エコでフェアでピースな世界をヒロシマから国政へ!成長戦略から成熟戦略。誰もが置きざりにされない社会を。核兵器も原発もない世界を。役人からヘルパーへ。庶民増税より格差是正。ヒロシマの心活かす市民発・政界再編。


by hiroseto2004

2014年 11月 27日 ( 6 )

広島ブログ
緑の党大阪府本部は大阪8区(豊中市)で服部良一さん(社民党・元職)と政策協定を結び、推薦することになりました。

これにより、幅広い市民運動にかかわる人も含めて、服部さんを超党派で押し上げていくことが期待されます。

一つでも二つでも多くの選挙区で、こうした動きが広がることを期待します。

服部さんは、現在も、沖縄の基地問題や秘密保護法廃止の市民運動の要として活動されています。


◆協 定 書

緑の党グリーンズジャパンと、服部良一 (社会民主党所属)は、第47回衆議院議員選挙(2014年12月14日執行)大阪第8選挙区の小選挙区選挙において、以下の通り協定を結ぶ。

1-1)服部良一は当選後、衆議院議員として、緑の党グリーンズジャパンの諸理念を尊重し、特に以下にあげる項目についてはその実現を目指して国会議員活動を行うものとする。

1-2)上記の合意に達したため、緑の党グリーンズジャパンは服部良一候補の選挙支援を行う。


○ 脱原発  原子力発電に関しては、国内の原発の再稼働および原発輸出に反対し、可及的速やかな原子炉の廃炉と可能な限り安全な放射性廃棄物の処理方法の確保、化石燃料使用量の漸進的な低減と再生可能エネルギー/省エネ技術の促進にむけたあらゆる政策を実施する。また原子力技術の海外供与、放射性廃棄物の国外移送は行わない。

○ 消費税  法人税減税や、所得税、金融所得課税等での高所得層優遇を行なう一方、社会保障の充実や格差拡大への対応がないままの消費増税はやめること。

○ 非暴力・平和  憲法9条の堅持の立場を明確にし、その理念を実現するために平和外交政策を展開すること。集団的自衛権に反対すること。日本における米軍基地の新設に反対する。また同時に危険性の高い既存基地の早期撤廃と、沖縄県民の意思を尊重した形での沖縄における米軍基地の負担低減につとめる。

○ 秘密保護法  秘密保護法の施行に反対すること。





More
by hiroseto2004 | 2014-11-27 21:40 | ヒロシマの心活かす市民発・政界再編 | Trackback
e0094315_861124.jpg

衆院選公示まであと5日です!写真は、東広島市吉川に登場した、ポスター掲示板です!
広島瀬戸内新聞は、『エコでフェアな世界をヒロシマから』を基本理念に、『民主主義を取り戻す』『庶民増税より格差是正』『海外派兵より災害対策』『災害大国原発いらない』を今回の衆院選では重視しています。
また、『総理も官僚もあなたが雇い主』『衆院選はあなたが面接官の採用試験』『棄権するよりは、より考えが近い政治家を選び、選挙後、働きぶりをチェックすればいいじゃん。』などと呼び掛けています。
by hiroseto2004 | 2014-11-27 08:06 | 翼賛選挙2014 | Trackback
広島ブログ
突然の解散で、安倍総理の目玉施策が吹っ飛んでいます。

自民党は、男性現職を押しのけてまで女性をたてるような調整できず。

野党も、準備が間に合わず女性候補が少なくなりそうということです。

総理の総理による総理のための解散で、目玉の男女共同参画も吹っ飛んでしまいました。

http://www.excite.co.jp/News/politics_g/20141126/Mainichi_20141127k0000m010087000c.html





More
by hiroseto2004 | 2014-11-27 05:52 | ジェンダー・人権 | Trackback
(以下、転送・転載歓迎)
「TPPに反対する人々の運動」では、9月~1月にTPP問題で5回連続講座を開
催しています。その第3回を11月29日(土)午後3時から開きます。
講座は、どなたも参加出来ます。また、単発参加でも結構です。多くの方の参加をお
待ちしています。

なお、この講座の同日、同じ連合会館で、午後6時15分からPARC主催の「出版記
念 特別講演&交流パーティ徹底解剖 国家戦略特区」が開かれます。
http://www.parc-jp.org/freeschool/event/141129.html
合わせてのご参加をお勧めします。

