エコでフェアでピースな世界をヒロシマから国政へ!成長戦略から成熟戦略。誰もが置きざりにされない社会を。核兵器も原発もない世界を。役人からヘルパーへ。庶民増税より格差是正。ヒロシマの心活かす市民発・政界再編。


by hiroseto2004

2015年 06月 23日 ( 6 )

広島ブログ

「何しにきたんだ」「嘘言うな!」安倍首相の「沖縄慰霊の日」スピーチに「帰れ」コールが巻き起こる


安倍総理のスピーチに沖縄で「帰れコール」。

当然だと思います。

沖縄では、米軍基地が返還された地域で経済がうまくいっているということも
明らかになっています。

沖縄経済界の実利という意味でも、日本の中央政府の路線は、もはや論外なのです。

そうした中で、帰れコールは当然の結果でしょう。



More
by hiroseto2004 | 2015-06-23 23:00 | 新しい政治をめざして | Trackback
広島ブログ
反貧困ネットワーク広島は「まちかど相談会」を開いています。
被災者県議候補・つくだ守生(日本共産党公認、緑の党・ひろしま推薦)による報道です。

NPO法人「反貧困ネットワーク広島」は23日から2日間、JR広島駅南口地下広場で「まちかど生活相談会」を開いています。生活苦やブラック企業、借金など困りごとの相談に弁護士や社会福祉士、医療ソーシャルワーカーなどが応じます。午前10時から午後4時半まで受け付け、相談は無料。
 「派遣切り雇い止め反対!」「高利貸しのない社会を!」などの幟旗を掲げ、ネット理事長の山田延廣弁護士は「格差社会が広がっている。人間らしい暮らしを求めてつながろう」とあいさつしました。相談会は、派遣切りが社会問題になった2009年から毎年開いて今年度、9月8、9日、12月8、9日、来年3月29、30日にも開設する予定です。




More
by hiroseto2004 | 2015-06-23 21:18 | ジェンダー・人権(反貧困) | Trackback
広島ブログ
e0094315_09234997.jpg
e0094315_09304066.jpg
役人からヘルパーへ。120日目の出勤です。
ヘルパーとして、約半年働かせていただきました。

最近、ますます感じるのは、日本はこれから「災害」も「介護」も大変になる。
いわば戦争並みに人手が必要なことを国内に抱えているのに、どうして戦争ができるのか、ということです。
大日本帝国も最後は中国とアメリカ双方に戦争を仕掛け、滅亡します。
正直、わたくし、さとうしゅういち自身、ヘルパーとして、まるでKO負けのような感覚に襲われます。
ご家族でされたらもっと大変です。
災害も多発が予想されます。
世界中に派兵して
資源を無駄遣いしている場合ではないのです。
今日も良い1日を!




More
by hiroseto2004 | 2015-06-23 09:42 | 役人からヘルパーへ | Trackback
広島ブログ
e0094315_08501506.jpg
https://www.youtube.com/watch?v=5PTzAtJFSjg&feature=youtu.be



