エコでフェアでピースな世界をヒロシマから国政へ!成長戦略から成熟戦略。誰もが置きざりにされない社会を。核兵器も原発もない世界を。役人からヘルパーへ。庶民増税より格差是正。ヒロシマの心活かす市民発・政界再編。


by hiroseto2004

2014年 12月 15日 ( 9 )

広島ブログ
e0094315_21000175.jpg

本紙社主のさとうしゅういちは、12月15日、広島市安佐南区古市橋駅前で街頭演説を実施しました。
衆院選期間中は政治活動が制限を受けるため演説は控えていました。

『衆院選は自民党、公明党はあわせると現状維持だった』と分析。
その上で、『広島県内では投票率は50%。安佐南区は50%を切った。半分以上が棄権した。衆院選は税金で皆様が雇う議員の採用試験で面接官はあなた方一人一人。面接官が半分以上サボる試験ってありなのか?』
と問題提起しました。
その上で、『政治家に期待できないから棄権という気持ちは分かる。しかし、政治家を育てるのはそもそも雇い主である皆様一人一人ではないのか?企業でも採用したら放置せずに教育するのと一緒だ。』
『まず、選挙に行くのは第一段階として、きちんと選んだ政治家をチェックしよう。そして、意見があればぼやくだけでなく政治家や政党にこうしたらどうかと提案することも必要だ。』
と続けました。
そして、さとうしゅういちと緑の党・ひろしまとしては、衆院選で日本共産党を比例中国ブロックで支援したことを報告。
「大平喜信さんが当選したが、手放しで喜ばず、今後とも、率先垂範して大平議員を育てていく努力をする」と表明しました。


More
by hiroseto2004 | 2014-12-15 21:27 | 政治フェス | Trackback
by hiroseto2004 | 2014-12-15 20:47 | 反貧困ネットワーク広島 | Trackback
e0094315_17122732.jpg

【同行援護従業者研修で、点字を学びました】
本日の介護の勉強は、同行援護従業者研修。そのなかで点字についても学びました。実際に点字もつくりました。写真は点字による名刺。「広島瀬戸内新聞社主さとうしゅういち電話(電話番号)」です。
いよいよ介護の勉強も残りわずかです。最後まで頑張ります!
by hiroseto2004 | 2014-12-15 17:12 | 社主・さとうしゅういちの部屋 | Trackback
広島ブログ

今回の衆院選では、投票率は広島県内では五割。安佐南区や福山市などでは五割を切りました。
選挙は、私たちのために仕事をする公務員たる議員を選ぶ採用面接試験で私たち一人一人が面接官。 五割以上の面接官がサボる面接試験なんてありえません。

その上で、「入れたい人がいない」
というご意見も多いことに対し以下のように申し上げたい。
まず、現行の小選挙区制度では結局は選択肢が限られていくということです。
死票も多く、これでは投票に行く意欲が無くなるのも当然。
価値観が多様化している現代日本に小選挙区制度は
合わない。廃止をすべきです。

さらに供託金も高すぎる。廃止ないし、大幅引き下げすべきです。

また、選挙に落ちたときの復職など支援をしていくべきです。

上記により選択肢を増やすべきです。

また、政策課題がたくさんある場合、有権者にとり自分とすべての考えが一致する政党を探すのは難しい。
やはり、国民投票や住民投票を重要課題、特に大きなマニフェストの変更を伴うような事案について国民や住民の要求で行うようにすべきです。

間接民主主義と直接民主主義をうまくミックスすればよい。国民投票や住民投票は必ずしも代議制を否定するものではなく、投票の参考材料を議員はプロとして示すなどの役割は重要でしょう。

国民一人一人も、文句は直接政治家にいえばいいのです。
こういうことをしたらどうか?と政治家に提案する。
そうすることで政治家を育てて行く。
そもそも国民一人一人が公務員たる議員の雇い主ですから、議員を育てて行くのも国民の責務です。

国民一人一人が政治の生産者になる。そのことを改めて強く訴えたいのです。


More
by hiroseto2004 | 2014-12-15 08:40 | 新しい政治をめざして | Trackback
広島ブログ

自由民主党  415,065 
民主党    192,740
公明党    182,796
維新の党   154,404
日本共産党  107,749
次世代の党  44,453
社民党    27,957
幸福実現党 6,026




続き
by hiroseto2004 | 2014-12-15 05:49 | 新しい政治をめざして | Trackback
広島ブログ

広島一区
岸田文雄 自民前  96236 前回103689
白坂理香 維新新  25452
大西理  共産新  18737 前回12444 前回の約1.5倍
伊藤真二 次世代新  5986

広島二区
平口洋 自民前 102719 前回109823
松本大輔 民主元 77234 前回 61373
藤本聡  共産新 16794 前回共産 12619

広島三区
河井克行 自民前 85311 前回 87993
橋本博明 民主新 66549 前回 51666
清水貞子 共産新 16514 前回 13875

広島四区
中川俊直 自民前  89748 前回 91611
中丸啓  次世代前 26977 
中石仁  共産新  21500 前回 13576

広島五区
寺田稔 自民前 95526 前回 99842
尾崎光 共産新 27406 前回  9126

広島六区
亀井静香 無所属前 89756 前回 91078
小島敏文 自民前  65494 前回 78747
寺田明充 共産新  16839 前回 16046

広島七区
小林史明 自民前  101809 前回 93491
村田享子 民主新  40000 前回民主 52543
坂元大輔 次世代前 18186 前回   38919
小浜一輝 共産新  14811 前回共産 11777


