エコでフェアでピースな世界をヒロシマから国政へ!成長戦略から成熟戦略。誰もが置きざりにされない社会を。核兵器も原発もない世界を。役人からヘルパーへ。庶民増税より格差是正。ヒロシマの心活かす市民発・政界再編。


by hiroseto2004

2014年 12月 18日 ( 3 )

広島ブログ
若者たちと固く握手、そして被爆者の願いに背く姿勢に怒りも

今日は、広島の事務所で、お世話になった方々への電話かけと、祝福のメッセージをいただいたお一人お一人に返信をしました。

どこでも大きな喜びの声に出迎えられるとともに、さっそく要望もよせられています。
あらためて中国5県みんなの力で勝ち取った宝の議席であることも再度実感させられます。

それから今日は、タイミングよく事務所に次つぎとお世話になった若者たちが出入りをしてくれ、とってもうれしい一日でもありました。
選挙中、文字通り私の右腕となって、時間やお金の管理をしながら一緒に同行してくれたMくん。
今年3月から夢の実現に向け、ずっと一緒に勉強をし、話をしてきた浪人生のYちゃん。
ブラック企業まがいの過酷な労働条件のなかでも誇りをもって必死に働いているYさん(そういえば彼女とは、去年の参院選がはじめての投票だったこともあり、投票所まで一緒に同行した仲でした)。

さらに、選挙戦最終盤の志位委員長との街頭演説会の日に、日本共産党への入党を決意した26歳のSくんまで。
そんなみんなと固く固く握手をし、ハグしあいました。

写真もとりましたが、載せられないのが残念。


夜は岡山へ移動し、「とことん共産党」に出演して今日も一日が終了しました。
なんだか日々があっという間にすぎていきます。



それから、今日どうしても書いておきたいのは、昨日あった報道のなかで、核兵器に関する国際会議で、日本政府の代表が核兵器の使用を前提にするかのような発言をし、大きな問題になっています。
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20141216/k10014016711000.html


こうした発言に、被爆者はもちろん、多くの広島市民、国民がどれだけ傷つき、どれだけ失望と怒りを広げるか。
岸田外務大臣は、「結果的に誤解が生じたことは遺憾に思っている」と述べたとのことですが、私たちは「誤解」なんてしていません。
こうした核兵器の使用をにおわせる発言はこれまでも繰り返しおこなわれており、明確に被爆者の願いに背き続けています。
本当に許せません。

なんとしてもヒロシマの心を届けなければと決意新たに、明日、当選後、初の国会へと上京します。
がんばります。



More
by hiroseto2004 | 2014-12-18 20:47 | 大平よしのぶを勝手に励ます | Trackback
広島ブログ
わたくし・さとうしゅういちも応援させていただいた大平喜信衆院議員からの報告です。
わたくし・さとうしゅういちも、大平議員の院内での活動と連動させた大衆運動をしっかりと広島でも行ってまいる覚悟です。

当選のご報告と決意表明

遅くなりましたが、一昨日投開票された衆議院選挙、定数11をあらそう比例代表中国ブロックのたたかいで、日本共産党は285,224票(得票率9.2%)を獲得し、第8位で1議席を獲得することができました。
その結果、名簿順位1位の私、大平よしのぶが初当選となりました。
2003年に議席を失って以来11年ぶりの議席の奪還です。














(当選が決まり、支援者の皆さんと「バンザーイ!」)

全国的にも改選8議席から21議席へと2.6倍化の躍進となり、単独で法案提出(予算を伴わない)ができる議案提案権も獲得することができました。

ご支持してくださった有権者のみなさん、そして、ともに燃えに燃えてたたかってくださった党員、後援会員のみなさんに、あらためて心からお礼を申し上げます。
本当にありがとうございました。


「原発再稼働だけは何があってもやってはならない。とにかくこれだけは言ってくれ」(島根)
「米価暴落がとまらない。市場にまかせっきりの自民党農政では農家がなんぼがんばっても報われん。あんたはなんとかしてくれるんか」(鳥取)
「年金の通知が届くたびに額が減らされているのを見て、もう開けるのがイヤになる。その上、増税なんてとんでもない」(岡山)
「岩国米軍基地への艦載機移駐ストップのために、ぜひとも力をかしてください」(山口)
「安倍さんを見ていると戦前の日本に戻るよう。被爆者の願いは日本を戦争しない国にすること。変えられるのは共産党しかない」(広島)

選挙戦をたたかうなかで、中国5県の各地から切実な願い、悲痛な叫びが次々と寄せられました。
その思いはすべて、国民の声を聞こうとしない安倍暴走政治への強い怒りとともにあり、またその一番の対決者として共産党への期待とともにありました。

それは、選挙が終わったこの2日間でも、さらに寄せられています。
昨日は広島から山口、岡山へ、今日は島根、鳥取に行き、支援者へのお礼と街頭での結果報告と決意表明をおこないました。













(広島市中区八丁堀交差点にて。マスコミもたくさん来ており、このあとのインタビューがRCCの夕方のニュースで放映されました)











(島根県松江駅前にて、上代島根1区候補とともに。雨の中でしたが、たくさんの方が集まってくださいました)

どこへいっても、熱い激励と大きな期待、さっそくの要望が次々と寄せられます。

みんなの力で勝ちとったこの宝の議席を輝かせられるように、一日も早くみなさんのお役にたてられるように、なんといってもしっかり勉強をし、そして、みなさんの話をとにかくよく聞いて、力をつけなければならないと決意しています。