本日朝も、広島一区において、戦争法廃案と安倍総理ー岸田文雄外相退場の街頭演説を実施しました。




More
by hiroseto2004 | 2015-06-23 09:03 | ヒロシマの心活かす市民発・政界再編 | Trackback
広島ブログ

 自民党などは、95日間の国会会期延長を強行可決しました。
もちろん、狙いは報道されている通り、安保法案=戦争参加法案の可決・成立を狙うことです。
 そのほかにも、労働者派遣法改悪、残業代ゼロ法案などの労働法制破壊の強行成立を狙っているのは間違いありません。
 しかし、いまや、安倍政権の支持率は朝日でも読売でも下落しています。
国会での論戦で、安倍総理側がガタガタに論破されていることが大きいでしょう。
自分たちが推薦した憲法学者からも「安保法案は違憲」とされる。
そもそも「後方支援」などという概念は国際的には存在しないことが、明らかにされる。
そうした状況では、国会審議が長引けば長引くほど、安倍総理に不利になるでしょう。
総理に起死回生の手があるとすれば、拉致被害者の奪回か、消費税増税撤回と大幅な景気対策などの経済政策でしょう。しかし、拉致被害者の奪回は、現実的には難しいでしょう。
あとは、維新の党を取り込み、「強行採決ではない」雰囲気を醸し出すことくらいしか戦術としては残っていません。
サンドバックのように安倍総理らがやられていけばいくほど、総理の支持率は低下していくでしょう。
年金情報の流出なども不信感を招くでしょう。
憲法違反の安保法制をやめさせるためには、引き続き、「戦争法案反対、安倍政治倒せ」の声で総理を粘り強く包囲していくことです。
野党側の弱点は実は経済政策です。世界の左翼の流れは「反緊縮」ですが、日本では日本共産党以外のリベラルが、「反アベノミクス」の勢い余って、「財政出動」そのものまでを否定してしまうと、「じゃあ、安倍総理のほうがましじゃん」ということになりかねないでしょう。
安倍総理の問題は「財政出動」ではなく、「格差拡大」(の労働法制破壊)であり、「戦争推進」なのです。介護難民を防ぐために、特に都会の介護システムに投資をしたり、教育格差の是正のために公的な教育費負担を増やしたりするなどの方向での積極財政が必要というスタンスを打ち出すべきでしょう。
なぜ、こんなことを申し上げるかといえば、年内に再び総理が解散に打って出た場合に、「経済政策で(共産党以外の野党よりは)よりましに見えてしまう自民党」に再び支持が集まり、過半数を自公に許せば、戦争法(成立してしまっていた場合)の発動を許してしまいかねないからです。
2007年に安倍総理が改憲へ暴走したときは、年金問題や小泉さんの新自由主義政策への批判から自民党が参院選でKO負けし、総理が退陣した経緯があります。その時の教訓から総理は、2014年末には消費税増税延期を打ち出して総選挙に圧勝した経緯もあります。
 戦争法案廃案へ、総理を包囲し続けるとともに、世界の左翼の潮流に乗り遅れず「反緊縮」「格差是正」路線をはっきり打ち出すこと。これが、野党・リベラルに課せられた課題です。


 
 
 





More
by hiroseto2004 | 2015-06-23 06:51 | 新しい政治をめざして | Trackback
広島ブログ

今日は沖縄「慰霊の日」です。
「1945年4月1日アメリカ軍沖縄本島上陸によって本格的に開始された沖縄戦は、第32軍司令官牛島満大将(当時は中将)をはじめとする司令部が自決した日をもって組織的戦闘が終結したとされている。この自決がいつあったのかについては、6月22日説と6月23日説があり、現在、沖縄県では6月23日説を採用している。」(ウイキペディアより)そうです。
☆『6月23日沖縄慰霊の日にキャンドルアピール行動』
・6月23日(火)18時~19時半 
・JR大阪駅前(南口広場)
「沖縄戦終結70年、慰霊の日、
キャンドルを灯して辺野古新基地建設NOをアピールします。」

6月23日、何の日か知ってますか? 沖縄では慰霊の日です。
沖縄戦終結から70年。住民を巻き込んだ地上戦。沖縄戦で20数万の尊い命が奪われました。
そのうち10万人は住民でした。4人に1人が犠牲になったのです。
あの戦争からまだ70年しか経っていません。
二度と過ちは繰り返さないと平和憲法9条を守ってきたはず・・・しかし、今、日本はまた戦争をする国になろうとしています。
民意を無視して、辺野古に新しい基地が造られようとしています。
辺野古、キャンプシュワブゲート前では24時間体制で座り込み・阻止行動が続けられています。
あの戦争を生き延びた、おじぃやおばぁも座り込んでいます。
「戦争は二度とごめん」「あの戦争で家族の多くを亡くした、今がんばらないと」そんな思いで座り込んでいます。
一緒に祈り、アピールしましょう。どうぞご参加ください。


More
by hiroseto2004 | 2015-06-23 06:16 | イベント情報 | Trackback