以下、転送、転載をしていただければ幸いです。

≪「TPPに反対する人々の運動」連続講座第3回≫ご案内
 「すでにはじまっているTPP!その実態を撃つ」
TPP交渉は、11月の首脳会合でも「大筋合意」が見送られ、交渉はこのまま漂流
するという見方もあります。しかし、TPPの合意・批准がなくても生活に直結した分
野で実質的なTPP体制化が進んでいます。その実態を明らかにし、それに対抗
する運動を考えます。

《第3回》テーマ「TPPに対抗する『置賜自給圏構想』の動き」
日 時 11月29日(土)午後3時~6時(いつもの講座と時間が異なります)
場 所 連合会館5階501会議室(地下鉄「新御茶ノ水駅」・JR「御茶ノ水駅」)
   地図はこちら http://rengokaikan.jp/access/

お 話 菅野芳秀さん(山形・長井市農民、「置賜自給圏推進機構」常任理事)
 山形県南部の3市5町にまたがる置賜地域でいま、“静かな革命”が始まろうとし
ています。高齢化、人口減、耕作放棄、荒れる山、さびれる商店街…。そんな地域
の現実を逆手にとって、代々伝えてきた文化、穏やかなくらしを見直し、それを地域
内で循環させることで地域が持っている本来の豊かさを取り戻し、子ども達に引き
継ぐ実践です。「置賜自給圏構想」と名付けられたこの取り組みには、むらとまち
の生活者、行政、商工業者、政治、教育者など地域で生きる人たちすべてが参加
します。
 この置賜自給圏構想の提唱者であり推進者である菅野芳秀さんの話をじっくり
き、討論します。

参加費 各回800円/「TPPに反対する人々の運動」会員は各回500円

■お申込みは次のフォームからお願いします。
http://bit.ly/1rUXnLV

《今後の日程とテーマ》(場所は同じ、時間は午後6時半~8時半)
◆第4回 「日本から「ソウル宣言に応えて」」(12月18日、丸山茂樹・参加型
システム研究所客員研究員)
◆第5回 「NAFTAの国メキシコにTPPを探る」(1月20日、 加藤真希・日本
国際ボランティアセンタースタッフほか)

by hiroseto2004 | 2014-11-27 05:39 | TPP違憲訴訟 | Trackback
広島ブログ
[転送・転載歓迎/重複失礼]

紅林進さんの呼びかけを転送します。いつも締切直前のご案内となりすみま
せん。これまた見過ごせない重大な動きです。短いもので構いませんので、
ぜひパブコメに意見を提出しましょう。


http://www.nikkei.com/article/DGXLZO79470080Y4A101C1NN9000/

--------------------------------------

紅林進です。

安倍政権は、ODA(政府開発援助)でもって、外国の軍隊に対する支援も
できるようにするなど、ODAの軍事利用を狙っていると思われますが、その
ためにODA大綱の改定までが行われようとしています。秘密保護法や集団
的自衛権行使容認と軌を一にする非常に危険な動きだと思います。

ODA大綱改定案では「非軍事的協力による平和と繁栄への貢献」「軍事的
用途及び国際紛争助長への使用の回避」と言いながら、「災害救助等非軍
事目的の開発協力に相手国の軍又は軍籍を有する者が関係する場合には,
その実質的意義に着目し,個別具体的に検討する。」とするなど、「相手国の
軍」への協力にも途を開いています。「国際連合平和維持活動(PKO)等の
国際平和協力活動との連携推進」も謳われています。

「平成25年12月17日に閣議決定された国家安全保障戦略も踏まえ」とか
「積極的平和主義の立場から」ということも記されています。

また「戦略性の強化」を強調し、「我が国の外交政策に基づいた戦略的かつ
効果的な開発協力方針の策定・目標設定を行う。」としています。

ODAが今後、原発輸出などの条件整備ともどうか関わってくるかも気になる
ところです。

このたび、政府よりODA大綱改定案が示され、関西や東京など各地での
公聴会や、パブリックコメントが実施されることとなり、パブリックコメントは
11月27日(木)が締め切りです。

