エコでフェアでピースな世界をヒロシマから国政へ!成長戦略から成熟戦略。誰もが置きざりにされない社会を。核兵器も原発もない世界を。役人からヘルパーへ。庶民増税より格差是正。ヒロシマの心活かす市民発・政界再編。


by hiroseto2004

2015年 01月 21日 ( 3 )

e0094315_22472811.jpg

e0094315_2247282.jpg

【広島ドラゴンフライズ、地元で幸先の良い2015年スタート】
 1月21日、バスケットボール・広島ドラゴンフライズの2015年はじめての試合を西区のサンプラザで妻と一緒に観戦しました!
この日は、兵庫を下し、幸先の良い2015年スタートでした!
(本紙社主)

by hiroseto2004 | 2015-01-21 22:47 | スポーツ | Trackback
広島ブログ

IS ( イスラム国) による日本人人質事件に対する声明

はフォトジャーナ
リストやビデオジャーナリストの団体です。
私たちは、イラク戦争とその後の占領下において、米英軍を中心
とした有志連合軍による攻撃がイラク市民にどんな災禍をもたらさ
れたかを取材、テレビや新聞などで報道してきました。また、イス
ラエルのパレスチナ・ガザ地区への無差別攻撃に晒された市民を取
材し、テレビや新聞等で報道してきました。私たちの報道はけっし
てアメリカやイスラエルの攻撃を肯定するものではありませんでし
た。
私たちジャーナリストが、現場での取材を通して理解した戦争下
の住民の現実だったからです。同時に、報道を通して私たちはあら
ゆる暴力を批判してきました。日本政府の戦争政策に対しても批判
してきました。イスラエルのガザ攻撃に対しても、私たちは強く批
判してきました。私たちは現在の安倍政権の戦争を肯定するかのよ
うな政策を、報道を通して批判しています。
現在、IS ( イスラム国) が拘束している後藤健二さんには、取材
の現場で会ったことがあります。後藤健二さんもまた、イラクやシ
リアでの戦火に苦しむ市民の現状をテレビやインターネットで報道
してきました数少ないジャーナリストです。湯川遥菜さんは、私た
ちと直接の接点はありませんでしたが、報道によると個人的な興味
から「イスラム国」に入ったようです。
私たちは、暴力では問題の解決にならないというジャーナリズム
の原則に立ちます。武力では何も解決されない現実を取材をとおし
て見てきたからです。「交渉」を含むコミュニケーションによって問
題解決の道が見つかると信じます。
私たちは、IS ( イスラム国) の皆さんに呼びかけます。日本人の
後藤さんと湯川さんの2 人を殺さないように呼びかけます。人の命
は他の何ものにも代え難いものです。イスラムの教えは、何よりも
平和を尊ぶことだと理解しています。
私たちは、同時に日本政府にも呼びかけます。あらゆる中東地域
への軍事的な介入に日本政府が加担することなく、反対し、外交的
主題によって解決する道を選ぶようにと。
20 1 5 年1月20 日
日本ビジュアル・ジャーナリスト協会( JV J A )




More
by hiroseto2004 | 2015-01-21 22:34 | 国際情勢 | Trackback
広島ブログ

日本人の若者Aさんは、生活に困って自衛隊へ。
日本人の若者Bさんは、希望を失い、自暴自棄でイスラム国へ。
日本人の若者Cさんは、興味本位で、「自由シリア軍」へ。

Aさん、Bさん、Cさん、ともに、「日本で文民として暮らすことに希望が持てない状況に追い込まれている」。

安倍政治の行くつく先は以上のような状態ではないかと思うのです。

庶民増税・社会保障切り捨て、労働法改悪などで、格差拡大、労働環境の悪化などで、若者から希望を奪う。

一方で、集団的自衛権の行使容認、そして、「テロ撲滅」と称した戦争で、自衛隊を戦闘地域にも参加させる。
国の予算も、「戦争支援」のための外国へのばらまきなどにつぎ込んでいく。

その結果、「三国志状態」となっているイラク(イラク政府、クルド人、イスラム国)やシリア(アサド政権、自由シリア軍、イスラム国)で、それぞれの陣営に日本の若者が参加し、日本の若者同士が殺しあうという結果になるのではないか?

「戦争反対!」と叫ぶ人たちも、ついつい、戦争というと、第二次世界大戦のように、国家同士が正々堂々
ぶつかり合うイメージ、あるいは東京大空襲や原爆のイメージで考えてしまいがちですが、現実には、
三国志のような泥沼状態のところで日本人の若者が殺しあうのではないか?

もちろん、第二次世界大戦は悲惨でしたが、中東での殺し合いも悲惨です。日本が火に油を注ぐような
ことはやめなければなりません。







More
by hiroseto2004 | 2015-01-21 08:03 | 反核・平和 | Trackback