エコでフェアでピースな世界をヒロシマから国政へ!成長戦略から成熟戦略。誰もが置きざりにされない社会を。核兵器も原発もない世界を。役人からヘルパーへ。庶民増税より格差是正。ヒロシマの心活かす市民発・政界再編。


by hiroseto2004

2014年 11月 13日 ( 4 )

広島ブログ

衆院解散は「翼賛選挙」の焼き直し 72年遅れで戦前をくり返す日本
http://hiroseto.exblog.jp/22564659/

安倍総理は、第二次大戦中の軍部主導の政権が、戦況が有利なうちに「早めに免許更新」な意味合いで行った「翼賛選挙」(1942年4月30日)そっくりの解散・総選挙を仕掛けようとしています。

このままいけば、原発が再び推進され、消費税だって、しばらく増税は先送りに見せかけて、ほとぼりが冷めたころに増税。労働者派遣法も、4年間の衆院任期のうちに必ず増税。アメリカにつき従って集団的自衛権の名のもとに「海外派兵」。お金持ちや一部大手にはハコモノや減税でばら撒くが、多くの庶民は先進国でも異常に高い水準の学費や住居費、そして先進国でも最悪の部類の労働条件格差のもとで苦しみ続ける。

そんな日本へ突き進もうとしています。

しかし、あきらめてはいけない。

第二次世界大戦中の1942年のいわゆる「翼賛選挙」でさえも、「翼賛政治体制協議会」推薦候補が381議席、非推薦候補が85議席と、非推薦候補が中選挙区制とはいえ、善戦をしています。

推薦候補は、国から軍事費の枠で選挙資金をもらい、政府の支援も得たのに対し、非推薦候補にはすさまじいまでの干渉が行われ、浅沼稲次郎ら、立候補断念に追い込まれた人もいました。

それでも、勇気をもって、当時の大勢に異議を唱えて選挙を戦った人がいたのです。




つづきはこちらをどうぞ!
by hiroseto2004 | 2014-11-13 20:02 | 新しい政治をめざして | Trackback
【災害被災者支援と災害対策改善を求める広島県連絡会行動報告集】
広島土砂災害に際しての災害被災者支援と災害対策改善を求める広島県連絡会行動報告集が、完成しました。
本紙社主・さとうしゅういちも、9月7日に緑井7丁目でボランティアに参加させていただいており、七二ページに(Sさん・緑の党グリーンズジャパン)として感想が紹介されています。
e0094315_19174360.jpg
e0094315_22470613.jpg


関連リンク

広島市議会全会派の議員に職員の疲労・可部線土砂問題で提案
http://hiroseto.exblog.jp/22409194/
広島土砂災害について、第三次提案書を提出へ
http://hiroseto.exblog.jp/22407198/
広島市議やマスコミに土砂災害についての談話・追加調査結果など提出
http://hiroseto.exblog.jp/22373669/
緑井7丁目で復旧作業
http://hiroseto.exblog.jp/22365724/
【談話】広島土砂災害について/広島土砂災害の課題について
http://hiroseto.exblog.jp/22363437/
緑の党グリーンズジャパン有志 広島土砂災害調査団 報告書(改訂版)
広島市災害ボランティア対策本部
http://hiroshimavc.jp/
被災地であったかみそ汁つくり隊
http://hiroseto.exblog.jp/22346742/
広島市議会全員協議会2【広島土砂災害】
http://hiroseto.exblog.jp/22338056/
広島市議会全員協議会1(広島土砂災害)
http://hiroseto.exblog.jp/22337754/
緑の党有志 広島土砂災害調査団 報告
http://hiroseto.exblog.jp/22335334/
by hiroseto2004 | 2014-11-13 19:19 | 広島土砂災害(広島豪雨災害) | Trackback
広島ブログ

「このままでは、国民に批判を浴びる法案ばかりが続くから、支持率が下がる前に解散しちゃえ」

これが、自民党・安倍さんの心境でしょう。

まるで、1941年12月8日に英米に戦争を仕掛けたあとの大日本帝国です。

戦前日本は、米英に戦争を仕掛けて滅亡したが、戦後の自民党体制日本は、国民に対して戦争を仕掛け、最終段階に入ろうとしています。

そして、翼賛選挙をやろうとしていることも似ているのです。1942年衆院選=いわゆる翼賛選挙も、政府が有利なうちに選挙をしたわけです。

奇妙なことに戦前日本と戦後日本は、72年遅れで同じ道をたどりつつあります。

1942年ころは、「富国強兵の破綻」過程でした。現在は「アメリカへの工業製品輸出による右肩上がり時代」を前提とした自民党体制が崩壊しつつあります。

問題は、体制滅亡段階で、国民に凄まじい苦難が繰り返されかねないことです。

これからは、国民自身がしっかり政治をチェックし、国民へのしわ寄せを最小限にしつつ、新しい社会をつくることが大事です。

1877年 西郷隆盛切腹。明治政府の枠組み(長州主導)決まる。
1949年 衆院選で吉田自由党圧勝。自民党政治が事実上定着。

1889年 大日本帝国憲法公布
1960年 60年安保

1895年 日清戦争勝ち。
1968年頃 日本、西側でGDP一位。

1905年 日露戦争勝ち。
1977年頃 日本経済黄金期?

1914年 第一次世界大戦スタート
1986年頃 バブルスタート

1919年 ベルサイユ条約
1991年 ソ連崩壊、バブル崩壊。

1923年 関東大震災
1995年 阪神大震災

1929年 浜口総理登場(小泉的新自由主義者)
2001年 小泉総理登場

1931年 満州事変
2003年 イラク派兵決定

1935~36年 天皇機関説事件(思想弾圧)→美濃部襲撃事件
2008年 麻生邸リアリティツアー事件(公安の暴走)

1940年 大政翼賛会発足
2012年 自民党政権復帰。アベノミクススタート。

1941年 米英に開戦
2013年 参院選で自民大勝
      特定秘密保護法

1942年 翼賛選挙
      ミッドウエー海戦
2014年 解釈改憲「閣議決定」
      衆院選?

1945年 大日本帝国降伏
2017年頃 自民党とともに日本国「戦後体制」滅亡?



More
by hiroseto2004 | 2014-11-13 07:39 | 新しい政治をめざして | Trackback
【ありがとうございます。今日も頑張って参ります】
横川駅は六時半を過ぎてようやく明るくなりました。電車も暖房が効いて、冬を少しずつ感じますね。
昨日は多くの皆様から誕生日お祝いメッセージをいただき、ありがとうございます!
今日からもまた変わらず介護の頑張って参ります。
一昨日は、シーツ交換やパジャマ着替え介助など実技復習、昨日はガイドヘルパーの勉強。
改めて、介護とは奥の深い民主主義政治だと感じますね。
今日も一日、良い日を!
e0094315_06484727.jpg

by hiroseto2004 | 2014-11-13 06:46 | 社主・さとうしゅういちの部屋 | Trackback