エコでフェアでピースな世界をヒロシマから国政へ!成長戦略から成熟戦略。誰もが置きざりにされない社会を。核兵器も原発もない世界を。役人からヘルパーへ。庶民増税より格差是正。ヒロシマの心活かす市民発・政界再編。


by hiroseto2004

2015年 06月 19日 ( 8 )

広島ブログ
https://www.change.org/p/東京都知事-殿-新国立競技場に500億円払うのはやめて-困窮する福島原発事故の避難者たちの住宅支援継続を?recruiter=311906&utm_source=share_petition&utm_medium=twitter&utm_campaign=share_twitter_responsive

私たちは、500億円もの税金を、新国立競技場に投入することに強く反対します。

舛添知事は16日の都議会で、新国立競技場の建設費の一部を東京都が負担することに対し、前向きな答弁をしました。しかし、ザハ・ハディド氏の設計した新国立競技場は、莫大な建設費用がかかるにも関わらず、全容が未だに示されていないこと。周囲の景観への配慮がないこと。さらに建設工事そのものが困難で、屋根の間に合わないことなど、様々な問題を抱えており、多くの建築家が、反対の声をあげているところです。ほとんど実現が困難な施設のために、500億円もの都税を投入することは、到底、許されません。

無駄な施設に巨額の税金を費やすよりも、その分を、「人」「福祉」にあてるべきでしょう。

たとえば、現在、東京都には、福島原発事故による避難者が6,000人以上暮らしています。その多くは母子避難です。
来年度末には、住宅支援が打ち切られる方針が示されています。

そもそも、東京電力福島第一原子力発電所の電気は、その多くが東京で使われてい
ました。
原発事故の「加害者」として、東京都は、被災者支援を優先すべきです。

500億円は、現在、福島から東京に避難されている方々の10年分の住宅費に該当します。

安倍総理はIOC総会で「福島原発はアンダーコントロールされている」などとウソの発言をし、五輪招致に成功しました。そして今、困難が続く福島第一原発の状況を無視し、汚染水漏れを放置したまま、強制避難区域の住民を帰還させようとしています。
政府は、五輪という機会を活用して、「原発事故を克服した日本の姿」を国際的にアピールしようと躍起になっていますが、その誤った政策により、多くの被災者が苦しんでいます、

私たちは、こうした国の方針にノーを突きつけます。
東京都の予算を、新国立競技場に投入することに断固として反対し、原発事故による避難者の住宅支援を、東京都として行うことを求めます。



More
by hiroseto2004 | 2015-06-19 23:22 | 新しい政治をめざして | Trackback
広島ブログ

【23日/24日、弁護士などによるまちかど生活相談会】

本日夕方、広島市中区そごう前で、生活相談会のティッシュチラシ配布を反貧困ネットワークの皆様が頑張っておられました。

なお、相談会の場所は南区広島駅南口地下広場です。
お間違えないように!借金や労働、年金など困ったことは何でもご相談ください!



e0094315_22161330.jpg
e0094315_22163230.jpg





More
by hiroseto2004 | 2015-06-19 22:17 | 反貧困ネットワーク広島 | Trackback
広島ブログ

1960年6月18日、大勢のデモ隊が国会を取り巻く中で、改定日米安保条約は、自然「成立」。
しかし、翌日のアイゼンハワー大統領来日は中止となりました。
そして、23日に退陣を表明し、岸内閣は崩壊しました(日本国憲法上の正式な総辞職は7月15日。)。

池田勇人総理が後を継ぎ、経済優先の路線を押し出して自民党政治を立て直していきます。
労働組合を分断していくなどの手を使いつつも、戦争に自衛隊を派遣するようなことではなく、経済発展に注力したというわけです。

