エコでフェアでピースな世界をヒロシマから国政へ!成長戦略から成熟戦略。誰もが置きざりにされない社会を。核兵器も原発もない世界を。役人からヘルパーへ。庶民増税より格差是正。ヒロシマの心活かす市民発・政界再編。


by hiroseto2004

2015年 06月 04日 ( 4 )

広島ブログ

 衆院憲法審査会で、与党推薦の参考人も含む全員が、安倍総理が提出した「安保法案」=「戦争参加法案」を違憲だとしました。


安保法案 参考人全員「違憲」 衆院憲法審 与党推薦含む3氏

http://www.tokyo-np.co.jp/s/article/2015060490140427.html

衆院憲法審査会は四日午前、憲法を専門とする有識者三人を招いて参考人質疑を行った。いずれの参考人も、他国を武力で守る集団的自衛権の行使容認を柱とする安全保障関連法案について「憲法違反」との認識を表明した。自民、公明両党の与党が推薦した参考人を含む全員が違憲との考えを示したことで、衆院で審議中の法案は憲法の枠内だとの政府の主張に対する疑義が鮮明になった。

 参考人として出席したのは、自民、公明、次世代の各党が推薦した長谷部恭男(はせべやすお)早稲田大教授、民主推薦の小林節(こばやしせつ)慶応大名誉教授、維新推薦の笹田栄司(ささだえいじ)早稲田大教授の三人。

 長谷部氏は、安保法案のうち集団的自衛権の行使を容認した部分について「憲法違反だ。従来の政府見解の論理の枠内では説明できず、法的安定性を揺るがす」と指摘。小林氏は「私も違憲だと考える。(日本に)交戦権はないので、軍事活動をする道具と法的資格を与えられていない」と説明した。笹田氏も「従来の内閣法制局と自民党政権がつくった安保法制までが限界だ。今の定義では(憲法を)踏み越えた」と述べた。

 いずれも民主党の中川正春委員の質問に答えた。法案提出前の与党協議を主導した公明党の北側一雄委員は「憲法の枠内でどこまで自衛の措置が許されるかを(政府・与党で)議論した」と反論した。

 国際貢献を目的に他国軍支援を随時可能にする国際平和支援法案が、戦闘行為が行われていない現場以外なら他国軍に弾薬提供などの後方支援をできるようにした点について、長谷部氏は「武力行使と一体化する恐れが極めて強い。今までは『非戦闘地域』というバッファー(緩衝物)を持っていた」と主張した。

 小林氏は「後方支援は特殊な概念だ。前から参戦しないだけで戦場に参戦するということだ。言葉の遊びをしないでほしい。恥ずかしい」と述べた。

 審査会は、参考人が立憲主義や改憲の限界、違憲立法審査をテーマに意見を述べた後、各党の委員が質問する形で進められた。

 安保法案をめぐっては、憲法研究者のグループ百七十一人が三日、違憲だとして廃案を求める声明を発表したばかり。安倍政権の憲法解釈に対し、専門家から異議が強まっている。

(東京新聞)



More
by hiroseto2004 | 2015-06-04 20:42 | 憲法 | Trackback
広島ブログ
役人からヘルパーへ。108日目の出勤です。
お年寄りに長生きをして良かったと思ってもらえる日本を、と思います。
今、安倍晋三総理がイランに宣戦布告する法律を作ろうとしています。
アメリカや場合によってはイスラエルの尻馬に乗り、やりかねません。
戦時中、戦後、厳しい時期を生き抜いて来られたお年寄りに戦争をまた、見せていいのか。
シルバー民主主義などとお年寄りを侮蔑する風潮もあるが、後先考えずに国を滅ぼしたのは、現役世代だった、なんて歴史になったら困ります。
「60年以上銃を取らないで来た日本がーー。恐ろしい。」
戦時に学校で軍事教練をさせられ、野球をしたら怒られ、お父さんを原爆で亡くされたお年寄りが戦争法案の審議をご覧になって漏らした感想です。





More
by hiroseto2004 | 2015-06-04 07:37 | 役人からヘルパーへ | Trackback
広島ブログ

 https://www.facebook.com/photo.php?fbid=632968246839812&set=a.476918662444772.1073741826.100003799285366&type=1

日本共産党員詩人の峠三吉ら被爆作家3人の直筆資料を国連教育科学文化機関(ユネスコ)の記憶遺産への登録を目指す文学展が14日まで、広島市中区袋町の市民交流プラザ1階ロビーで開かれています。広島文学資料保全の会(土屋時子代表)の主催で、入場無料。
 登録を目指す資料は、峠の「原爆詩集」の最終草稿、栗原貞子の「生ましめんかな」の創作ノート、原民喜が「夏の花」の下敷きとした被爆時の手帳―の3点。2017年度の登録へユネスコの国内委員会が1国2件の枠内に絞り込む公募の締め切りの今月19日までに、広島市と共同して登録を申請します。
 同会が1987年以来、行政に求めてきた被爆作家の被災資料を保存する「平和文学館」は実現に至らず、「やむにやまれぬ思いでの登録申請」という土屋代表。今回の文学展について「3人は自ら被爆しながらも、いち早くその惨状を書き留めた作家精神という点で、傑出している。世界からも高く評価されている資料を、ぜひ多くの方に見てほしい」と意気込みます。


More
by hiroseto2004 | 2015-06-04 06:59 | 反核・平和 | Trackback
広島ブログ
被災者県議候補・つくだ守生(日本共産党推薦、緑の党・ひろしま)からの報告です。

みなさん、怒り心頭です!
 きょう、三原市で認知症のお袋の見舞いを兼ねてギターをかかえて「うたの時間」を開催したんですが、介護デイサービス施設で要支援の方々が午後3時半になったら追い出されるという事態が、なんと今月6月から、つまり、きのうから起きていたんです。
 午後3時15分から30分間の「うたの時間」を始めたら、約半分の要支援の方々が3時半になる前に、どんどんいなくなるんです。
 介護職員の方たちに尋ねると、「要支援のみなさんも『うたの時間』を本当に楽しみにしているんですが、今月から要支援は午後3時半までしか預かることはできないと政府が決めたんです。きのうから始まったんですが、本当にとまどっています」とのことでした。
 妻の中原久美子も「戦争しようというとき、お年寄りと障がい者は、じゃまになるからということだろうけど、許せない」と憤慨しています。


More
by hiroseto2004 | 2015-06-04 06:54 | 三原市政 | Trackback