さっそく24日には特別国会が召集され、同日、広島の仲間のみなさんと仁比そうへい参院議員とともに、8月に広島で起きた土砂災害の被災者支援についての政府交渉をおこなう予定です。

「平和を愛するヒロシマの心」と安倍暴走政治に苦しむ中国5県みんなの心を国会に届けるために、元気いっぱい全力でがんばってまいります。
どうか、引き続くご支援とご指導をいただけますよう、心よりお願い申しあげます。




More
by hiroseto2004 | 2014-12-18 20:45 | 大平よしのぶを勝手に励ます | Trackback
広島ブログ
広島市議会12月議会は12月18日、閉会しました。

松井一実市長が2011年4月執行の広島市長選挙で初当選した際、松井派の自民党市議がお金を配ったり、市長が安佐市民病院の移転問題で利益誘導したとされる疑惑を、藤田博之議員(市長選松井市長と距離を置く自民党議員らでつくる会派「市政改革ネットワーク」)が12日の本会議質疑で告発。これに対して、松井市長を今でも支える会派「自民党」母谷龍典市議らが、藤田議員の発言を根も葉もないことだとして、懲罰動議を提出。藤田議員はこの懲罰動議に対して、「侮辱」だとして処分を要求。一方で、藤田議員は、誰がお金の授受にかかわったかについては「墓場まで持っていく」として、開示を拒否しています。
また、松井一実市長に対しては、もともとは市長を支えていたが、今はアンチ市長に回っている自民党議員らでつくる「保守クラブ」の議員らが「8月20日の豪雨災害時に、大被害が出て、広島県知事はすでに出動していた時間から大幅に遅れた午前7時過ぎに松井市長が登庁した。」危機意識のなさを指弾し、辞職勧告決議を提出しました。

結局、藤田議員は「懲罰なし」、母谷議員らは「戒告処分」。松井市長辞職勧告決議は否決されました。

辞職勧告決議については、市長を推していた議員が「市長が言うことを聞かないてむかつくから提案した」感が強い。
一方で、市長の疑惑追及についてはどの自民党議員も派閥を問わず及び腰である。
松井市長の危機管理意識のなさや、独善的な市政運営は大問題です。しかし、自民党市議の多くも、「わしの言うことを聞くかどうか」で態度を変えるのは、あまりにも、市民の代表としての在り方からかけ離れているのではないでしょうか?

(日本共産党広島市議団からの報告です)
【12月議会12/5~12/18】
12月議会が終わりましたので、広島市議会一連の騒動の経過をあらためてまとめました。
http://www.jcp-hiro-shigi.jp/

① 12月12日(金)本会議一般質問で藤田博之議員(改革ネット)が、松井市長が安佐市民病院の移転問題で利益誘導したこと、2011年市長選で現金の授受にかかわったことなどを指摘しました。
https://www.youtube.com/watch?v=6aa_d9AJ3nc...
(安佐市民病院問題は10:18から、市長選問題は14:18から、再質問は27:57から)

② 母谷龍典議員ら自民党と地域デザイン会派の10人の議員が、この発言は根拠がなく市長の人格と名誉を傷つけるもの、議会の品位と権威を失墜させるものなどとして、懲罰動議を提出しました。
http://www.jcp-hiro-shigi.jp/2014-12-teirei/20141212_chobatudougi.pdf
そのうち今田良治議員、宮崎誠克議員、大野耕平議員の3人が15日付けで発議を取り消しました。

③  16日、これに対し藤田議員は、発言に根拠がないとされたことは侮辱であるとして、発議した7人の議員の処分要求を提出しました。
http://www.jcp-hiro-shigi.jp/2014-12teirei/20141216_syobunyoukyu.pdf

④  谷口修議員、児玉光禎議員(自民党保守クラブ)と藤田議員が連名で「松井一實広島市長の辞職勧告決議案」
http://www.jcp-hiro-shigi.jp/2014-12-teirei/20141217_jisyokukankoku.pdf
を提出しました。のちに谷口議員、藤田議員は提出を取り下げました。

⑤  これを受け17日の本会議で会期延長と懲罰動議、処分要求について審議したのち、
https://www.youtube.com/watch?v=Znbb41ImXEI
懲罰特別委員会(http://www.city.hiroshima.lg.jp/www/contents/1000000000002/1268886569165/index.html#議会運営委員会の構成員に同じ)が開催されました。
日本共産党を代表して中原ひろみ議員は、真相究明こそ重要との立場から質疑しました。
http://www.jcp-hiro-shigi.jp/2014-12-teirei/nakahara-chobatusyobun_situgi.html
藤田議員は懲罰なし、母谷議員ら7人は戒告処分と決定しました。

⑥ 18日の本会議で審議し、村上あつ子議員は真相が明らかにならないのでは双方とも懲罰は科せないという立場で討論しました。
http://www.jcp-hiro-shigi.jp/2014-12-teirei/murakami-chobatusyobun_touron.html
懲罰特別委員会の報告通りの処分を議決したのちに、通常の市長提出議案などと辞職勧告決議案を審議しました。
中原ひろみ議員は、市長の災害初動対応のみならず市民に冷たい市政運営に抗議する立場で辞職勧告に賛成の討論を行いましたが、
http://www.jcp-hiro-shigi.jp/2014-12-teirei/nakahara-jisyokukankoku_touron.html
賛成少数で否決されました。12月議会は終了しました。



More
by hiroseto2004 | 2014-12-18 20:32 | 広島市政(広島市議会) | Trackback