エコでフェアでピースな世界をヒロシマから国政へ!成長戦略から成熟戦略。誰もが置きざりにされない社会を。核兵器も原発もない世界を。役人からヘルパーへ。庶民増税より格差是正。ヒロシマの心活かす市民発・政界再編。


by hiroseto2004

2015年 01月 16日 ( 6 )

広島ブログ

国会での初会議、気合を入れて

昨日、今日で議員宿舎への引っ越しをおこないました。
単身赴任生活の始まりです。

今日は、今年最初の文部科学部会、そして、国会議員団会議がおこなわれ、通常国会にむけての日程その他の確認をしました。
いよいよ国会での本格的な仕事がはじまるなと、あらためて気合が入りました。

そして今日は、畠山和也衆院議員が、私たち新人議員のトップバッターとして、今日、農林水産委員会の閉会中審査の中で初質問。
北海道の畜産農家の切実な実態を紹介しながら、経営の応援をすすめる施策を拡充せよと大臣や政策課長らを追及し、最後は日本の食料と農業を破壊するTPP交渉から断固撤退せよとせまる、すばらしい質問でした。
論戦の中身もさることながら、その立ち振る舞いもとても堂々とされており、たいへん励まされ、学ばされました。





















文部科学部会は、畑野君枝衆院議員を部会長に、田村智子参院議員と私、そして各議員の秘書のみなさんで構成しています。
今日の会議では、本日付赤旗2面にも載っていた、「40人学級」を不採用に追いこんだ世論と運動、そして私たち国会議員団のたたかいの成果を確信にしあい、今後の教育分野での重点課題について、話し合いました。





















少人数学級の推進、教員の多忙化解決、道徳の教科化、教科書採択、子どもの貧困解消、など山積みです。
私は広島県福山市などでの例も紹介しながら、「生徒指導規程」などといった、画一的な〝マニュアル〟にもとづく厳罰主義の実態について発言し、みんなで議論しました。
一歩でも、二歩でも、子どもたちの学ぶ環境が前進するよう、しっかり準備してのぞみます。

明日の岡山での行動などのため、終電一本前で広島に戻り、先ほど自宅に到着。
明日もがんばります!



More
by hiroseto2004 | 2015-01-16 21:36 | 大平よしのぶを勝手に励ます | Trackback
広島ブログ

【福岡サウンドデモ裁判勝訴】
http://demosaiban.blog.fc2.com/blog-entry-53.html

RIMG4832.jpg


IMG_4095.jpg

IMG_4102.jpg


<福岡サウンドデモ裁判勝訴>

僕ら原告側の勝訴です。
正直にいえば、国家権力とケンカするという国賠訴訟では、
負けるのが殆どと言っていいくらい。
そのなかで勝訴というのは、いやー、嬉しいです。

判決要旨(長い判決文をまとめたもの)から部分的に
抜き書きします。

「野上警部補(交通課窓口の警察官)の誤教示及び同人に
よる文書の破棄が、サウンドデモを行うための期待権を
侵害したとの限度で理由がある。いかなる態様でのデモ
行進を行うかは、それが社会通念上相当性を欠く態様の
ものでない限り、表現の自由の範疇に属するものとして
法的な保護に値するというべきであるから、たとえ
デモ行進の実施自体が妨げられたわけではないとしても、
上記のような期待権の侵害により、無形の損害が生じて
いるというべきである」


「期待権を侵害した」って、すごい内容じゃないですか?
また後日に、判決文の中から他にもピックアップして、
ご紹介したいと思います。

それは、今後僕らと次世代の人たちがデモや街頭行動を
やっていくために、きっと「使えるアイテム」になるは
ずです。

国家賠償請求訴訟とは、お金という形で被害を訴えて、
裁判所がその金額を決めますね。
今回の判決では、僕ら原告27人が請求した全員の満額で
ないのが残念ではありますが…道路使用申請に記載した
申請者としての福岡地区合同労組に(請求満額の)1万円
の損害賠償が認められました。
お金の金額としては、とても小さな額ですが、賠償が認
められた意味というのは、社会運動的にはとても大きな
成果だと感じています。

ご支援していただいたみなさん、ありがとうございます!
しかし、被告(警察)はおそらく控訴すると思います。
この判決が覆されないするために、またまた、みなさん
のご協力が必要になると思いますので、その時はよろしく
お願いします!

