エコでフェアでピースな世界をヒロシマから国政へ!成長戦略から成熟戦略。誰もが置きざりにされない社会を。核兵器も原発もない世界を。役人からヘルパーへ。庶民増税より格差是正。ヒロシマの心活かす市民発・政界再編。


by hiroseto2004

2014年 12月 09日 ( 5 )

広島ブログ
麻生総理はある場所では「儲かっていない企業は運が悪いか経営者が無能」とおっしゃいました。
いわゆる「自己責任論」です。

一方で、社会保障費の増大について「子供を産まないのが悪い」と別の場所でおっしゃいました。
これは、出産をいわば、(精神的に)強要するようなご発言です。

しかもです。そもそも、考えてみると、教育費負担がバカ高いなどの理由で、子どもを持つことをあきらめる人は多い。
子どもが生まれないのも、一種の「政治災害」と言えるのではないでしょうか?

どちらのご発言にしても、政府の経済政策の誤りを認めないという意味では首尾一貫していますが・・・。

そして、運が悪いというなら、麻生さんのような大臣を持たざるを得ない日本国民全員が「運が悪い」ともいえますが・・。


More
by hiroseto2004 | 2014-12-09 19:44 | 新しい政治をめざして | Trackback
衆院選は、日本共産党以外の野党が大敗して終わりそうです。

民主党も、議席を伸ばすとしても微増で、猛烈な小泉人気という逆風にらされた2005衆院選の113議席さえ下回りますから『敗北』と言わざるをえません。

原因は何か?一つは経済政策の立ち位置を日本共産党以外がはっきりさせなかったからではないでしょうか?
(社民党、生活の党は、日本共産党に似た立ち位置を占めたが、組織力がないため、浸透せず、日本共産党に票を奪われた。)
そもそも、アベノミクスは金融緩和+積極財政+大手企業への再分配(安倍総理曰く「成長戦略」)からなります。

このうち、「金融緩和+積極財政の部分」は、不況時にはオーソドックスな政策です。

アベノミクスの問題点は、最後の「成長戦略」の部分です。
すなわち、『大手企業さえ良ければ全てよし』というモデルにとらわれていることです。
労働者派遣法改悪などもそのひとつです。

いま、すべきは大手企業への分配ではなく、個人への再分配です。
ところが、野党によるアベノミクス批判はどうか?

日本共産党こそ、消費税増税+大手企業減税+ハコモノばらまきという流れや規制緩和を批判したものの、民主党や維新はそうした論調が弱かった。
ついこの間までの民主党や維新による自民党批判は、金融緩和批判や積極財政批判、あるいは維新にこれは特徴的ですが、「規制緩和が足りない」的な論調でした。

2013年に景気が持ち直したのは積極財政のおかげだし、逆に、2014年度に入り、二期連続実質GDPが落ち込んだのは消費税を増税して緊縮財政にしたからです。

批判されるべきは消費税増税です。そして、もうひとつは、時代遅れとなった「大手企業さえよければすべてよし」的な「成長戦略」です。

野党たるもの、きちんとアベノミクスの悪い点である「大手企業さえよければすべてよし」的な戦略と、安倍総理がやってしまった消費税増税の主に二点に絞って批判すべきです。

民主党については、2012年の三党合意で自民党と一緒に消費税増税を決めてしまったこと。
維新については、そもそも新自由主義だったため、再分配を言っても付け焼き刃イメージがぬぐえなかったこと。
自民党と比べても両党は「積極財政寄り」ではないため、自民党と差別化ができないこと。

これらの要素が複合し、日本共産党以外の野党は大敗を招きつつあります。

野党再生のカギは、しっかりと、「企業主義(組織、官僚、大手企業重視)」から「個人への再分配重視」のシフト、「成長戦略」から「成熟戦略」へのシフトという、「対抗軸」をしっかり打ち出していくことではないでしょうか?


「庶民増税より再分配強化」を打ち出さないと野党は安倍自民に足をすくわれる
http://hiroseto.exblog.jp/22558660/

「さとうしゅういち」と一緒に「エコでフェアな世界をヒロシマから」国政に発信しませんか?
郵便振替口座 01330-0-49219 さとうしゅういちネット
ネット送金の時は 01330-049219 広島銀行 本店 3783741
さとうしゅういちネット 代表者 佐藤周一




by hiroseto2004 | 2014-12-09 17:14 | 翼賛選挙2014 | Trackback
e0094315_07311668.jpg
本日も真冬並みの寒さ。
徳島豪雪にあわれた皆様にはお見舞い申し上げます。
衆院選候補者の皆様は寒さにお気をつけて頑張ってください。





More
by hiroseto2004 | 2014-12-09 07:34 | 社主・さとうしゅういちの部屋 | Trackback
 不当逮捕ていたライターの北原みのりさんが、12月6日、釈放されました。
http://www.huffingtonpost.jp/2014/12/07/kitahara-minori-released_n_6285888.html

まずは、良かった。東京地裁が勾留請求を却下したそうです。

引き続き、漫画家のろくでなし子さんの釈放を求めます。

by hiroseto2004 | 2014-12-09 06:29 | 司法 | Trackback
広島ブログ
12月14日執行の衆院選。比例中国ブロック(定数11)は、自民党が6議席目を取るか?日本共産党が1議席を確保するかの争いとなっています。

本紙社主・さとうしゅういちは、「2003年以来11年ぶりに、「護憲・脱原発」議員を被爆地ヒロシマから出すため」、比例区では「日本共産党」を支援しています。

日本共産党比例区候補の大平よしのぶさんは、さとうしゅういちの13年来の友人。
昨日12月8日は、山口県内を駆け抜けました。
本日12月9日からは、山陰地方を駆け抜けます!

頑張れ!大平よしのぶ!


極東最大基地は許さない!
ただいま、出雲市のホテルです。

今日は山口県山口市~岩国市で街頭演説をおこない、明日にそなえて、夜のうちに島根県出雲市に移動しました。


今日12/8は、太平洋戦争開戦の日ということで、山口県の市民団体や労働組合が協力をして、毎年この日におこなっている「平和キャラバン」に顔を出させていただきました。
女性団体の代表の方が、「憲法と平和を守るためにこれまで活動してきた。子どもたちの未来のために、今、たたかわなければ、これまでなんのために生きてきたのかわからない!」とうったえ、私は「そうだ!」と叫び、共感と感動で涙がでました。

大きな元気をもらい、その後は岩国市へ。















岩国では演説中も米軍戦闘機の爆音が響きわたり、住民の皆さんの騒音被害の苦しみを私も体感しました。
私は怒りに燃えて、演説の声も大きくなり、「今年7月にはKC130空中給油機が15機配備され、2017年には神奈川から空母艦載機が59機配備されようとしている。岩国の『極東最大の基地化』は絶対に許さない!いまこそ軍事力に頼らない平和な日本をつくりましょう!」とうったえました。














また、演説の途中、岩国平和委員会の西原孝夫会長と吉岡光則事務局長にお会いすることができました。
「基地強化、空母艦載機移転は許さない」決意をかためあうとともに、「なんとしても当選して、私たちの願いを代弁してほしい」と激励もしていただきました。














明日からは山陰です!
寒さに負けず、元気いっぱいがんばります!



More
by hiroseto2004 | 2014-12-09 05:52 | 大平よしのぶを勝手に励ます | Trackback