岸総理が安保条約を改定したものの、戦闘地域に自衛隊を派遣するようなことを自民党が55年間にわたってしなかったのも、このと安保闘争が効いているといえるでしょう。

しかし、安倍総理はいま、アベノミクスに全力といって、解散総選挙をしながら、実際には躍起になって戦争をするための法律作りに全力を挙げているのです。






More
by hiroseto2004 | 2015-06-19 15:41 | 新しい政治をめざして | Trackback
広島ブログ

【共産党県委員会、防衛庁に低空飛行訓練中止求める】

広島市や廿日市市、北広島町で今月9、11、13日の午前7時過ぎ、米軍機が爆音とともに飛行した問題で、日本共産党広島県委員会は19日、中国四国防衛施設局の芹澤清局長に米軍機の低空飛行訓練の中止を求めました。春名なおあき参院比例候補、村上昭二県委員長、辻恒雄県議、植木京子廿日市市議、大平喜信衆院議員代理が広島市中区の同局を訪れ、竹林義孝報道官に要請書を提出しました。
 要請書は、住民から「体に響くほどの爆音が轟いた」などと寄せられた3日間の目撃情報を紹介。地元住民に与える影響を最小限にすると規定した日米地位協定違反にあたるのではないか、米軍に回答を求めるよう要求しています。
 企画部業務課の鈴森明課長補佐は「米軍の運用に関する所管は外務省なので、防衛省としては米側に照会する立場にない」と回答。春名氏は「合意は守れという最小限の話すら、米側に問い合わせる立場にないという卑屈な対応では、住民の安全を守れないことを肝に銘じてほしい」と批判しました。
〔写真〕竹林報道官(右背中)に要請書を提出する(左から)春名、辻、植木の各氏=19日、広島市中区

つくだ 守生's photo.


More
by hiroseto2004 | 2015-06-19 14:42 | つくだ守生(突田守生)を勝手に励ます | Trackback
広島ブログ

自衛隊が行くのは「後方支援」で「武力行使とは一体化しないもの」。
やるのは「自己保存型の武器使用のみ。」

こんなことを安倍総理や岸田外務大臣、中谷防衛大臣らは繰り返してこられました。

しかし、先日の党首討論で日本共産党の志位和夫委員長と安倍総理の質疑応答で、
「後方支援」も「武力行使との一体化」も「自己保存型の武器使用」も国際的な概念としてはない。
あるのは、武力行使ではない「武器の使用」もない。
そのことが明らかになりました。
「政府が「後方支援」と呼んでいる活動は、弾薬や燃料の補給、武器、弾薬、兵員の輸送、武器の整備、傷病兵の医療、通信情報などで、もともと国際的には「兵たん」と呼ばれているものです。」
(しんぶん赤旗より)
というのが正しいのです。

