エコでフェアでピースな世界をヒロシマから国政へ!成長戦略から成熟戦略。誰もが置きざりにされない社会を。核兵器も原発もない世界を。役人からヘルパーへ。庶民増税より格差是正。ヒロシマの心活かす市民発・政界再編。


by hiroseto2004

2015年 07月 17日 ( 2 )

広島ブログ
e0094315_22080262.jpg
e0094315_22430492.jpg
さとうしゅういちは7月17日夕方は中区広島市役所近くから出発する「原発いらない!ヒロシマ・アピールウォーク」に参加しました。
7月15日、安保法案委員会採決のどさくさにまぎれて、国の原子力委員会は、伊方原発の再稼働について「合格」のお墨付きを出してしまいました。
現実には、福島第一と違って海と山が迫っているので、汚染タンクの置き場所がない、原発が半島の付け根にあるために半島の先端の人たちは事故のとき陸上ルートでは逃げ場がないなど問題だらけなのに、です。
そして伊方原発が福島同様の事故を起こせば、瀬戸内海を通じて広島にも大きな被害が予想され、他人事ではありません。
この日は、安倍総理の暴走を止める取り組みを各地で進めることも確認しつつ、デモに向かいました。
最後の終着点の元安橋では「かき船建設反対」のシュプレヒコールもあげました。



More
by hiroseto2004 | 2015-07-17 22:43 | エネルギー政策 | Trackback
広島ブログ
e0094315_21441127.jpg
e0094315_21440252.jpg

https://www.youtube.com/watch?v=qr0EmeqRrf0&feature=youtu.be
「【新国立競技場は白紙撤回するのに、人の命にかかわる安保法案はなぜ撤回しない?】」
7月17日古市橋駅前で安保法案衆院強行突破に抗議・安倍・自民党打倒呼びかけ演説

広島瀬戸内新聞社主で緑の党・ひろしま代表のさとうしゅういちは、7月17日、「準地元」の安佐南区古市橋駅前で街頭演説を実施。前日、衆議院で強行可決された安保法案=戦争参加法案の廃案と安倍政権の即時打倒、次期国政選挙での自民党打倒を呼びかけました。「安保法案と同じく反対多数の無駄遣いの新国立競技場を白紙撤回したのは結構なことだが、なぜ、お金どころか人の命に係わる安保法案については、撤回しないのか?」と指摘。



More
by hiroseto2004 | 2015-07-17 21:46 | 政治フェス | Trackback