More
by hiroseto2004 | 2014-12-15 05:40 | 翼賛選挙2014 | Trackback
広島ブログ

【自民党、300議席には届かず】
圧勝、圧勝といいますが、自民党は議席数を増やしていません。
追加公認込みで291議席で2議席減少。
特に比例区はマスコミ事前予測で過去最高の77議席程度は行くはずが68議席にとどまりました。
2003年の69議席も下回っています。

小選挙区でも西川農水相が思わぬ不覚を取る、沖縄では4議席すべて落とすなど、マスコミ事前予測の235議席には届きませんでした。

小選挙区の議席は223議席で、前回の237議席よりも14減らしています。定数が5削減したことを考慮しても、10議席程度の減少です。

意外と、最終盤でブレーキが掛かった感じです。

自民党単独で3分の2などといいうことにもなりませんでした。

野党の構成を見ても次世代の党が19議席から2議席に減らすなど、自民党寄りの政党ほど議席を減らす傾向にあります。

そういう意味でも、安倍総理は内心は結果に100%は満足していないと思います。




More
by hiroseto2004 | 2014-12-15 05:15 | 新しい政治をめざして | Trackback
広島ブログ

衆院選は、沖縄では自民党が「圧敗」しました。

1区は日本共産党の赤嶺政賢さん、2区は社民党の照屋寛徳さん、3区は生活の党の玉城デニーさん、4区は保守系無所属でオール沖縄の仲里さんが当選。

沖縄県知事選挙から続いた「共産党から経済界まで含む反基地共闘」が成功しました。

沖縄では、実は、「基地が返還された場所では、経済がうまくいっている」という例がぼちぼち出てきています。

http://www.pref.okinawa.jp/site/kikaku/chosei/kikaku/yokuaru-beigunkichiandokinawakeizai.html

(問17)米軍基地返還跡地の開発による経済波及効果はどうなっていますか。

○都市部における基地返還跡地は、返還後の開発により経済規模が大幅に拡大し、県経済を牽引しています。

(答)

  • 全国の政令指定都市並みの人口、面積に匹敵する本島の中南部都市には沖縄県民の8割強(約114万人)が生活しており、市街地を分断する形で広大な米軍基地が存在し、都市機能、交通体系、土地利用に大きく影響しています。
  • 沖縄県が試算した基地返還後の経済波及効果(平成25年8月23日更新)(PDF:152KB)では、例えば、那覇新都心地区(那覇市)の場合、米軍の「牧港住宅地区」の全面返還後、住宅、商業・業務施設、公共施設等の立地が進み、168人であった従業員数が、平成21年時点では17,285人と約103倍に増加しています。
  • また、地区内の雇用者報酬(推計)も518億円と、その効果は返還前の軍雇用者所得7.5億円の約69倍に増加、市町村民所得(推計)も850億円と、返還前の基地関連収入45億円を大きく上回っています。
  • また、その他の都市部における返還跡地においても那覇新都心地区と同様に基地跡地開発による大きい経済波及効果が生じており、県経済に大きなプラスとなっています。
  • これらの調査結果等も踏まえ、沖縄県は「沖縄21世紀ビジョン」において、中南部都市圏における広大な米軍基地返還跡地を、沖縄の新たな発展のための貴重な空間と位置づけ、跡地の有効利用を、「自立経済構築」の大きな柱として取り組むこととしています。

    こうしたことがあり、「反基地」での共産党から経済界までの共闘が成り立ったのです。

    はっきりした目標があり、なおかつそれが現実的だと一定程度の層に認識されれば、保革共闘はうまくいく。
    このことを沖縄の例は示したと思います。

    そのためにも、大衆運動が沖縄のようにしっかりとしていないといけない。人々に問題を知らせるとともに、解決策を提示していく。政治家や行政にも働き掛けていく。そんな活動がもっと広がらないといけない。選挙のときだけが政治ではないのです。

    本土だって、貧困や格差の問題など深刻ですし、原発など、現実に安全と生活を脅かしたわけです。
    もっと大衆運動が盛り上がったうえで、しっかりとした旗印のもとに、幅広い共闘が成り立てば、自民党政治に代わる政治は見えてくる。このように考えます。



More
by hiroseto2004 | 2014-12-15 04:37 | 新しい政治をめざして | Trackback
e0094315_032613.jpg

【保守系議員や農協からも「共産党でも何でもいい。農業守って!」の声】
大平よしのぶ新衆院議員が、インタビューに答えています。「共産党でも何でもいい。農業を守って欲しい」の声が山陰地方の保守系議員や農協からもあったそうです。
by hiroseto2004 | 2014-12-15 00:32 | 大平よしのぶを勝手に励ます | Trackback