※大綱改定案・パブリックコメント(11/27締切)案内
http://www.mofa.go.jp/mofaj/gaiko/oda/about/kaikaku/taikou_minaoshi/taikouan_iken.html

こちらの一番下の「意見提出フォーム」をクリック
http://search.e-gov.go.jp/servlet/Public?CLASSNAME=PCMMSTDETAIL&id=350000107&Mode=0

FAXは (FAX)03-5157-1861 外務省国際協力局政策課 開発協力大綱担当宛て

国際協力NGOセンター(JANIC)では、ODAの軍事転用の危険にも触れた
「開発協力大綱の政府原案に対する国際協力NGOの緊急声明」
http://www.janic.org/mt/pdf/statement_kaihatsutaiko.pdf
を出しています。

また関西NGO協議会でも、やはりODAの軍事転用への懸念などにも触れた、
このパブリックコメントへの例文も載せています。
http://kansaingo.net/8007/
http://kansaingo.net/wp/wp-content/uploads/466a2402995bc592ebbbd29d716d6173.pdf

これらも参考にして、ODAの軍事化・軍事利用をさせないために、ぜひパブリックコメント
で声を上げましょう!


More
by hiroseto2004 | 2014-11-27 05:36 | 反核・平和 | Trackback
広島ブログ
[転送・転載歓迎/重複失礼]

紅林進さんの呼びかけを転送します。いつも締切直前のご案内となりすみま
せん。これまた見過ごせない重大な動きです。短いもので構いませんので、
ぜひパブコメに意見を提出しましょう。


http://www.nikkei.com/article/DGXLZO79470080Y4A101C1NN9000/

--------------------------------------

紅林進です。

安倍政権は、ODA(政府開発援助)でもって、外国の軍隊に対する支援も
できるようにするなど、ODAの軍事利用を狙っていると思われますが、その
ためにODA大綱の改定までが行われようとしています。秘密保護法や集団
的自衛権行使容認と軌を一にする非常に危険な動きだと思います。

ODA大綱改定案では「非軍事的協力による平和と繁栄への貢献」「軍事的
用途及び国際紛争助長への使用の回避」と言いながら、「災害救助等非軍
事目的の開発協力に相手国の軍又は軍籍を有する者が関係する場合には,
その実質的意義に着目し,個別具体的に検討する。」とするなど、「相手国の
軍」への協力にも途を開いています。「国際連合平和維持活動(PKO)等の
国際平和協力活動との連携推進」も謳われています。

「平成25年12月17日に閣議決定された国家安全保障戦略も踏まえ」とか
「積極的平和主義の立場から」ということも記されています。

また「戦略性の強化」を強調し、「我が国の外交政策に基づいた戦略的かつ
効果的な開発協力方針の策定・目標設定を行う。」としています。

ODAが今後、原発輸出などの条件整備ともどうか関わってくるかも気になる
ところです。

このたび、政府よりODA大綱改定案が示され、関西や東京など各地での
公聴会や、パブリックコメントが実施されることとなり、パブリックコメントは
11月27日(木)が締め切りです。

※大綱改定案・パブリックコメント(11/27締切)案内
http://www.mofa.go.jp/mofaj/gaiko/oda/about/kaikaku/taikou_minaoshi/taikouan_iken.html

こちらの一番下の「意見提出フォーム」をクリック
http://search.e-gov.go.jp/servlet/Public?CLASSNAME=PCMMSTDETAIL&id=350000107&Mode=0

FAXは (FAX)03-5157-1861 外務省国際協力局政策課 開発協力大綱担当宛て

国際協力NGOセンター(JANIC)では、ODAの軍事転用の危険にも触れた
「開発協力大綱の政府原案に対する国際協力NGOの緊急声明」
http://www.janic.org/mt/pdf/statement_kaihatsutaiko.pdf
を出しています。

また関西NGO協議会でも、やはりODAの軍事転用への懸念などにも触れた、
このパブリックコメントへの例文も載せています。
http://kansaingo.net/8007/
http://kansaingo.net/wp/wp-content/uploads/466a2402995bc592ebbbd29d716d6173.pdf

これらも参考にして、ODAの軍事化・軍事利用をさせないために、ぜひパブリックコメント
で声を上げましょう!


More
by hiroseto2004 | 2014-11-27 05:36 | 反核・平和 | Trackback