エコでフェアでピースな世界をヒロシマから国政へ!成長戦略から成熟戦略。誰もが置きざりにされない社会を。核兵器も原発もない世界を。役人からヘルパーへ。庶民増税より格差是正。ヒロシマの心活かす市民発・政界再編。


by hiroseto2004

2015年 06月 05日 ( 4 )

e0094315_1931216.jpg
【ゆかたできんさいお掃除隊】

今日からとうかさん。今年もお掃除隊に参加しました。




More
by hiroseto2004 | 2015-06-05 19:31 | 社主・さとうしゅういちの部屋 | Trackback
広島ブログ

〔緊急アピール 201565日]

大阪府警が市民運動活動家3人を不当逮捕

 

京丹後市での米軍Xバンドレーダー基地建設反対行動参加のためのバスの手配が「白バス」行為?

+++

不当逮捕された仲間への激励と、早期釈放を求める行動

あす(66日)AM10

大阪府警西警察署前集合(地下鉄阿波座下車10分)

http://www.police.pref.osaka.jp/04shikumi/ps/107nishi_1.html

+++

昨日(64日)朝から夕方にかけて大阪府警本部警備部公安三課は、「道路運送法違反」(いわゆる「白バス」行為)なる容疑で、京都・大阪の反戦・市民運動の活動家の自宅・事務所など十数箇所の家宅捜査を行い、3名をその場で逮捕しました。

京都・大阪の反戦・市民運動は、関西で初の米軍基地としてミサイル防衛のためのXバンドレーダーが京都府京丹後市経ケ岬に建設されるのに対して、地元の人たちと連帯しながら数度にわたって集会、デモに参加してきました。今回の「容疑」は昨年9月の現地闘争の際の大阪からのバスが無許可の営業(利用者から料金を集めた)というものです。このような理由による市民運動団体に対する捜査や逮捕は前代未聞です。

昼のテレビのニュース(ABCニュース)で、「逮捕 “白バス”運行容疑 有料で集会参加者ら送迎か」という見出しで、関西共同行動の活動家が逮捕される様子が放映されました。つまり、警察はマスコミを同行させ、わざわざ逮捕現場を撮影させ、悪意に満ちた報道をさせたのです。

産経新聞は、逮捕された3人をそれぞれ「XX」(政治団体)の活動家として書き立て、あたかも政治団体が資金稼ぎのために違法な営業をしていたかのような報道をしました。あたかも私たちの行動が、市民が主体の行動ではないかのようなフレームアップです。

 そもそも、「道路運送法違反」というものは、不当な利益を得たり、合法的に営業している者に不利益を及ぼすような常習的な不法行為を対象とするものであり、しかも通常は警告ですむ事象にすぎません。このような微罪ですらない罪状をでっち上げ、長年にわたって地道に広範な市民の連帯を作り出してきた運動に対し楔を打ち込もうとする今回の不当逮捕・家宅捜査を私たちは決して許しません。このような無茶苦茶な弾圧を行っている大阪府警に強く抗議します。

 現在、国会で議論されている「戦争法案」の審議をめぐって、安倍政権は消化試合であるかのごとく放漫な答弁を続けています。しかしそれは決して世論の総意を得ているという自信からではなく、米軍の裏庭を守る番犬と化すことで無常の至福に包まれる安倍の妄想によるにほかなりません。

 まさに沖縄では戦後70年の総括とも言うべき圧倒的な沖縄民衆の力が、辺野古に新基地を建設するという安倍政権の野望に立ちふさがっています。関西でも戦争に反対し、日々平和を求めて闘う民衆が、Xバンドレーダー基地配備に見られるような具体的な形での日米軍事一体化に激しい怒りを表すと同時に、自分たちの運動の中から沖縄の闘いに深い連帯の意を表明しつつあります。集団的自衛権と戦争法に対する闘い、そして辺野古に連帯する闘いが重要な局面に入っているこのタイミングでの弾圧をすべての人々の力ではね返すことを訴えます。

 仲間を今すぐ返せ!

 大阪府警は不当弾圧をやめろ!

 姑息な市民運動の分断策を許すな!

 我々は闘うぞ!

 そして勝利するぞ!