第二次世界大戦では、兵たんがボロボロで大日本帝国陸海軍兵士の多くが戦病死だったのです。

それくらい、兵たんは大事です。戦争となればまっさきに敵の兵たんを狙うのは当たり前です。

しかも今は、正々堂々、正規軍同士がぶつかり合うというよりは、山賊が輸送担当の民間軍事会社の車両を襲って、戦闘になるというパターンのほうがリアリティーがあります。

◆movie◆
5月27日の衆院安保特別委
https://youtu.be/0AxtxAeVc3c

5月28日の衆院安保特別委
https://youtu.be/x8wM9L2lUp0

6月17日の党首討論
https://youtu.be/lxBWf7GNSUw







More
by hiroseto2004 | 2015-06-19 12:30 | 憲法 | Trackback
広島ブログ

衆院厚生労働委員会で労働者派遣法の改悪案が可決されました。
また、自民、公明、維新による「同一労働同一賃金の推進に関する法案」の修正案も可決されました。

今回の法案では、「人さえ替えれば、同じ仕事に何年でも派遣労働者を使える」ことを派遣先企業に認めています。
一方で、いわゆる専門26業種という、労働者派遣法制定当初から派遣労働が認められていた分野では、同じ労働者が期限なく同じ仕事で働くことを認められていましたが、今回の改悪法案では3年の上限が認められるようになります。その結果、3年ごとに就活を強いられることになる労働者も出てきます。
また、そもそも、派遣労働が拡大した原因には、日本において、同一労働同一賃金がされていないことがあります。
1980年代以降、いわゆる第三号被保険者制度とあわせ、家計補助のために働く女性を安い労働力として活用したいという財界側の狙いもありました。こうしたことも背景に、派遣労働をはじめ、契約社員などの非正規雇用が拡大してきました。裁判を通じて是正を求める労働者の取り組みが一定の成果を挙げてはいますが、中国電力の男女賃金差別事件にみられるように、男女の賃金差を容認する裁判官もいるありさまです。
 今国会では、民主党、生活の党、維新の党が共同で「同一労働同一賃金法案」を提出し、派遣法改悪への対案としました。しかし、途中で自民党が維新の党と取引をし、同法案の修正案を成立させる代わりに、維新が派遣法改悪そのものには審議に出席して反対票を投じる形で成立させようとしているという事態が報道されたこともありました。この同一労働同一賃金推進法案の修正案は、原案を骨抜きにする内容ですが、ほとんど審議がされないまま可決されたことも納得できません。

 緑の党・ひろしまは、多くの労働組合や働く皆さんとともに、引き続き、参議院で成立を阻止するための取り組みを強めるとともに、正規・非正規の関係なく働きやすい社会に向けて、公正な待遇を求める運動を強めていく決意です。


後半国会の焦点の1つである労働者派遣法の改正案は、衆議院厚生労働委員会で、安倍総理大臣が出席して質疑が行われたあと採決され、自民・公明両党の賛成多数で可決されました。与党側は、19日午後の衆議院本会議に緊急上程して衆議院を通過させる方針です。

派遣労働の期間制限を一部撤廃する労働者派遣法の改正案を巡っては、先週の衆議院厚生労働委員会で自民党の渡辺委員長が質疑の終局を宣言しましたが、民主党などが「議論が尽くされていない」と反発し、19日、安倍総理大臣が出席して改めて質疑が行われました。

この中で、安倍総理大臣は「一般に派遣労働という働き方は、雇用の安定やキャリア形成が図られにくい面がある。今回の改正案は、派遣労働の道を選ぶ人には待遇を改善し、正社員の道を希望する人には道を開いていくためのものだ」と述べ、改正案の意義を強調しました。

このあと、採決が行われ、労働者派遣法の改正案は自民・公明両党の賛成多数で可決されました。

これを受けて、与党側は、改正案を19日午後の衆議院本会議に緊急上程し、衆議院を通過させる方針です。

厚労相「働き方の多様化実現する前向きな法案」

塩崎厚生労働大臣は閣議のあと記者団に対し、「今回の改正案は働き方の多様化を実現する前向きな法案だ。かなり丁寧な審議を行ってきており、会期末を控えているので、できるかぎり早く参議院でも議論してもらえればありがたい」と述べました。

民主党「修正案質疑せずに採決は容認できない」

民主党の高木国会対策委員長は記者会見で、「労働者派遣法の改正案には反対だ。同時に、自民党、維新の党、公明党の『同一労働・同一賃金』を推進するための法案の修正案を全く質疑しないままで採決することは、審議の在り方として考えられず、容認できない。もともと野党3党で出した法案が、正規の手続きを経ずに与党と維新の党が修正したこと自体、前代未聞であり、不可解でこのことも容認できない」と述べました。


More
by hiroseto2004 | 2015-06-19 12:10 | ジェンダー・人権(労働問題) | Trackback
広島ブログ
【緊急拡散お願い】

維新は揺れています。

維新:深まる党内対立 安保法案対応、修正案提出先送り(6月18日、毎日)
http://mainichi.jp/select/news/20150619k0000m010081000c.html

★今こそ市民の声を維新の議員に届けよう!
【議員要請先一覧など】
http://kosugihara.exblog.jp/21351280/
※まだの方はぜひ! とりわけ非大阪系の議員に。
 今このタイミングで送るファックスは間違いなく有効です!!!!!


More
by hiroseto2004 | 2015-06-19 11:35 | 憲法 | Trackback
広島ブログ
電子書籍:「広島瀬戸内新聞 エコでフェアな世界をヒロシマから
をこのたび、刊行しました!
ASIN: B00ZPO9ZC0

価格=8アメリカドル


More
by hiroseto2004 | 2015-06-19 07:35 | 社主・さとうしゅういちの部屋 | Trackback