再稼動を是としてしまったことを批判。

「原発がある薩摩川内市は同意したというが、原発が爆発したら被害を受けるだろう周辺自治体は、意見を反映させてもらえていなかった。また、そもそも鹿児島県民の六割くらいが一貫して川内原発再稼働反対だった。県議会議員や知事は当選したら、なにをしてもいいわけではない。住民の立場に立って、国が進めることをチェックするべきだ。自民党であっても、自民党員であることより鹿児島県民代表であることを優先すべきだ。」
と訴えました。

その上で「県民、国民と政治家が意見が異なる場合は、住民投票にすべきではないか?緑の党は5%の住民が要求すれば住民投票を義務づける地方自治法改正を提案している。」と紹介しました。

■最初から消費税を増税しなければよかった

続いて消費税増税を批判し「庶民増税より再分配強化を」と訴えました。「安倍さんは、いまになって、慌てて商品券を配るとかいいだしている。だったら、最初から、増税しなければいいことだ。」「総理がやっていることは、増税で国民を殴り倒していて、あわてて助け起こそうとするふりだけをしている。左手で助け起こすふりをして右手ではしっかりまた来年の増税という形で国民を殴り倒す態勢を固めている。」「安倍総理は、外国に行ってはお金をばらまいたり、大手企業ばかりが儲かるハコモノばかりをばらまいたりしているが、それをやめるのが先だ。」と批判。
そのうえで、「ノーベル経済学賞のポール・クルーグマン教授も、安倍さんに消費税増税をやめるよう進言した。クルーグマンさんは、日本は、再分配を強化することが大事だというのが最近の持論だ。」と紹介しました。
そのうえで、「日本の法人税は高いといわれているが、実際には、大手ほど優遇措置がたくさんある。こうしたものをやめることや、投機でぼろもうけしている人にもっと税金を払っていただくことも大事だ。一方で、先進国でも異常に低い国の教育支出をふやし、どんな家庭の子でも安心して教育が受けられる日本を。」などと訴えました。

■当事者代表・つくだ守生を県政に送り、被災者に寄り添う災害対策を!

最後に2015年4月12日執行の広島市長選挙、広島市議選、県議選に言及。「さとうしゅういち自身は、今回の地方議員選挙には出ない。引き続き『エコでフェアな世界をヒロシマから』国政へ発信していきたい。地方選挙では、『議員の仕事は海外旅行より災害対策』『海外派兵より災害対策を』『災害大国日本に原発いらない』『庶民増税より再分配強化を』『市民・県民に耳を傾ける市政・県政』などで一致する他党派や無所属の議員・候補者を積極的にバックアップしていく。」などと、表明しました。
そして、「安佐南区では、緑井8丁目で土石流に遭い、避難所暮らしを強いられているつくだ守生さんを県政へとバックアップしたい。つくださんは、被災者救援に奮闘し、国に被災者支援の陳情活動も行っている。やむを得ない理由で、自力で避難用のアパートを借りた人への支援や、店舗被害への支援など、被災者によりそう災害対策を提案してくれると保証する」と力を込めました。

関連リンク
【被災者代表を県議会に!海外派兵・議員海外旅行より災害対策。広島県議会議員選挙へ、安佐南区ではつくだ守生さん全面支援。】
http://hiroseto.exblog.jp/22425958/
つくだ守生を勝手に励ます
https://www.facebook.com/tsukudamorioasaminami
やはり住民投票充実を! 川内原発再稼動 鹿児島県議会暴走の教訓
http://hiroseto.exblog.jp/22548236/
増税で殴り倒し、景気対策で助け起こして、また殴り倒し?総理迷走
http://hiroseto.exblog.jp/22548152/

by hiroseto2004 | 2014-11-08 10:33 | 政治フェス | Trackback
安倍さんは、「配偶者控除を廃止し、女性の就労を促進する」方向へ進んでおられます。

実は、民主党政権(2009年~2012年)も、配偶者控除廃止は打ち出していました。

しかし、民主党(政権獲得当初)は、「配偶者控除」も「大手企業への租税特別措置など優遇措置」も整理したうえで、子ども手当や子育て・教育サービスの充実、介護サービスの充実などをめざしていました。

民主党の場合は「多様なライフスタイルを尊重し」で「お金持ちよりは庶民にやさしい」あり方を目指す中で、「配偶者控除も廃止」という話です。

翻って、いまの安倍総理はどうか?

一部の人しか儲からないハコモノばらまきや、大手企業減税にお金が消えています。そのためにお金が足りないから配偶者控除廃止、というのがひとつ。

もう一つは、労働力が足りないから、安上がりな労働者として働かせよう、という狙いです。

現政権は、大手企業やお金持ちの利益のために配偶者控除を廃止しようとしています。



by hiroseto2004 | 2014-11-08 00:20 | 経済・財政・金融 | Trackback