                 原告いのうえしんぢ


この裁判について

116.jpg


この裁判は、5月8日での脱原発サウンドデモが福岡
県中央署から妨害された事件を争う国家賠償請求訴訟
です。

 わたしたちは「原発を止めたい」というメッセー
ジを路上から届けるために、2011年5月8日に福岡
市の繁華街で脱原発サウンドデモを行いました。
その際、デモ参加者を先導して車道を走行するトラ
ックを事前に準備していました。
道路使用許可申請時には、このトラックが荷台に音
楽機材とDJを載せるために、必要な添付書類も一緒
に届け出ていて、事前にその許可書が出されていた
にも関わらず、デモ当日には出発地点である警固公
園から出発しようとする時、交通課警官が目の前に
立ちはだかり
「このトラックは走らせることは出来ない」と出発
を拒んで妨害してデモ隊列を混乱させました。

後日、中央署に抗議に行くと、道路使用許可申請に
は、DJトラックの機材を載せる図面書類も提出して
いたにも関わらず、その図面を破棄していたことも
発覚しました。

まず最初に、わたしたちはこんな警察に対して
「審査請求」という形で不服申し立ての声をあげた
のですが、その警察側(福岡県公安委員会)のわた
したちをまったく相手にしないという、不誠実な対
応に我慢できず、ついに裁判という手段をとったの
が、この「福岡サウンドデモ裁判」です。

この裁判では、デモを警察が妨害したことを法廷の
前で、あきらかにすること。
また、デモという表現形態を、誰からも邪魔される
ことがないように、わたしたちにも、未来で路上で
表現する人たちのためにも、表現の自由があること
を主張すること。
現在、日本各地で行われている脱原発デモのなかで
も、数多くの逮捕者が出ていますが、その脱原発運
動を恐れて上から押さえつけようとする国家権力が、
一体どんなシステムのなかで行われているかをあぶ
りだしていくところにも、今回の裁判のポイントは
あります。


More
by hiroseto2004 | 2015-01-16 21:22 | 生存ユニオン・独立系メーデー | Trackback
広島ブログ

沖縄では、2014年11月の県知事選挙、12月の衆院選挙の県内小選挙区すべてで
自民党系候補が全敗しました。

すると、安倍総理は、新基地反対派の翁長雄志・沖縄県知事に会おうとしないという、
暴挙に出ました。

また、沖縄関連予算をカットするという方針も打ち出しました。

さらに、基地予定地の辺野古において、非暴力で座り込んでいる市民を強制排除するという
暴挙に出ました。

知事が自民党でないからと言って差別をする。これは、明らかに憲法違反です。

憲法違反以前、子どもじみているといっては、子どもに失礼です。

むしろ、総理に余裕がなくなっているともいえます。

さらに、佐賀県知事選挙では、大物を大量投入し、最後は自分の声まで投入して、
「農協解体」を呼号して、新自由主義者の前武雄市長を応援しました。

しかし、負けました。そして、農協解体反対派の新知事は、前知事によるオスプレイ受け入れ容認も
「白紙」に戻しました。

直接対決の知事選挙ではこれで3連敗となった安倍総理。

押さえつけようと、押さえつけようとすればするほど、被害を受けた地域では、
人心が離れています。

安倍総理は、余裕がない反面、国会で議席が多数でありさえすれば何をしてもいいと
勘違いしておられる面もあるのではないでしょうか?

そもそも、今の自民党の得票率も、比例代表では有権者の2割も行かない政党です。
2割にも支持されていないのに、すべての人に支持されているかのごとき傲慢な姿勢を
取るから沖縄でも佐賀でも負けるのです。

そして、小選挙区制のマジックで議席を独占している衆院での多数を背景に、
地方を押さえつけようとしている。

総理の傲慢さに、日本国のより多くの地域が気づき、そしてこれをストップしようという
流れになったとき、国政選挙でも大きな流れが起きるでしょう。

e0094315_06402531.png



More
by hiroseto2004 | 2015-01-16 20:53 | 新しい政治をめざして | Trackback
広島ブログ
世田谷区は、保育士に8万2千円の家賃補助を出して、保育所を増やすという政策をとるそうです。

空き家・空き室は全国で820万戸。全国で問題になっています。
一方で、働くときにネックになるのが、就職先に近い住宅が往々にして家賃が高くて住みにくいということです。
そんなことで人手不足になるのであれば、それこそ、家賃補助を出すというのは良い考えです。

マイホーム奨励至上主義のような政策をとってきた日本。大手企業の男性正社員を想定して、住宅ローンを組ませて家を買わせる。そして、労働者を企業に縛り付ける。そういうマイホーム至上主義を打倒し、福祉としての住宅政策を取りましょう!

http://www.asahi.com/and_w/life/SDI2014122434051.html

保育士に月8万2千円の家賃補助
文保坂展人
2014年12月24日 @朝日

<世田谷区 保育士家賃8.2万円補助 来春 保育所増で人材確保策>

 12月20日付の東京新聞は、世田谷区が来年4月から、区内の新設保育所で働く保育士に、一人当たり月額8万2千円を上限に家賃を補助するという、東京で初めてとなる施策について伝えています。(2014年12月20日付東京新聞)

 前日、今年最後となった定例記者会見で、記者から質問が集中したのも「保育士確保のための家賃補助」についてでした。対象となるのは、保育所などが借り上げた住宅に住む、経験5年以下の保育士です。補助金は保育所側に支払い、2019年度まで実施します。