6.4不当弾圧に抗議し、早期仲間の釈放を求め、共に闘う会(仮称)

                           

連絡先:関西共同行動

http://www17.plala.or.jp/kyodo/




More
by hiroseto2004 | 2015-06-05 14:09 | ジェンダー・人権(裁判) | Trackback
広島ブログ

麻生総理がナチスに例えて憲法問題を論じたことがありました。
こんなことをすれば、イスラエルあたりが、機嫌を悪くするのは当たり前です。
そして、安倍総理が、今度は、機嫌をなおしてもらおうというのか、イスラエルの国旗の前で記者会見をした。
その結果として、日本人の人質が2名殺害されるという痛ましい事件が起きた。

安倍政権や総理のご友人の橋下知事が従軍慰安婦問題で失言をした。その結果、日本の評判が落ちた。それを取り返そうと、安倍総理は、TPP参加や自衛隊派兵などで過剰にアメリカにすり寄ろうとしているように見えます。

もし、以上の推論が正しければ、日本がこれから打ち出す政策はすべて政治家の失言の埋め合わせで、国民には全く利益がないということになりかねません。

となれば、上記のような政治家を、やめさせるしか、方法はないのですが。


More
by hiroseto2004 | 2015-06-05 14:05 | 新しい政治をめざして | Trackback
広島ブログ

日本創成会議は、東京など大都市での要介護者が爆発的に増加する中で、余力のある地方の41都市(地域)に移住を進めるべきとの提言をまとめました。

http://www.policycouncil.jp/


そう、スムーズにいくのか?という問題もあります。

スムーズにいく話ではないからこそ、大都会に人口が集中しているのではないですか?

これまでの東京のお年寄りは、地方育ち、東京へ上京は多かった。
しかし、これからは、東京生まれの人、純粋東京人とでもいえる人が、お年寄りの中でもおおくなるでしょう。

たとえば、生まれてからずっと東京人というお年寄りが、いきなり、松江へ行け、室蘭へ行け、と言われても、躊躇してしまうのではないでしょうか?

また、地方の場合、医療、介護は東京よりよくても、例えば交通の便などで、お年寄りにとって難があったりします。

創成会議で挙げた都市で、車でなければ移動できない、買い物ができない、という都市もたくさんあります。

これまでの、クルマ中心の公共交通政策を、特に中規模都市くらいでも、十分に移動の権利が保障される交通政策へ、と転換していく必要があると思います。

岡山あたりだと、路面電車などに力を入れています。その土地にあった交通政策が課題でしょう。

また、要介護状態になっていきなり移住というよりは、段階的な移住をしないと難しいでしょう。その点は同会議の提言でも「お試し移住」などの形でされてはいます。

さらに、問題は、憲法との関係で、国民に東京から地方へというライフスタイルを「押し付ける」ことになってはいけません。

また、東京で介護職が不足して、地方では余力があるというのはひとつは、地方では、若者にとって、介護以外にそんなに就職先がないという状況があるのとともに、東京では介護以外に就職先が結構あるのに、介護職の処遇がよくないということがあります。

資格の融合で人材不足を回避する、、また外国人を受け入れなどともいわれています。

資格の融合は、資格を取る際のコストの上昇にもつながる。そうすると、狙いとは逆に、余計に人材不足を招きかねないのです。あるいは、資格を融合してハードルを下げると、今度はサービスの質の低下につながります。

 さらに、日本の最低賃金がトルコ並みまたはそれ以下(為替相場による)という状況もあります。どれだけの外国人が来るのか?疑問です。

また、社会保障のためのはずの消費税増税が介護施設も圧迫している例もあります。
サービス付き高齢者住宅の場合は、家賃に消費税増税分を転嫁するのは難しい実態があります。特に、庶民向けほどそうなります。

そうした問題が放置されています。

こうした問題も同時並行で解決していくことが必要ではないでしょうか?

そうしないと、逆に言えば、どんどん、地方の介護職の若者も、東京の介護以外の産業へ流れ込んでしまうということもあり得るからです。

そもそも論を言えば、戦後70年というよりも、第二次世界大戦を遂行するために、東京を巨大化する政策を近衛文麿総理がとって以来の一極集中です。80年近い政策のつけがたまっているのです。

それを是正するのは、簡単なことではないのです。急に、押し付けでやれば、それこそ、弊害のほうが大きくなります。

 「東京から地方へ。」「役人からヘルパーへ。」
のわたくし・さとうしゅういちが申し上げます。

「そんな簡単なことではないですよ。たとえば、安倍総理とその取り巻きの皆様、あるいは高級官僚のみなさまは、地方で介護職を何日かでもいいから仕事をされてからこうした政策を立案されてはいかがでしょうか?」
と。
この日本創成会議自体は、岩手県知事ご出身の増田寛也さんが座長です。
しかし、いざ、法案をつくるとなれば責任を持つのは安倍総理、そして作業をするのは官僚です。
地方選出であっても、ほとんど東京でしか暮らしたことのない総理や、もはや代々東京生まれ東京育ちのような官僚に言われても、どれだけの国民が説得力を持って受け取るか?疑問です。













More
by hiroseto2004 | 2015-06-05 13:01 | 役人からヘルパーへ | Trackback