 記者会見では、保育士確保のためにネット上にポータルサイトを運営して事業者と保育士のマッチングをはかる事業や、都内及び地方で「保育のおしごと就職相談会」を実施することなども発表しました。

 世田谷区は待機児童を多く抱える自治体として、保育園の整備を急ピッチで進めています。14年度中に5園、15年4月には12園を新たに開設する予定ですが、保育士の確保が大きな課題となっていました。「家賃補助8万2千円」は、日々の支出の多くを賃貸物件の家賃として支払うことになる保育士にとって大きな支援策となるでしょう。

 この「保育士家賃補助」のスキームは、国と都の「保育士住居支援制度」を活用したものです。すでに認可保育所の保育士に対しては、国50%、区市町村25%、事業者25%の家賃助成制度があります。横浜市では、家賃8万円の3分の2を上限として助成する制度を実施しています。

 今回、東京都は認可保育所に対して新たに、都が25%を負担することにしました。それにより、区市町村と事業者の負担が25%から12.5%に半減されました。また、都の認証保育所については国の予算措置がないために、都が75%を負担することで、区市町村や事業者の負担を認可保育所と同率にしたのです。(東京都第4回定例会補正予算案)世田谷区は、このスキームを活用して、保育士確保のための家賃補助にふみきりました。

 家賃補助に関しては、もうひとつの試みが成果をあげています。世田谷区では、土地所有者(オーナー)が建てた民間の優良賃貸住宅を一般財団法人「世田谷トラストまちづくり」が管理者となって20年間借り上げる「せたがやの家(特定優良賃貸住宅~」というものがあります。ファミリー向けの住宅で、2LDKから3LDK(50m²~70m²)で家賃が11万円から18万円ほどです。

 それでも、「せたがやの家」はこれまで、100室前後の空き室を抱えていました。そこで、「子育て世帯応援・家賃4万円補助」のスキームを導入しました。「18歳未満の子どもがいる」「所得制限(目安として3人世帯で手取り年額316万円以上462万円以下)」「世田谷区内在住」などの条件を満たせば入居できます。2014年春からこれまでに、59世帯から申し込みがありました。子育て支援に役立っているだけでなく、空き室が半数ほどに減ったことで、一括して借り上げている管理者の負担も減りました。

 福祉政策の中でも、住宅政策はあらためて光を当てるべき領域ではないでしょうか。少子高齢化社会がどんどん進んで、社会保障の枠組みは揺らいでいます。国民年金のみの被保険者にとって家賃負担は重く、ぎりぎりの生活さえ継続できなくなりかねません。安い家賃の住宅が提供されることで、浮いた分を生活費に充当できるようになるでしょう。

 日本全国で「空き家・空き室」は820万戸に及んでいます。(総務省・平成25年住宅・土地統計調査)

 820万戸には、倒壊寸前の空き家だけでなく、現状で住めるものや修繕を施すことで住めるようになる物件も少なくありません。こうした社会資源を福祉的に活用することをさらに進めていきたいと考えています。
世田谷区 保育士家賃8.2万円補助 来春 保育所増で人材確保策
http://www.tokyo-np.co.jp/article/national/news/CK2014122002000124.html

2014年12月20日 東京 朝刊

 東京都世田谷区は来年四月から、区内の新設保育所で働く保育士の家賃について、一人当たり月額八万二千円を上限に補助する。区によると、東京二十三区では初めて。
 十九日に発表した世田谷区によると、経験五年以下の保育士が対象。保育所などが借り上げた住宅に住み、補助金は保育所側に支払う。二〇一九年度まで実施する。
 区内では本年度中に五園が開設され、来年四月にもさらに十二園増える。今年四月に千百九人いた待機児童を解消するため、定員は千百三十五人増やす方針だが、十二園のうち五園は保育士の数が十分でないという。区の担当者は「これからは人材の確保も非常に重要」と説明。来年十月から札幌、名古屋、福岡などで説明会を開き、保育士を募る。
 保育士への家賃補助は横浜市が今年一月から実施し、一人当たり月額六万円を上限としている。


More
by hiroseto2004 | 2015-01-16 20:24 | ジェンダー・人権(労働問題) | Trackback
佐賀県の山口新知事が、古川前知事が決めたオスプレイの受け入れを白紙に戻すことを表明しました。

知事選挙では、安倍総理の農協解体反対を主に争点として当選し、オスプレイや原発には態度を
あいまいにしてきました。

しかし、今回の白紙表明は、歓迎できます。

山口知事が、なるべく県民の意見を尊重する方向で動くよう、叱咤激励していく。
それもまた、今後の課題ではないでしょうか?

by hiroseto2004 | 2015-01-16 00:25 | 地方自治 | Trackback
by hiroseto2004 | 2015-01-16 00:17 | イベント情報 | Trackback